トルコ料理教室 オスマンさんのクリスマスクラス (参加者の方から御寄稿をいただきました)

               

こどものころに、「サンタさんがくるまで起きてる」と眠い目をこすってサンタさんを待っていたことはありませんか?きっと数多くのこども達が毎年会いたいと夢みていたのではないでしょうか。


            os7.jpg 

そのサンタクロースのモデルとなった人物が、じつはトルコの聖人「聖ニコラウス」であることをご存じでしょうか。聖ニコラウスが貧しいむすめ達がいずれ体を売らなければならないことを憂い金塊をむすめ達の家に投げいれたことが、現在のサンタクロースの起源と言われています。



ですが、トルコはほとんどイスラム教徒なのでじつはクリスマスを祝う習慣はありません。近年はイスタンブールなどの大都市などではクリスマスの飾りつけをするところも多くなったようですし、トルコではもともとお正月にプレゼントをわたす習慣があったために、サンタクロース(トルコではノエルババ)がこども達に大晦日にプレゼントをくばることもあるそうです。クリスマスと新年のお祝いがまざっているようです。

           
                                     os15.jpg 


 

そしてトルコといえばNiki’s Kitchenで人気のオスマン先生に、ちょっとスパイシーで魅惑的なトルコのクリスマスパーティー料理をご紹介していただきました。

 

今回のパーティーメニューはこちら

 

*クリーミーなツナと彩り野菜とザクロのスープ 

*ボレギのパフ 

*タバクドルマ クレームオレンジソース 

*海老のグリル レモンとザクロソース 

*ムズルの完熟バナナのケーキ 

os8.jpg 

 

オスマン先生のレッスンは分担作業ですすんでいきます。計量をするひと、生地をこねるひと、ケーキの生地のあわだてをするひと、ケーキの型にバターをぬるひとなどなど。その間にもオスマン先生は段取りよくつぎの準備をどんどんすすめていきます。



あまりの段取りのよさにあわててメモをしようとする場面も。でもそこは安心してください。先生はきちんとすぐあとから今やった作業の意味や、材料の分量を時間をとって説明してくださいます。今やった作業なのでよりわからないことなども詳しく聞くこともできます。今やるべきことを、まとめてやる。分担できることを分担してすすめる。



そして全員手をとめて説明と質問。そんなことをくりかえしながらレッスンはすすんでいきます。はじめはパズルのパーツのようにバラバラにすすんでいく作業が、どんどんとその形がみえてくるたびに「そうなんだ」「へえー」とおどろきの声があがります。また、長年の経験と知識から得た知恵を惜しげもなくていねいに教えてくれるのです。

os2016123.jpg 



そして今回のレッスンで一番の見せ場でもあり、全員が口をそろえて「ぜんぜんできる気がしない」とため息とあこがれの歓声をあげていたのが「ボレギの生地をのばす」先生のみごとなテックニックの連続でした。最終的にはこの写真の倍ほどまで空中でまわしながらのばしてゆくのですがみんな声をそろえて「プロだ、プロ!」「すごい!」そのときの先生のひとことが「これはやらなくても大丈夫」でした。先生やりたくてもできません。

                    os2016121.jpg 



そうオスマン先生のレッスンはいつも先生のダジャレとみんなの笑いごえがとぎれません。ときどき厳しい注意もうけますが、その何百倍もの笑いにあふれたレッスンです。

 

そしてできあがったお料理です。

            os2016122.jpg 

 

スープはクリーミーな温かいタイプですが、フレッシュザクロを口の中でかんだ瞬間にさわやかな酸味がクセになる不思議なスープです。

                                  os5.jpg  


みんなが「ぜったいできない」と言っていたボレギのパフは本当にパリパリサクサクの生地がパイとはちがう濃厚さで、これは自分でもチャレンジしたいと真剣に自宅のキッチンで生地をのばす方法を考え中です。

 

                                OS3.jpg   

海老のグリルはみんな口々にこんなの「バーベキューでだしたら喜ばれちゃうよねえ」と言っていましたし濃厚なザクロソースともよく合ってました。これは簡単なのでお弁当にもいいですね。


                                os2.jpg 

 

タバクドルマは鶏の骨付きもも肉の中にピラフを入れて焼いたものです。これにさらにクリームタイプのオレンジソースをつけていただきます。こんな素敵なごちそうがクリスマスにだされたら家族は大よろこび間違いないでしょうね。

                               os4.jpg 

 

そして本日のバナナのケーキ。切った断面からトロリとながれるバナナクリームとクリスマスカラーの鮮やかさが見ていてワクワクしてきます。しっとりしたココア生地とバナナクリームが口の中でとろけていくようで本当に幸せな気持ちになる美味しさです。

                              os6.jpg 

 

それぞれのお料理をいただきながらもオスマン先生とみんなのおしゃべりはつづいていきます。本当に家族でクリスマスのお祝いをしているような楽しい時間でした。

os12.jpg os10.jpg

 

最後にこのケーキをカットするオスマン先生のこの笑顔がこの日のレッスンのすべてを物語っているのではないでしょうか。素敵なレッスンありがとうございました。

そしてメリークリスマス!!
             os11.jpg 
           os2916126.jpg 
           os2916125.jpg os2016124.jpg 
                               

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter

現在の閲覧者数:

counter 2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR