FC2ブログ

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/



最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Counter

現在の閲覧者数:

counter 2


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

フランス料理教室ソフィーさん

フランス料理教室ソフィーさんのページができあがりました

http://www.nikikitchen.com/reservation/teacher.php?teacher_id=116

国民性とは一言では語れない難しいもの。

豚インフルエンザが流行すれば マスクをみんなつけてしまうのは 国民性。

今でも先生たちに「あなたはあの時にマスクつけましたか?」とよく聞かれますが 

「はいつけっぱなしでした」というと目を丸くされる。

つけっぱなしどころか家から一歩も出たくなかく、世の中の片隅でずっとじっとしていたかった。



さてフランス料理のジャックさんが「泉谷しげる」だとしたら

ソフィーさんは「吉永小百合」

これは個性。


我が家のお料理教室は 垣根と国境がありません。

老若男女誰でも参加ができます。

一番多い20代から50代の女性以外にも

11歳の男の子も

70歳を過ぎた英語とお料理が大好きなおとうさんも

つくばから来たインドネシアの方も。代々木公園のそばにすむ台湾の方も

埼玉から参加するメキシコの方も。

本当にいろいろな人がお見えになります。

先生方もいろいろな方と出会える事を楽しんでいるようです。

MY EYES TOKYOの徳橋さんが本当に上手に先生達がなぜお料理を教えたいのかを

インタビューをされていますが 先生たちも目的はそれぞれのようです。

フランスのソフィーさんは「お料理を通して会話をしたい」のが目的のようです

日本の人たちとお料理の会話をしたい

そんなことをお会いしたときにお話をされていました。


※本日ヨナタンさんからのメッセージが届きましたので送ります

ヨナタンさんはお料理教室という空間が本当に好き。彼の子供のころからの夢はお料理の先生

だったそう。ヨナタンさんのおじいさんにあたる人がイスラエルの建築家だったそうで

彼もそんな血をひいてるからでしょうか。インテリアには深いこだわりがあるようです。

フリンジカーテンと呼ばれる糸型のカーテンが最近流行しつつあります

ヨナタンさんの部屋は最上階で外からのぞかれる心配もないので

この黒いフリンジをつかっています。部屋のしきりにもおもしろいかも!

http://www.life-room.com/topics8.htm



I do want to teach but my work schedule is too erratic right now. In the next two weeks I will be out of the country, hopefully will be back 3rd week of February... I will let you know as soon as I can set up a class. I really miss my students!!!



※写真はソフィーさんが2年かかって完成させたマカロンです。



コメント

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

http://nikikitchen.blog.fc2.com/tb.php/190-e384442a

 | ホーム |  page top