FC2ブログ

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/



最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Counter

現在の閲覧者数:

counter 2


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

2種類のタレで味わう香港叉焼

かつて横浜中華街には手作りの翡翠麺を売る『永楽製麺所』や『有昌』という老舗の叉焼屋さんがありました。少し腰の強い細麺やほんのり甘い香りがする中華叉焼。
もちろん今でも中華街に行けば『叉焼』を売るお店は何件かあるけれど『有昌』を覚えている方がいらっしゃったらかなり通だと思います。
夕暮れが深みを増してくる季節、なぜかこの2つのお店の味が懐かしくなります。


さて、香港には焼味(シューメイ)という焼き物文化があります。 中でも一番定番なのが香港叉焼(ホンコンチャーシュー)。
今回のジャニタさんのクラスは香港叉焼を自宅で誰もが作れるよう工夫したものにしてくれ、試作が自宅に届きました。

S__11051011.jpg

届けられた『自家製叉焼』をホイルで包んでグリルで数分。早速試食をしてみました。
『有昌』同様ほんのり甘い香りがしますが、そこまで強みがなくもっと上品な味わい。
『漬け込みダレ』の他に『密のようなかけダレ』も用意されていて
中の味わいと外の味わいの2種類のタレでダブルパンチで作り上げます。
『香港叉焼(ホンコンチャーシュー)』は日本のお肉屋さんで売っている『ラーメン用の叉焼』とは異なる奥深い香辛料の味わいが特徴です。

ところで叉焼(チャーシュー)は1本ずつ作るよりは一度にある程度(数本)の量を焼いたほうが効率がよいと香港人は考えます。
でもやっぱりあまるんですよ。そんな時は叉焼入りのパイや叉焼饅を作って何倍も楽しむんです。

S__29540359.jpg

中華のパイ生地を作りチャーシューパイにしてもよし。
前回の肉まんの肉の代わりの具にしてもよし。
NIKUMAN107.jpg
チャーハンの具にしても最高。
少し炙りなおしてお酒のおつまみに。

S__29540376.jpg

そこでずいぶん前にクラスでも作らせていただいた『叉焼酥(チャーシューパイ)』をメニューに入れました。
パイの皮はサクサクしていてお口の中でホロホロと崩れます。
ほんのり温められたパイの中には、こってりと甘いツヤツヤ光るチャーシューの飴がしっかりと詰まっています。
香港でしか味わえません。

中華パイはいわゆる西洋のパイ生地よりも簡単に作れます。サクサクの生地の秘密を教えようとおもいます。

そしてしょっぱいものを食べたら『甘いものがほしくなる』。でも体に良いものを食べたい!『甘い薬膳スープ』を締めとしたようです。 
香港の食卓に欠かせないスープ(老火湯)は家庭料理でとても重要な存在。
一度皆さんに味わっていただいたら、きっと体にじんわりと効くのを実感できると思います。
風邪や喘息などに良い『棗』と肺や肌に良い『白きくらげ』が入っているこれからの季節に良いスープです。

S__29540360_202010072251077b5.jpg

ケーキやクッキーも美味しいけれど『体のため』に毎日飲める甘い一杯を一緒に作ってみませんか?
復習したい方や新しい肉まんを作ってみたい方も是非!
 | ホーム |  page top