プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/



最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Counter

現在の閲覧者数:

counter 2


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

Bonjour France



PROGRAM
For the 4th year in a row, Bonjour France is organizing with its French and Japanese partners a series of exceptional events highlighting « French lifestyle ».
During one month, from Sunday 8th of April to Friday 11th of May 2018, « Bonjour France » invites the Japanese public to share the French way of life through the theme “France, mon Amour”: an invitation to discover or rediscover the different faces of France that we love.
We propose you to share unique cultural moments, to discover our gastronomy in a friendly way, to shop new french brands, to have fun and to surprise yourself with our lifestyle events.

The «France Week» at Isetan Shinjuku, from Wednesday 11th to Monday 16th of April from 10:30AM to 8PM, at the 6th and 7th floor of the Main Building. The «France Fair» at Isetan Kyoto from Wednesday 25th to Monday the 30th of April 2018 at the 10th floor of Isetan Kyoto. Bonjour France and Isetan Mitsukoshi partner to introduce you faboulous french brands to shop and to participate to workshops on craftmanship, lifestyle and gastronomy (in Japanese language only). https://bonjourfranceccifj.com/evenements/
“A beautiful French encounter with music: Juliette Armanet”. Sunday 8th of April 2018 from 7PM at Mon cheri Daykaniama, Tokyo : Bonjour France and Possion Heads have the pleasure to bring to Japan the talented French singer Juliette Armanet. Considered as one of the most talented new singers of the French scene, Juliette Armanet is conquering a large public. She sings in the most prestigious French concert halls such as l’Olympia, la Cigale or le Grand Rex and just won the Prize of “Victoire de la Musique” in France, for her album, “Petite amie”. Target public: culture and French music lovers. https://bonjourfranceccifj.com/evenements/juliette-armanet-8-avril-2018/
SHOPPING
CULTURE
« The rendez vous of Art lovers in Tokyo » a dialogue between Nicolas Lefeuvre and Juliette Armanet, Thursday 12th of April 2018 from 6PM to 9PM at restaurant Pierre Gagnaire, ANA Hotel, Tokyo: Bonjour France invites you to discover 2 young exceptional French artists around a delicious cocktail from Pierre Gagnaire. Nicolas Lefeuvre, plastician artist will explore filial love trough the creation of an exceptional work produced insitu while Juliette Armanet sings. Target: Art lovers, creative teams, marketing and PR. https://bonjourfranceccifj.com/evenements/rencontre-artistes-10-avril-2018/
« The rendez vous of Art lovers in Kyoto » 2 exceptional and privatized visits of the exhibition of Izumi Miyazaki and a surprise artist! Tuesday 24th of April 2018 from 7PM to 9PM at the Galerie Asphodel, Kyoto: Bonjour France invites you for the second year in a row to the visit of 2 exhibitions specially chosen by Kyotographie. A private cocktail will follow the discovery of these 2 contemporary artists. Target: Art lovers, creative teams, marketing and PR. https://bonjourfranceccifj.com/evenements/kyotographie-24-avril-2018/
https://bonjourfranceccifj.com/ (in french and japanese)
“Garden party and treasure hunting” Sunday 22th of April 2018: 11:30AM to 3:00PM at the Residence of the French Ambassador in Tokyo. Come to discover the French “slow life”. Bonjour France has prepared a picnic chic with French delicacies, animations for the children, as well as a treasure hunting in the gardens of the Residence of the French Ambassador privatized for this event. Target: Families and friends. Children are more than welcome! https://bonjourfranceccifj.com/evenements/dejeuner-sur-herbe-22avril-2018/
“ Gourmet dinner at Kyoto ” Friday 27th of April 2018 from 6:30PM to 9PM at Aux Bacchanales, Kyoto: Bonjour France invites you to a “Love” themed gourmet dinner. Love of good wine, love of good food. A delightful evening during which you will also enjoy quizzes about famous couples. Book a seat! Target public: wine, champagne, authentic cuisine amateurs, perfect for team building or just to spend good time with friends or business partners. https://bonjourfranceccifj.com/evenements/soiree-bistrot-27-avril2018/
“ A Guinguette in Kyoto ” Friday 11th of May 2018: 6:30PM to 10:00PM at Institut Français of Kyoto: We invite you to share the Guinguette state of mind at the festive place of the French Institute of Kyoto. Come and enjoy jazz music, share a glass of champagne, and enjoy french foods in the gardens of the French Institute. Target: teams, friends, family.

https://bonjourfranceccifj.com/evenements/guinguette-kyoto-11-mai2018/
For registration: https://bonjourfranceccifj.com/(french and japanese)

Follow us: Facebook @bonjourfrancejp Instagram@bonjourfrancejp
For additional information : a.archambault@ccifj.or.jp

イタリア ~ ローマ編④ カルボナーラを食べ比べる その2

手打ち麺の絶品カルボナーラが食べれるローマの郷土料理レストラン

2店目。カルボナーラを食べ比べその2 
14ユーロで食べれるリストランテの絶品カルボナーラ

店名 イル ファルチェット ( Il Falchetto / 住所 Via di Montecatini 12 ) 
スペイン広場から徒歩で10分ほど。


ここのカルボナーラは特別です。太くてもちもちっとした自家製生パスタに、ねっとりと麺に絡みつくような滑らかなチーズ卵ソース。豚の頬肉から作られたグアンチャーレは炭火で焼いたようなカリカリ感と中の脂肪が絶妙。
いまだかつてここより美味しいカルボナーラには出会ったことがありません。ローマに行かれる方は是非ご来訪してみてください。

他には春なら旬のカルチョーフィ、ローマ名物オッソブッコ、トマトソースを絡めて食べる手のひらサイズの大きなチーズ入りラビオリがおすすめです。 

メニュー表


tri_IMG_009981.jpg 




tri_IMG_009979.jpg 


イタリア ~ ローマ編④ カルボナーラを食べ比べる その1


ローマといえばカルボナーラ!  ローマ発祥の塩漬け肉、牛乳から作られるグラナパダーノチーズもしくはペコリーノロマーノという羊のチーズそして卵で味付けしたパスタです。

本場イタリアのカルボナーラは一切生クリームを使用せず、日本のカルボナーラは生クリームや牛乳が使われています。

イタリアと日本のカルボナーラ。2つは全く違うお料理です。

というのはパスタソースとして使用する卵の扱いが難しく、作り方を間違えるとパスタに卵そぼろのような固まったものがこびりつき、卵をクリーミーな状態で維持をしようとするとパスタ自信がぬるくなってしまうため日本のレストラン業界で卵を固まらせないよう生クリームを使用したのが「日本風カルボナーラ」が生まれた歴史だとか。

さてローマのカルボナーラ。やれ使うチーズはペコリーノかグラナバターノか 卵は黄身だけか全卵かベーコンはグアンチャーレを使うか パンチェッタかそれとも。。パスタはどうする??と組み合わせ次第で様々に変化をするお料理です。 どうせローマに行くなら一番美味しいカルボナーラを食べたい!と思う人もおおいことでしょう。 それぞれの好みが違うため1番!を決めるのは難しいですが ローマのカルボナーラ いろいろなお店で食べ比べしてみると面白いですよ。



まずは1店目。カルボナーラを食べ比べその1 4ユーロで食べれるローマの立ち食いパスタ屋 

ローマのスペイン階段から50メートルほどの所にあるパスティフィッチョ( Pastificio Guerra 住所 Via della Croce 8 )

日本に立食い蕎麦屋があるようにイタリアにも立食いパスタ屋があります。

それが Pastificio Guerra。パスタ工場の直営店です。立食いなので男性を中心に行列ができています。ここは塩漬け豚肉の使用率はほんのちょっと。チーズ味が濃厚。乾麺のリガトーニを使っています。値段は4ユーロ。いつもカルボナーラが置いてあるわけではなく、「今日の2種類のパスタ」から選ぶことができます。

ここは乾麺を買うこともできます。

tri_IMG_0073.jpg tri_IMG_0074.jpg 

TR_IMG_0070.jpg 


イタリア ~ ローマ編③ ローマで一番有名なカフェ [ラ カーサ デル タッツァ ドーロ (La Casa del Caffe Tazzo d' oro)] 

ローマで一番有名な立ち飲みカフェ。 

[ラ カーサ デル タッツァ ドーロ (La Casa del Caffe Tazzo d' oro) 住所 Via degli Orfani 84] 
ナボナ広場から徒歩3分。

早い(コーヒーが出るのが早い。という意味ではなく立ち飲みなのでさっさと出るスピード感)、安い。そしてとにかく美味しい。
世界中のガイドブックに載っているようで常に行列。 

tri_IMG_0062.jpg 

イタリアといえばエスプレッソ、カプチーノそして忘れてはならないのが生クリームが乗った苦味のあるエスプレッソ味のかき氷グラニータ!。 

オーダー方法は、レジで最初にお会計を済ませ、場所を移動しカウンターでレシートを見せてコーヒー類を出してもらうシステム。お会計をするときにエスプレッソの豆を選ぶことができます。一番人気はシンプルなエスプレッソ0.9ユーロ。


エスプレッソの美味しいお店として世界中の観光客に人気の同店ですが、日本のガイドブックにのみグラニータがメインで書かれているからか、訪れている日本人はエスプレッソを頼まずグラニータを注文しています。そのためか日本人を見るたびに┐(´д`)┌ヤレヤレという表情で注文表を見せる前から「君もグラニータかい?」って聞かれる。

エスプレッソはマシンにいれるだけでできるけれど、グラニータはエスプレッソを抽出し、氷をけずってのせて、さらに生クリームを乗せるという3倍労働。

立ち飲みなので飲んだらすぐお店を出ましょう。

tri_IMG_0063.jpg

トレビの泉の側のMelograno。 美味しいジェラートが食べられます

tri_IMG_009W981.jpg TR_IMG_9958.jpg  

イタリア ~ ローマ編② トリオンファーレ市場 Mercato Trionfale の チーズやハム 野菜の店 

ローマで食材を揃えたいならここ 

「トリオンファーレ市場(Mercato Trionfale 住所 Via la Goletta 1, 00192 Roma, Italia)」。 地下鉄Cipro駅から500メートル。 


約280のお店がぎっしりと集まったローマ最大の食市場。最大の魅力は親切な店員さんの対応と新鮮な食材そして価格!。
生パスタからグアンチャーレといったイタリア料理にかかせない豚の塩漬け、チーズからオリーブいるまでほしいものは何でも手に入ります。
春はカルチョフィーニなどの野菜がいっぱい。


リコッタチーズも水牛のモッツレラも1パック100円~130円 (ユーロだと1ユーロしません)前後。
ペコリーノチーズも500gで300円。ローマ風カルボナーラにかかせない豚の塩漬けグアンチャーレも300円位。サラミやハムは100g単位で買えますよ。

ソットボート(sottovuoto)と伝えると真空パックにしてくれます。


tri_IMG_0021.jpg tri_IMG_0026.jpg tri_IMG_0029.jpg tri_IMG_0033.jpg tri_IMG_0031.jpg tri_IMG_0017.jpg tri_IMG_0018.jpg tri_IMG_0019.jpg tri_IMG_0030.jpg tri_IMG_0022.jpg 

イタリア ~ ローマ編① トリオンファーレ市場 Mercato Trionfale のパスタ屋さん [Mani in pasta] 

ローマで食材を揃えたいならここ 

「トリオンファーレ市場(Mercato Trionfale 住所 Via la Goletta 1, 00192 Roma, Italia)」。 地下鉄Cipro駅から500メートル。 


約280のお店がぎっしりと集まったローマ最大の食市場。最大の魅力は親切な店員さんの対応と新鮮な食材そして価格!。
生パスタからグアンチャーレといったイタリア料理にかかせない豚の塩漬け、チーズからオリーブいるまでほしいものは何でも手に入ります。

崩れやすい乾燥パスタや傷みやすいハム、チーズなどは頼むと真空パックにしてくれます。イタリア語でソットボート(sottovuoto)! って伝えてみてね。

市場に1軒だけある自家製パスタやさん。場所を探す目印はBOX229です。 

[Mani in pasta] 

パスタは1キロだいたい8ユーロから15ユーロ位。これとこれ合わせて1キロと指をさして頼んでも購入できます。オリキエッテ、カペッリーニ、タリオリーニ、 小さな四角いパスタのクアドルッチ、生のニョッキなど。


tri_IMG_0051.jpg

tri_IMG_0037.jpg tri_IMG_0034.jpg tri_IMG_0036.jpg


 クアドルッチ (quadrucci)。小さな四角いパスタ。ミネストローネにいれたり、グラタンにしたり。

tri_IMG_0042.jpg

tri_IMG_0038.jpg     
 | ホーム |  page top