連載第八回:世界のお菓子【インドネシア~プディン・マンガ・クラパ】 

【インドネシア~プディン・マンガ・クラパ(Puding Mangga Kelapa)】

庶民のおやつは、たいてい市場かスーパーマーケットで手に入りますが、

時としてジャジャナン(お菓子)売りのおばちゃんに出会うこともあります。

またココナッツを使ったお菓子が多いのもインドネシアの特徴です。


写真は「プディン・マンガ・クラパ」。インドネシアのマンゴプリンです。

プディンが固める。 マンガがマンゴ。 クラパが椰子 をあらわします。

マンゴーとココナッツクリームを寒天でかためた、ぷるぷるのジャジャン(お菓子)です。

sekai_s6.jpg 

ちなみに、インドネシア語で寒天のことをアガールアガールと言います。


海岸で収穫されたオゴ草を使って寒天液を作り、型に流し固めた後、

「プディン・マンガ・クラパ」はすぐに食べますが、

もっと材料をシンプルにしてオゴ草の寒天を天日で乾燥をさせることで

数か月持つ保存食のジャジャン(お菓子)もできあがります。


インドネシアのスラウェシ島ではこの寒天のジャジャン(お菓子)の開発で

島おこしが成功し、今では空港で売られる土産菓子になりました。



プディン・マンガ・クラパ 制作:イデリア(ニキズキッチン・インドネシア料理教室講師)



sekai_s3.jpg

sekai_s4.jpg  





プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter

現在の閲覧者数:

counter 2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR