食通の為の特別レッスン 香港料理編

あたらしい試みがはじまりました。提言者は香港料理教室のジャニタさん。
参加者の方が一人一万円を支払い、その日まではどんなメニューが登場するかお楽しみ。
定員はいつもの通りの8名。
クラスに通いあい、ジャニタさんのことを愛してやまない8名の食通たちです。

いつもの決まったコースや値段とは材料も手間も異なる 「食通の為の特別レッスン 」。
味覚・視覚・嗅覚をフルに使った目からウロコのレッスンです。
先生達も 普段は使わない特別な材料を使える、願ってもないチャンス。
双方で理想をかなえることのできるなんとも楽しい企画なのです。

hk100008.jpg 

一回目は2月に行われました。
どんなお料理が登場したか、のぞいてみましょう。

hk100003.jpg 

■烏鷄花膠湯(烏骨鷄と魚の胃袋スープ)
フカヒレに負けない位上等な乾物「魚の胃袋」始め、烏骨鷄や金華ハム、干貝柱等などを使った贅沢香港スープです。
hk100002.jpg 

■清蒸鮮魚 (白身魚の姿蒸し)
当日の仕入れによる新鮮な白身魚を使います。タレから手作りで蒸し立て召し上がれます。

hk100001.jpg 

■滷水牛肚( ハチの巣の香味醤油漬け)
中華の香辛料を効いた一品。

hk100006.jpg 

■生炒糯米飯(中華風炒めおこわ)
普段おこわは蒸しのが一般的ですが、うちの母から教わった、生のもち米をゆっくり火を通るまで炒めていきます、手間かかりますが懐かしい私のお母さんの味です。

hk100005.jpg 

■豆鼓鷄球炒青椒(鶏肉とピーマンの豆鼓炒め)
豆鼓に効いた鶏料理です、白ご飯は勿論、お酒も進みます。私の実家の定番です。

hk100004.jpg 

■椰皇燉蛋白(丸ことココナッツ ホワイトプリン)
ちょっと贅沢のデサート。丸ことココナッツを使い、硬い皮の開け方一からやります。中のココナッツ水を使って白いプリンを作る

hk100007.jpg 

ジャニタさんの「食通の為のレッスンは次回6月に行われます」

わたしたちも、ジャニタさんに「食通の為のレッスンをひらいてもらいたいな」 
という希望グループの方があれば事務局にご連絡をください。

尚、まだスタートしたばかりでもあり、講師がとても気を使うクラスのため、ある程度通い慣れて講師との間に「あ・うん」の呼吸ができているグループのほうが受けてもらいやすいと思います。




ウズベキスタン料理 Go’sht Non 「ゴーシュト ノン」 お肉入れのナン 

ウズベキスタンで地方によって食べるナン(※注:パンのこと)が違います。ナンと言えばシンプルな味をしたものが一般的です。そのままでも食べられるし、主食ですから料理と一緒に食べたり、スープにつけて食べたり、ジャムやクリーム、ペーストを載せておやつになったりします。


よそのお宅に遊びに行く時、お土産としてお菓子を持って行く時も必ずナンも一緒に持って行きます。いつでもどこでもノンはウズベキスタンの生活に組み合わさっているのです。


最近、ウズベキスタンの古都サマルカンドでは変わったナンに人気が出てきています。わたしが初めてそのナンに出会ったのは、パン屋さんの近くでの出来事。
お肉の焼ける香ばしい匂いがただよってきて、嗅覚から食欲をそそりられました。
その香りに弾かれて足が思わず止まってしまいました。
■パン屋の前
su2.jpg 

それが「お肉入りのナン(Go’sht Non (ゴーシュト ノン)」の美味しい香りです。ふわふわしたナンの中にジューシーなお肉、そして、クミンと玉ねぎがナンにからんでいてとても美味しいです。

主食より立派なおかずのナンに変わっています。お土産で持って行くととても喜ばれます。

私が作るナンは全粒粉を使っているから、食物繊維、ビタミンや鉄分、葉酸がたっぷりなので、健康食としてもおすすめします。味が深いのが特徴です。せっかく自分で作るのであれば材料を贅沢に、健康にいいものを作りたいという思いを一つのパンに込めています。
強いからです。

■ナンに模様を作るスタンプ「Nonpar ノンパル」
su1.jpg 

■お肉入りのノン/Go’sht Non (ゴーシュト ノン) 
su3.jpg su4.jpg


記事ライター:ディーリャ (ウズベキスタン サルマカンド出身 現在横浜在住 二児の母)

uzubekiph1.jpg 

ベトナム旅行記 第2日目 その1 行列バインミーの店 バインミーフォン

世界遺産の町ホイアン。なんとイギリスの旅行雑誌「ワンダラスト」で満足度ナンバー1に

輝いたそうです。たしかに街は欧米人の観光客でごった返していました。

日本からは成田経由でハノイまで行き、そこから国内線に乗り継いでダナン空港へ。

そこからバスで1時間ほどで到着します。

簡単に言えば日本を昼前に出て夜に付くという感じでしょうか。


vietonam17.jpg
朝の風景。ホアンユーHoàng Diệu)橋を走るベトナムの若者

ホイアンの町にはいくつかの有名なレストランがあります。

ベトナムで一番美味しいバインミーを出す店のひとつとして知られている

「Banh Mi Phuong」(バインミーフォン)。お店の前はすごい行列です。

でもこの行列はテイクアウトの人たちなので、中で着席して食べたい人は

行列を抜けてするすると奥へ向かいましょう。並ばずに済みます。

vietonam18.jpg

ハムとレバーペーストが入ったバインミー

Bread with pork ham and pate(ハムとパテ)」を頼みました。日本円で約100円。

見た目はフランスパンに似ていますが、似ていて非なるもの。

柔らかくてスカスカとした生地です。パクチーとニョクマム。ベトナムハムとマーガリンの味。

●バインミーフォン (Banh My Phuong)
■住所 2B Phan Chau Trinh | Hoi An, Hoi An 0510, Vietnam
営業は朝6時30分から夜は21時30分まで

vietonam20.jpg
 


プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR