FC2ブログ

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/



最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Counter

現在の閲覧者数:

counter 2


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

優しくてスパイシーなスリランカのお母さんのカレー

優しくてスパイシーなスリランカのお母さんのカレー

 

 

京成線のお花茶屋駅の近くで、バナナの葉で包んだスリランカカレーのお弁当を売るスバシニさんの店を訪ねました。

  


 sb01b.jpg


スバシニさんは、スリランカのセイロン島の中央部の山岳地帯、キャンディのご出身。中学生と小学生の2児のお母さんです。 

 

sb70.jpg



 

ここ数年で急速に注目されるようになったスリランカカレー。正直言って、スリランカカレーとインドのカレーとの違いを明確に指摘できるほど、僕はまだ詳しくはないのですが、食べてもらえばわかります。見た目は似ていても、インドとスリランカのカレー、まったく別物です。 

 

sb551.jpg

 

スリランカカレーを食べた人の中には、「とても辛い」という印象を持っている人もいるでしょう。僕も以前2回続けて超激辛カレーに当たって、そのあまりの辛さにスリランカカレーからしばらく距離を置くようになりました。


 

あの時のカレーに比べると、スバシニさんのカレーはじつに穏やかです。猛烈に辛いのがスリランカカレーだという認識は、間違っていたようです。当然といえば当然ですが、スリランカの人でも辛いのが好きな人もいれば、そうでない人もいる、ということでしょう。

sb61.jpg

 

スバシニさんも、とくに日本人向けにアレンジしているというわけではなく、普通に作ってくれているようです。辛いのがお好みなら、唐辛子の量を多くすればよし。まずスリランカの味の基本を知るには、スバシニさんが作るお母さんの愛情を感じる優しい味の料理がぴったりでしょう。

 



スリランカ料理の特徴のひとつが、香りのよさ。スリランカではどこの家にも必ずあるのが、ミリスガラと呼ばれる石臼です。スバシニさんの店でも使っていて、これで唐辛子やスパイス、ニンニクなどをすり潰すと、香りの立ち方が格別です。インドネシアやタイでも石の調理器具を使いますが、それぞれ形は違っても効果は同じ。フードプロセッサーで手軽に作ったものとは、明らかに風味が異なります。


sb23.jpg

 

ただ、スリランカのミリスガラは大きくて重いので、スバシニさんも故郷からは運べず、日本の石材加工業者に特注で作ってもらったのだそうです。石製の平台の上に食材を置いて、円柱状の石器を押し付けて、その重さでゴリゴリと擦り潰します。

 

スリランカ料理ではココナッツもよく使いますが、スバシニさんは可能な限りフレッシュなココナッツを用います。堅い殻を鉈で割って、その殻の内側に着いている果肉を、木の椅子に特殊な金具を取り付けたヒラマナヤという器具を使って削り取りきます。ココナッツも、市販の乾燥させたココナッツファインと、削ったばかりのフレッシュなものとでは、美味しさがまるで違います。手間を惜しまないことは、スリランカ料理の重要なポイントです。


sb26.jpg

 



まだスリランカカレーを食べたことがない、という方のために説明しておくと、スリランカで食べるカレーはワンプレートが一般的なスタイルです。皿の中央にごはんを置いて、その周囲に数種類のカレーとおかずを盛りつけます。日本式のごはんドーン、カレーも一種類をドーン、らっきょうと福神漬けはチョビチョビ、という形式とはかなり異なります。


sb59.jpg

 

しかも、カレーやおかずは数種類を混ぜ合わせて食べるのがスタンダード。単品ずつ食べてはいけないというルールはないですが、スリランカの人は混ぜることでより美味しくなると考えています。そのために、盛りつけるときには、どれとどれを混ぜると美味しいかと組み合わせを想像して、並び順を考えるのだとか。


 

当然、作る方も混ぜて食べることを前提に味付けをします。それぞれに出来上がっている料理を混ぜることで、最終的な味を完成させるって、じつに興味深いです。しっかり考えて作るから美味しくなる頭脳派の料理。それぞれが主張が強ければ、不協和音になってしまう。心地いいハーモニーを成すために、素材の持ち味を生かし、バランスよく強弱のリズムを付けて味を調整します。そこがスリランカカレーの面白いところ。


sb76.jpg


もうひとつスリランカ料理で素晴らしいと感じるのは、食材を無駄にしないこと。カレーのワンプレートには、栄養のバランスと味のバランスを考えて、たいがい葉物野菜の和え物か炒め物が加えられます。今回作ってくれたのは、キャベツのマッルン。千切りにしたキャベツを炒めてターメリックとココナッツと唐辛子を加え、塩で味を付けたもの。本来はキャベツの外側の固い葉で作るのだそうです。日本では捨てられてしまう部分。ごわごわしたケールも、同様にマッルンにして食べることが多いのだとか。栄養のある野菜を無駄にせずに、いかにして美味しく食べるか。そのための工夫から生まれた料理なのでしょう。

  

sb621.jpg


釣りたてのカツオをもらったから、と作ってくれたカツオのカレーは、カツオの頭も入れて煮込みます。「食べるところは少ないけど、頭はいいダシが出るのよ」と教えてくれました。

鍋の底に残ったカレーの汁も無駄にしません。スバシニさんはごはんを鍋に入れ、残った汁を絡めてさらい「本当はこれが一番美味しいのよ。残したらもったいない。食べて」と勧めてくれました。

sb49.jpg


この鍋底カレーめしも、各鍋をリレーして全部混ぜでオーケイです。確かに、うまし。スバシニさんのお母さん的な愛情を感じさせる優しさにもほっとします。 

 

sb57.jpg

 

じつは、僕はすでに何度もスバシニさんのカレーを食べているのですが、その度に新しい発見があります。今回のカツオのカレーもそうですが、スリランカには魚を使った料理も多く、日本の鰹節と似たものや煮干しのような干した小魚などを使うこともあります。そして、そのどれもが想像以上に魚臭くありません。これぞスリランカ・マジック。スパイスの絶大な効果に驚かされます。 

 

sb06.jpg

 

少量のおかずでもバランスよく食べる。無駄にしないで食べる。スパイスで食べやすくする。スリランカのお母さんの料理を学ぶことは、食育を学ぶことでもあるようです。スバシニさんのクラスでは、ただ食べるだけではわからないスリランカ料理の奥深さを知ることが出来ます。スリランカカレー未体験でも、スパイス料理に興味のある方なら、一度は参加する価値あり。おすすめです。 

 


文・写真 とらお


アルティさんのツアーのご案内 2019



アルティさんのツアーのご案内

詳細 pdf   旅行日程


お申し込み締め切り2019年09月10日



indiapanf-20191.jpgindiapanf-20192.jpg


一昨年のツアーの様子とご感想

「アルティさんファミリーのご尽力で普通では体験出来ない事柄満載でした。まずアルティさんのお姉様家族の盛大な歓迎で10人の楽団演奏付きです。ベジタリアンi料理に舌鼓をうち夜遅くまで歌やダンスで盛り上がりました。インドの男性はダンス上手です。ベジタリアンi料理は全部手作りで沢山の野菜を使い勿論香辛料も。あちらの野菜は元気そのもの。ギーの出来立ての美味しさにビックリ‼️ 毎日カレーを食べましたが美味しく身体に優しいです。朝日を浴びながらのヨガやアーユルヴェーダ等々お姉様一家にはお世話になりました。名所旧跡も汗をかきつつ訪れました。
最後に特筆すべきは今回誰一人としてお腹の調子を悪くした人はいませんでした。これはひとえにArtiさんが母親のごとく飲み物や食べ物に目配りをして下さったからだと感謝してます。」

■インド人家庭で日帰りホームスティ料理教室体験
インドには日本よりはるかに多い種類の野菜があり、今回の旅行の時期にも様々なインドの野菜をご利用いただけます。日本で習ったインド料理(ベジタリアン)とインドでインドの野菜を使って作るインド料理で、どれだけ味が異なるかを実体験していただきます。
indinatour22.jpg 

indinatour12.jpg 

indinatour1.jpg

indinatour5.jpg indinatour6.jpgindinatour7.jpg
indinatour36.jpg indinatour34.jpg
 
■インドの寝台列車に乗ってムンバイからジャガルオンまで鉄道の旅をします。
■ムンバイでは「スラム街」や「ドビガード」「ローカルマーケット」など普段のインド旅行ではいかない場所もご案内します。

indinatour17.jpg 

indinatour2.jpg 

indinatour10.jpg

 
■レストランはムンバイでも有名なレストランをご案内 
肉料理で有名なパデミヤやパラタで有名なパラタマントラなど。
■インドのパパド工場見学
indinatour23.jpg 
■インドの激甘スイーツ ミタイショップの製造過程を見学
indinatour11.jpg 
■ジャガルオンのレストランで本場カレー料理教室付
■インドの八百屋で買い物体験。
indinatour33.jpg indinatour15.jpg
■インドの乳製品やで買い物体験。パニールチーズを作る牛乳、シュリカンドというお菓子を作るためのヨーグルト、マッカンと呼ばれるギー( クリーム状の粗製バター)をつくるための材料などを購入
■インドの牧場へいきインドの牛乳ができるまでの過程を見学
indinatour19.jpg 
■買い物をしてインドの食材を使ってインド人の家庭(アルティさんのお姉さんの家)に滞在をして料理作りを一緒に体験
■アーユルヴェーダの医師であるアルティさんのお姉さんからお話を聞く体験
■インドの本場ヨガ体験
■インドの食器屋さん見学
■アジャンダ石窟群見学
indinatour21.jpg indinatour35.jpg 
indinatour14.jpg

料理教室講師募集


学校みたいに堅苦しいのは嫌。友人に教わるように、気軽に外国の料理を習いたい。そんな気持ちで外国人や日本人の自宅でホームスティ感覚で「世界の家庭料理」を学べるお料理教室として19年前に創業しました。
訪れた生徒さんは延べ20万名様以上。
講師は多様で、料理研究家やプロフェッショナルなシェフもいれば、料理上手なお母さんや食いしん坊なお父さんもいます。
教える料理も、プロの技を生かした凝った料理から、代々伝わる家庭料理や郷土料理と様々です。教室は各講師の自宅で少人数制。それゆえクラスは家庭的で、ホスピタリティにあふれています。さあ、あなたもご一緒に。旅をするように世界の料理を楽しみましょう。 

応募条件(REQUIREMENTS)
応募内容 料理教室講師 (Function/Cooking teacher)
連絡先(Contact) e-mail:nikikitchen@ga2.so-net.ne.jp or mobile(携帯)090-3248-6467

※世界の郷土料理をご自宅またはご自身のレストランで教えられる方 (現在は東京 神奈川 大阪 京都で募集をしています)。(該当されない場合ご紹介できるレンタルスペースが渋谷区にご用意してあります)

英語レベル: 流暢または なし
日本語レベル: 流暢または なし
※日本語の話せる方は英語が話せなくても大丈夫です
※注意事項 他サイトとの併用または個人開催のサイトと同時登録はできませんが 
※ニキズキッチンは友人作りの場としてとても大切な場所です。クラスでは皆さんとても仲が良く、一緒に食事に行ったり旅行に行ったりしています。世界のさまざまなお料理を一緒にを深めていきたい日本人、外国人講師の方を若干名募集をします。
※支払い条件 当月末日払い
※ご連絡後 ご面談と料理確認あり
※当教室に合いそうな方:料理に探求心と情熱をお持ちで、旅行が好きで、お友達作りが好きな方。


English: 
None or Conversational
Japanese:None or Conversational
Simultaneous registration is not possible in combination with other sites

Cooking instructor in Japan
Niki's Kitchen International Cooking School was founded in 2000, as an international cooking exchange project. Over the 19 years, it has grown into a network of expat food enthusiast living in Japan who teach their country cooking and culture in the comfort of their own home. Currently we have close to 60 teachers from all around the world and looking for the teachers from selected countries: US, United Kingdom, Germany, France, Mexico, Brazil, Peru, China, Hungary, Vietnam, Finland, Poland,  Norway, Denmark, Sweden, Israel, Iran, Greece, Australia, New Zealand, Georgia, Lebanon, Singapore, Switzerland, Slovakia, Slovenia, Belgium, Bhutan, Macedonia, Malaysia and Sri Lanka.

Niki's Kitchen classes have been featured in a number of magazines and TV shows and has grown substantially in the past 5 years. With the student base of more than 200,000 people, we are looking at expanding our community of teachers to offer an even better, more diverse world of food where we can exchange experience and make new friends. 

We will be happy to meet you!



 | ホーム |  page top