FC2ブログ

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/



最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Counter

現在の閲覧者数:

counter 2


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

連載:エッセイ第二回  続きはウクライナで ~ ラリサ&アンナさんの料理教室 (レシピ付き)

こんにちは、岡根谷です。

教室エッセイ第二弾は、ウクライナ料理を教えてくれるラリサ&アンナさんのクラスの様子を綴ります。


ラリサさんは、やさしくて料理上手なお母さん。娘のアンナさんが、助手兼日本語通訳としてお母さんを手伝い、親子でやっているあたたかい教室です。 an201805181.jpg


この日のテーマは、冬の休日のごちそう。ウクライナの代表料理のボルシチをはじめ、5品の料理を作ります。手渡されたレシピに載っている華やかな料理写真に、期待が膨らみます。 an201805182.jpg


まず作るのは、ボルシチ。ウクライナのボルシチには主に赤・緑・冷製の三種類があるそうですが、今日作るのは一番定番の赤いボルシチ。ビーツとたっぷりの野菜を煮込みます。

きのこ・ビーツ・にんじんは一緒に炒めずそれぞれ別々に炒めます。素材の香りを生かすためだそうです。 an201805183.jpg


炒めるのに使うのは、ひまわり油。ウクライナは、世界一のひまわり生産国。ウクライナ料理といったらひまわり油を使うそうです。一面のひまわり畑の風景を想像して、しばしウクライナに旅した気持ちに。 an201805184.jpg


ボルシチには、パンプシキというガーリックをたっぷり塗ったパンが欠かせません。必ずこのセットで食べるそうです。

パンプシキづくりで注目が集まったのが、道具。蓋つきのボウルに粉や食材を入れ、蓋をして振って混ぜます。手やへらを汚さずに混ぜられるので、パン作りが楽しくなってしまいます。 an201805185.jpg

生地を発酵させたら、カラフルなカップに入れてオーブンへ。焼きあがりにガーリックソースをたっぷり塗ると、食欲をそそる香りが部屋中に広がります。 an201805186.jpg


そして次はロールキャベツ。丸ごとゆでたキャベツから一枚一枚葉っぱをはがすのが最初の仕事です。ウクライナでは、はがしてからゆでるのではなく丸ごとゆでてからはがすのが一般的だそうです。テーブルにどんと置かれた丸ゆでキャベツはなかなか迫力があります。 an201805187.jpg


中に包む具は、ひき肉・玉ねぎ・にんじんなど。とってもカラフルです。ここに炊いたご飯も加えて混ぜます。

an201805188.jpg



先生のお手本を見て、みんなでくるくる巻いていきます。 an201805189.jpg


鍋にたっぷり積み重ねたら、すりおろしたにんじんなどを入れて煮ます。

an201805197.jpg



次は、名前から興味をそそる「毛皮のコートを着たニシンのサラダ」。ニシンを敷いた上に様々な食材を重ねていく様子から「毛皮のコートを着た」と呼ぶそうです。

an201805191.jpg 


ラリサさんお手製の酢漬けのニシン。一切れずつ試食して、みんな顔がほころびます。


これを刻んでお皿に敷き、サラダの一番下の層にします。

an201805192.jpg


続いて、じゃがいも・にんじん・卵白・りんご・ビーツと続きます。四面違う粗さにおろせるおろし器が大活躍です。 an201805193.jpg

たっぷりのマヨネーズを塗った上に卵黄をおろしかけると、まるでケーキのように華やかで豪華。おろし器だけでこんなに豪華なサラダができてしまったことに、一同感動。側面に葉っぱを飾って仕上げます。

an201805194.jpg



最後はデザートのジャムロガリキ。

生地にジャムを包んで焼くだけの簡単お菓子。

ジャムがはみ出ないように気をつけながら、みんなでくるくる巻きます。今日はみんなで巻く作業の多いレッスンです。 an201805195.jpg

巻いたこの形は、馬の蹄鉄。ウクライナでは幸運の象徴だそうです。よく見ると、壁にかかった飾りも同じモチーフです。 an201805196.jpg


ラリサさんが教えてくれる料理は、本格的に見えて簡単なものばかり。今回の参加者からも、「以前習ったものをお家で作ってお友達にもあげました」という声が聞かれました。お家でも作ってもらえるのが、ラリサさんとアンナさんは一番うれしいそうです。


さてさて、台所からはいい香りがしてきました。ロールキャベツもおいしそうに煮えたようです。 an201805197.jpg そろそろみんなでテーブルセッティングです。ウクライナのテーブルクロスを敷いた上に、できあがった料理を並べていきます。 an201805199.jpg

真っ赤なボルシチにはサワークリームをのせて。 an201805198.jpg



みんなで乾杯!いただきます! an201805100.jpg


ボルシチは、長時間煮込んだのに野菜の味と香りがしっかり残っていて美味!今回はしいたけを使いましたが、ウクライナでは香りの良い森のきのこを使うそうです。そんな話を聞いてウクライナに行きたくなったり...

an201805101.jpg



そしてたしかに、ボルシチとパンプシキの相性は抜群。食べて納得です。 an201805102.jpg



毛皮のコートを着たニシンのサラダを取り分ける様子は、まるでケーキカットのよう。 an201805103.jpg



断面もきれい。そしてロールキャベツも具沢山でお腹いっぱいです。 an201805105.jpg



それでも甘いものは別腹。焼きあがったジャムロガリキを、ハーブティーとともにいただきます。 an201805106.jpg


ところで実はラリサさんとアンナさん、今年の6月にウクライナに帰ってしまいます。

日本での料理教室は一旦終了となりますが、ウクライナにぜひ遊びに来てくださいと言っていました。


今回の料理教室では、日本にいながら遠くの国と繋がれる「料理の力」を強く感じました。参加者の中には、ウクライナに行きたいけれど行けなくて料理を学びに来ました、という方もいらっしゃいました。


料理は、世界を知って世界とつながる窓。今回の料理教室でウクライナが少し身近になり、ますますウクライナに興味が湧いたので、私もいつか遊びに行こうと思います。


ラリサさん、アンナさん、ありがとうございました!


an201805104.jpg 


■今日のレシピ

https://cookpad.com/recipe/5080103 プルーンときのこのボルシチ【ウクライナ】 by ニキズキッチン


えつこ先生のベーコン教室

先日のクラスで作ったベーコンです。

写真の上と下ではスモークの温度、火入れ時間が違います。




etsuko201805152.jpgetsuko201805151.jpg  

 etsuko201805152.jpg
etsuko201805133.jpg

ラオス料理 ~ その6

そしてデザートタイムです。タピオカとトウモロコシのデザートのほかに

マニさんが焼き菓子を用意してくれていました。

mani201805116.jpg

みんなでこういうんも習いたいよね!と話していたら 奥から

実は桜の塩漬けも挑戦した こっちはレモングラス味と 次から次へと

マニさんがお菓子を出してくれます。

みんなで もうおなかいっぱいだから いいよ~!といっても まだ出てくる


mani201805117.jpgmani201805115.jpg


ごはんはいっぱい いつもつくてくれているので、ジップロックは必須。

家に帰ってまた食べなおしてみると さらに美味しいんだよね。。。

あとマニさんのお手製のジャムも分けてもらいました。 アップルとヴァニラとラム酒

いちじく、そしてキウイ。

4時間の間にたくさんの幸せを分けてもらった感じがしました。

よし!今日も仕事をがんばろう!

mani201805105.jpg 

ラオス料理 ~ その5

ワインを注いで食事がさらに進んでいきます。

あの大きかった鮭はKeng pa Som という パイナップルと魚のトマトスープに入りました。

「もち米は食べ終わったらすぐ蓋をしないと 恋人が逃げるって ラオスでは 伝えられているの。

だからラオス人は 食べ終わると もち米の容器の蓋を すぐ閉めるのよ」

とマニさんが笑いながら教えてくれました。



mani201805126.jpgmani201805124.jpg


「ラオス料理がおいしい!」 と何度も聞いたことがあったのですが、実際に食べてみて

「おいしい!」という言葉ではもったいない。 これは本当に「素晴らしい味だね!」

日本ではなかなか「ラオス料理」を食べる機会が少ないし

タイやベトナムにいっても ラオスへ旅行!は思いつかなかった。こんなにラオス料理が

美味しいなんて 実際にラオスに行ってみたくなるね!

とみんなで感動をしながら話をしていました。



ラオス料理って 辛いタイ料理と ハーブがいっぱいのイメージのベトナム料理の

間にあり、同じような食材を使いますが、全く味が異なります。

ごはんがあって、海苔があって さっぱりした汁物のがあって メインがある。 

どこか日本に似ていて ベトナムに似ていて タイに似ていて でもどこにもない まさに

ラオスの味なのです


mani201805125.jpgmani201805129.jpg




mani201805119.jpgmani201805121.jpg

ラオス料理 ~ その4

そして今回中でも感動したのが ラオスの川海苔「カイペン」

メコン川で採れる「岩のり」から作る「カイペン」は、トマトとニンニクそして胡麻で 表面が

飾られていて まるで 和紙のよう。味は韓国海苔によく似ています。


mani201805144.jpg


カイペンは 一枚ずつ 丁寧に油で揚げていきます

mani201805139.jpgmani201805140.jpg


あがったカイペンは ラオスの籠の中に盛り付けてくれました。

ラオスにある世界遺産の町ルアンパバーンに「カイペーン」という有名なレストランがあり

そこの名物になっているようです。この「カイペーン」を目当てに世界中の

グルマンたちがレストランに訪れるそう。もちろんお土産としても有名で ルアンパバーンの

市場でも買うことができます

こうやって食卓にラオスから持ってきてくれたマニさんに感謝!


mani201805133.jpg


カイペーンの食べ方ですが こうやって もち米とチェオ・ボーンという

辛味噌につけて食べるのが一般的。

チェオ・ボーンは焼いたナスと唐辛子から作ったもので これがまた絶品! マニさん

教えて~とみんなで大合唱


mani201805122.jpgmani201805123g.jpg
mani201805111.jpg 
mani201805118.jpg 


もち米の炊き方もラオス式! 器から燻製のような香りが漂ってきてごはんに良い香りをたくさんつけてくれます

mani201805145.jpg mani201805134.jpg

ラオス料理 ~ その3

まずはラオス料理ラープ!!

もち米をこんがり香ばしくなるまで炒め、軽く炙ってあるステーキ用の牛肉は細かく切ります。

マニさんが育てたミント、香菜、シャロット、ガランガー、長ネギ、レッドチリ、レモングラスに

ナンプラー、レモン汁に塩、ホットペッパー。

たくさんのハーブで味付けられたラオスのラープは牛のたたきに似た、さっぱりした味わいで

エキゾチックな風味が絶妙でとても美味しかったです。

ベトナムともタイとも違うラオスの味。!


mani201805149.jpgmani201805148.jpgmani201805147.jpgmani201805146.jpgmani201805138.jpgmani201805143.jpgmani201805131.jpgmani201805130.jpgmani201805128.jpg

ラオス料理 ~ その2

家に着くと マニさんが 今日のお料理の説明と一緒に ウェルカムドリンクと サービスを

だしてくださいました。

今日はオレンジジュースと マニさんが作っておいてくれた絶品のヴェリーヌ。

ヴェリーヌは ガラスの器に入っていて、ビーツ、フレッシュチーズ、海老とアボカドのサラダが

3層になってはいっています。

「おいしい~」と感動をしていると、横浜に住むりえさんが 

「マニさんは いつもすごいお美味しいヴェリーヌを用意してくれるの。 

いつかヴェリーヌのクラスもやってほしいな」

と話してくれました。

それを聞いていたマニさんが「じゃあヴェリーヌだけで7種類つくるクラスを開きましょうか!」

というとみんなで大興奮して「おねがい!!」と盛り上がりました

mani201805153.jpg mani201805152.jpg


マニさんの食材はいつもいいものだけをそろえてくれています。

とっても肉厚なサーモンはスープのために。

1.5キロはあると思われる牛肉はラープのために使います。


mani201805150.jpg

大根とにんじんの あしらいも かわいくお花型に切っておいてくれました。

mani201805136.jpg 


テーブルの上はピンクの生花が飾られています。

mani201805151.jpg 

ラオス料理 ~ その1

東洋人 と 西洋人では 考え方が まるで異なるらしい。 先日こんな面白い記事を見つけました


そんな二つの文化のシャワーを浴びて育ったフランス人マニさんは まさにスーパー才女です。

えっと。。。マニさんと急に言われてもわからない人のために簡単に説明をすると、

マニさんは ラオスで生まれ フランスはパリで育った 横浜の山手に住む女性です。 

たまたま彼女の作ったパテを購入して食べる機会があり、あまりにも美味しさに

何度も何度も買いに行っていたら、ご主人に顔を覚えられ、

「どうか このパテを作ってる人を紹介してください」

と勇気を振りしぼって声を掛けたら 「僕の妻だよ!」といってマニさんを紹介してくださいました。

mani201805114.jpg 


そんなマニさんとの出会いからひとつの料理教室を生まれました。 

マニさんが育った国フランスと 家族のルーツのあるラオス料理 マニさんは2つの国の料理を

教えてくださいます。

日本ではまだ知名度が低いラオスですが 最近 「ルアンパバーン(https://4travel.jp/travelogue/11212635)」という町が

世界遺産になり 次来る旅行先として 注目されてきています

ラオス料理ってとってもおいしい!と聞いていましたが いったいどんなお料理なんでしょう。

マニさんの家にそれを知りにいってきました。

「こんにちは~!」 山手駅から徒歩7ー8分ほど歩くと そこにマニさんの家がありました。

mani201805113.jpg 










かながわ湊フェスタ 2018 ウズベキスタンのディーリャさんが出店!

かながわ湊フェスタ 2018 ウズベキスタンのディーリャさんが出店!!


5月20日(日)10:00-15:30

開催場所:横浜駅西口徒歩10分の場所にある「沢渡中央公園」の
横浜市民防災センター(神奈川区沢渡4-7)

ウズベキスタンのディーリャさんも出店します!

11番のテントで出店します。ウズベキスタンの揚げ餃子と揚げ肉まんを出店します!

ぜひ皆さん遊びにきてくださいね








201805festival.jpg 

キエフの人が キエフ・カツレツ

六本木に住むキエフから来たラリサさんが 「キエフ・カツレツ」を作ってくれました。

お肉は本当は七面鳥がいいんだけれど、鶏でも豚でもおいしいキエフ・カツレツをつくることができます。この日は豚肉を使ってつくりました。

お肉はとんとんと薄ーく肉たたきで伸ばし、冷凍をしておいたディルなど数種類のハーブをいれたバターを巻き込みます。

ここまでは何となく想像がつくのですが、見てみてください。このパンのように厚い生地。

生地だけで1センチ以上は優にあります。これだけ生地を厚くするから、熱い油で揚げても

バターが溶け出さないのです。

バターを中に閉じ込める工夫は他にもありました。キエフカツレツ自体を大きく作る。

写真のものはパソコンのマウスの約2倍の大きさです。

生地をまとわせたあとに、冷凍庫で固め、油で揚げた後にオーブンで焼く。

こうして丁寧に作られたキエフ・カツレツはフォークを入れると ハーブとバターの

香りがあふれるように流れでてきます。

バターソースで食べる味は大変上品で忘れられない味でした。


kiehukaturetu.jpg

 
 | ホーム |  » page top