ミミさんとダナさんのルーマニア料理教室 レポ! (ご参加の方が寄稿してくださいました)

当日は、お玄関にウェルカムボードをご用意頂き、ご家族でリフォームなさった 綺麗な玄関での 温かいお出迎え。吹き抜け天井の横の階段を上ると 直ぐに レッスンを行うリビングダイニング。テーブルに ウェルカムドリンクのご用意頂いていました。



ダナさんとミミさんの自己紹介の後、ウェルカムドリンクの説明があり、クラス開講の感謝と共に乾杯。ウェルカムドリンクは、さっぱりめのフレッシュフルーツジュースの味がした 手作りクワスです。ミミさんのクワスは、この日のために 2日以上かけて手作りして下さったそうで、舌の上ではじける 密かで爽やかな発酵味が 新しいクラスの始まりを言祝いでいるようでした。

image22.jpg 

ここで、始めに作る ソーセージのレシピが配られました。一緒にingredientsを確認し、塩胡椒に関しては 『母の料理で 塩胡椒などの味付けの分量を 的確な数値にするのは難しい』との説明。これに関しては、こちらから、その日の天候や材料によっても 塩加減は変わってくるし、家庭料理とはそういうものだから心配いらないと話しました。

ニンニクに少量の水分を加え、肉と混ざりやすいようにペーストにした上で 肉に合わせていきます。この時 塩胡椒の味見をしてくださいと言われ、一同ビックリ()。生の豚肉だからと怯んでいたら、ルーマニアの女性たちは ここで必ず味を確かめると。更に驚いていたら、味見というのは 食べるのではなく、舌先に少量当てて 確認するのだと仰り、やって見せてくださいました。生の豚肉を口にしてはいけないと言われている 私たちには 紛れも無いカルチャーショックでしたが、確かに 指先に少量つまんだまま舌に当てて 直ぐに破棄しておいでなのを拝見し、なるほどと 感心。

image4.jpg image25.jpg  

ソーセージの皮() ルーマニアからお持ちになられた腸詰機に被せていきます。ダナさんのインストラクションの元 全員が挑戦しました。用意した腸に詰め終わって、お肉が余ったので、ミミさんが 腸に詰めない皮なしソーセージ(mititei :ミディティ)を作ってみますかと提案してくださり、もう1つのルーマニアの名物料理も出来上がりました。


image27.jpg 

ソーセージ作りを終えたら、ボーフサラダです。材料のキューブカット開始と同時に マヨネーズを作り始めます。ゆで卵をメインに使用したマヨネーズは、今まで知っているものとは 全く別物でした。ここで オリーブオイルは使えるかとの質問があがりましたが、ミミさんは オリーブオイルの味は このサラダには オイリー過ぎると仰いました。塩胡椒は 家庭によって ソースに加えたり 野菜に加えたりしますが、ミミさんは 両方に少しずつ加えるのが良いと仰いました。完成したマヨネーズを、
カットした野菜・コーン・豆・同じサイズに切ったキュウリのピクルスに流し入れ、よく混ぜ合わせてから 盛り付け。飾り付けを楽しんで完成です。ミミさんのマヨネーズは 舌触りがよく、大変美味しかったです。

image11.jpg 
image12.jpg image15.jpg


ここで、ピクルスがとても美味しかったので、作り方を伺いました。ピクルスには 塩水と 酢で漬けるものとの2種類あって、今回使用したのは 塩水でつけた方のピクルスです。酢で漬けた方も味見させて頂きました。全く別物の味で、これまたびっくりです。漬け込む時間は やはり10ヶ月から1年は必要で、23年保存出来るとのこと。ルーマニアでは、トマトのピクルスも作るそうで、とても美味しいそうです。爽やか系のハーブと共に漬け込んだルーマニアのピクルスは、塩辛さも控えめで、好みでチリを入れても良いそうです。


image13.jpg image10.jpg 

次に、ビーンズ ボルシュ。

豆はルーマニアの豆ですが、日本でも代用できる豆を教えて頂きました。煮豆と炒め野菜を別々に調理し、野菜には 手作りトマトジュースも加え煮てから、最後に合わせて レモンジュースとパセリを加え、塩胡椒で味を整えます。

image17.jpg 

スープを作っている途中で、ザクースカを知っていますか?との質問。ロシア料理では 前菜ですが、ルーマニアでは パンに塗って食べるペーストで、ミミさんは魚で作るとのこと。味見しますか?とのお言葉に 全員が大きく頷きました。野菜で作ることも多いですが、ミミさんは魚で作ります。今回はサーモンと野菜。ルーマニアでは、鯉で作られるそうです。
何だか 懐かしい味がしました。ミミさんは 色々なものを 季節季節に保存食にするそうです。スープに使用したトマトジュースも夏の完熟した美味しい時に たくさん作って 瓶詰めにし、冬場の料理に使ったり そのまま飲んだりするそうです。味を見ますかとのオファーを断るはずはありません。想像した サラッとしたジュースではなく、とても濃厚な 複雑な味のソースに近いトマトジュースでした


image21.jpg 

キッチンにロンリコや自家製の梅酒・苺酒があったので、お酒の話に。

"ツイカ"をどうですか?との質問。ツイカ?追加?何の?と 不思議に思っていると、"ツイカ :Tuica" とは ルーマニアを代表するフルーツ酒で、アルコールは50度以上ありますが、日本の梅酒のようなもの。どこの家庭でも作るウォッカのようなものだそうです。ルーマニアから持ってきたものがあるから 飲んで見ますかとおっしゃってくださったので、お食事の時に体験させていただくことにしました。プルーンで作られた香りの良いツイカは、大層可愛らしい ルーマニア民芸品のカップで頂きました。雑談の中で、パリンカ?も美味しいと、お酒好きなダナさん。ロンリコ飲みます?と聞かれ、それはご遠慮しましたパリンカは いつか飲んで見たいなと思いました。

image23.jpg 


お料理はここまで。コゾナックは 時間がかかるので、今回は作り置きで。機会があれば 皆と一緒に作りたいと仰っておいででした。コゾナックも 食卓に並ぶ前に お味見が出ました。塩気と甘みとバターのコクで 大変風味の良い 今まで食べたコゾナックの中では1番のものでした。ダナさん曰く、最近は パネトーネのようなパサパサの物が多い中、ミミさんのコゾナックは トラディショナルで今の時代にはルーマニアでも珍しいものだそうです

image26.jpg 


食卓のスープ皿も ルーマニアからお持ちになられたもので、手作りのとても素朴なものでした。

食事中、ルーマニアの御家族の話、お母様方のファミリーの話、ルーマニアにいらした折に住んでいらした王宮のようなお家の話、そして こんな時代なので 質問するのに少し躊躇したのですが、どんなお返事が来るかと 今のルーマニアについても伺いました。ダナさんは 様々な分野に しっかりとした意見を持ち、自国の歴史や文化についても知識があって どんな人とも会話が成立する mature な女性だと心から思いました。ご主人との結婚に至るまでのお話や、家族の性格などにも話が進みました。ミミさんは 料理のみならず ルーマニアの婦人らしく 手仕事が大好きとのお話。現在進行形の手編みのセーターなども 見せて頂き、皆和やかに 楽しく美味しい時を過ごさせていただきました。


お持ち帰りとして、自分たちで作った生ソーセージと、コゾナックのご用意があり、あとは お皿に残ったものを それぞれ頂いて帰りました。


image24.jpg 

ミミさんとダナさん、お二人のやりとりも 心温まり、私たちへの折々のお心遣いも さりげなく微笑ましく、ルーマニアの文化を 何でも体験して貰おうとお考えになっているのを感じ、大変ありがたかったです。



今後の希望として、ルーマニアのお母さんたちが作る サルマーレとキフテレが メチャクチャ美味しいと 聞いていますので、ぜひ 食してみたいと思います。

また、今回 料理に使った ピクルスも、塩水と酢の二種を 作って持ち帰るのもやってみたいです。大変穏やかな味のピクルスでした。また、会話に出て来た ルーマニアンピザ! カリフラワーやブロッコリーをペーストにして 少量の小麦を繋ぎとして混ぜ、伸ばしたものを台にして ピザを作るそうです(°_°)! 興味があります。

ママリーガや チーズ料理、また ルーマニアのフルーツティーも飲んでみたいです。



ミミさんは今後は 日本語も勉強をはじめるそうです 日本語でのクラスにも 期待できるでしょう。



プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR