FC2ブログ

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/



最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Counter

現在の閲覧者数:

counter 2


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

マレーシア料理その1 ~皮がむけるバナナ型のアイス バンナナ~



日本のネットで話題になっていた「皮がむけるバナナ型のアイス バンナナ」 



2011年、マレーシア、香港、タイ、台湾で一斉にこの夏、発売されました。(日本はまだ未発売)→2013年10月から発売

製造販売元はキットカットで有名なスイスのネスレ社です。

590億ドルと言われるアイスクリーム産業。

世界では巨大なマーケットに成長しています。

温暖化の影響もあるのか、毎年販売高が上がっていき、しかもアイスなので利益高も高いんだとか。


そんなアイスクリーム産業ですが、

中でもネスレ社とユニリーバ社の2つの会社が欧米のアイスクリーム産業を牛耳っているといわれ

アジアそしてアフリカの市場の拡大を狙っています。

かのハーゲンダッツはネスレ社が買収しました。

ところで世界で一番アイスが売れている地域は意外にもヨーロッパだそうです。





さて話は戻りますが、「皮がむけるバナナ型のアイス」 は


香港と台湾では【笨NANA】バンナナ

マレーシアでは【Mat Kool Spilt】の名前で 2リンギット(2011年8月現在 1本50円)

という名前で販売されています。

http://www.nestle.com.my/Brands/Ice_Cream/Pages/Catalogue.aspx



まだ発売されて1~2か月だそうですが、「皮がむける」というユニークな形状に

たちまち大人気になり、日本のガリガリ君同様、マレーシアのあちこちのアイスボックスで売られていました。


気になる皮ですが、ゼリー状のアイスクリームでできています。

身近な喩でいうと「雪見だいふく」の餅皮部分がゼリーに変わったかんじです。



味は2種類あって、皮が緑色のものはグレープ味のゼリー 黄色の皮はマンゴ味のゼリーです。

両方とも中の白いアイスクリームはカルピスのような爽やかな味のバニラが入っています。



皮は前歯でつるんとむいていきます。

本物のバナナのようになかなか上手に向けず、綺麗にむけると妙な達成感を味わえます。

皮を食べてから中身を食べてもよし、同時に頬張ってもよし。


サイズは食後のデザート向きコンパクトサイズ。

皮と実のダブル食感が、とにかく癖になる美味しさです。



アジアを旅する人はぜひ見つけてみてくださいね。






コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nikikitchen.blog.fc2.com/tb.php/231-3eea4e70

 | ホーム |  page top