ベトナム旅行記 第一日目 ホイアンのランタン祭り


もしニキズキッチンに校風があるとしたら、「他人にそこそこ迷惑をかけない」「パッケージ旅行ではなく、自由気ままにする外が好き」「寛容」「食べることが好き」「自分で考えて行動ができる」
こういった5つの特性を持った人だと思う。

クラスに来るとなぜか皆が昔から友だちだったように仲良くなれる。それがどこから見ても不思議なようでそして楽しい空間を生んでくれる。

vietonam2.jpg 

先生達もそんな人々と接することをたのしんでいて、あんまりトラブルはない。

ただ「他人にそこそこ迷惑をかける人々」が極たまにだけどいる。
総数は月に数名と、世間一般と比べて非常に少ない方ですが、この件につきあっていたら、なんだか疲れてしまい旅に出ることにしました。(これは考えさせるネタあり、そのうちまとめます。)

ところが!旅先のベトナムは「他人にそこそこ迷惑をかける」どころか、「他人に迷惑をかける人」の多いこと、多いこと。(ベトナムの皆さんごめんなさい)。


たとえば機内食が自分だけ運ばれない。やっと届けられた機内食の上に、枕が邪魔だからと前の席から枕が椅子の間からにょき~と出てきて機内食の上に乗る。

市場で試食をしろしろというもんだから、フルーツの試食をして、買うのを断ったら、末の代まで呪ってやるとすごい形相で睨まれる。

バイクでひかれそうになる。空港のデューティーフリーなのに限りなく、ぼったくる。違う料理がテーブルに並ぶ。釣銭をごまかす。ウソとホントの境界線がまったくわからない。

古都の重要文化財の修復を適当にペンキでぺたぺた塗る。ムラだらけ。

町中にはオバマレストラン(たぶん非公式)が!! いいんだろうか共産圏。

vietonam12.jpg 
(写真撮影 ゆうこ)

スマホをいじりながら卵を運搬するバイク。
vietonam16.jpg 
(写真撮影 ゆうこ)

貨物列車に乗ったおっさん。ホイアンからフエに向かう途中の踏切でパチっと一枚。

すごく爽快感があっていい写真のように見えるけれど

ベトナムのこの風景は、日本だったら書類送検(松本伊代事件)。

vietonam1.jpg 

彼らをみていたら つっかえていたものがすっきりして。



今回も現地解散、現地集合、行く日も帰る日も泊まるホテルもバラバラ。

朝から晩まで食べつくしのベトナムの旅。

さて旅の話、どうかおつきあいください。


ベトナム旅行記 第一日目

第一食

乗り継ぎ空港で初めてのフォーを食べる。一杯100円位。

もやしが細くて美味しい~。ベトナムコーヒーのアイス苦いね。ハーブだよ。ハーブ。

ちょっとしたことにも大歓声。

vietonam6.jpg 


私たちが向かったのは「ホイアン」というベトナム中部の町。ダナン空港からバスで1時間ほど。

vietonam13.jpg 

ホイアンの町では毎月満月の夜に「ランタン祭り」が開かれる。

町中にたくさんの灯がともされ、屋台に道は埋め尽くされ、それはそれは幻想的。

町中がすごい数のフランス人とベトナム人であふれかえって祭り一色。


vietonam4.jpg 

綺麗でわくわくして、まるで異世界に来た気分。 

きっと宮崎駿は「千と千尋」の映画を撮る前にここに来たのかも。そうかもね そうかもね

光りの奥に吸い込まれるように歩いていきました。

ホイアンの夜ご飯は屋台飯。

一食目はCau Lau (カオラウ) . ホイアンの5大名物ひとつで、うどんのような

平麺の上に揚げたライスペーパーと、豚、ハーブや甘辛いタレがのる

めっちゃおいしくても25円(3人で一杯をシェア)

vietonam7.jpg 

Cau Lau (カオラウ) 

vietonam8.jpg

二食目は「ティット・ヌオン」

豚の串焼きです。下味に漬けこんで炭火で香ばしく焼きあげます。

「ブン・ティット・ヌオン」を頼むとブン(麺)の上にのせてくれますよ。

1本50円。


vietonam14.jpg 

vietonam15.jpg

vietonam9.jpg

三食目はお好み焼きみたいなもの。海老入り 

vietonam10.jpg 

四食目 焼きライスペーパー バンチャンヌーン

すごく美味しかった ライスペーパーを炭火にのせると ふわふわふわ~と縮んでくる

葱、海老、なんかをのせて マヨネーズソースとタレとチリソースをのせる。

ホイアンのバンチャンヌーンはマーガリンを表面に塗らない。

カリカリして美味しい。

vietonam11.jpg

この日は、お祭りだからか ぼったくられることもなく(多分)平穏な一日

■ホイアンのランタン祭りの開催日(2017年度 天候により中止になる場合もあり)

1/11(水)、2/10(金)、3/11(土)、4/10(月)、5/9(火)、6/8(木)、7/7(金)、8/5(土)、9/4(月)、10/3(火)、11/2(木)、12/1(金)、12/31(日)

■開催場所 ホイアンのトゥボン川沿い 旧市街


連載第六回:世界のお菓子【秘境ウズベキスタン~お菓子チャクチャク】| ニキズキッチン英語料理教室

連載第六回:世界のお菓子【秘境ウズベキスタン~お菓子チャクチャク】



ウズベキスタンは中国の西安よりさらに西。

シルクロードのど真ん中にある都市で、日本から直行便が飛んでいます。

日本からウズベキスタンへの年間渡航者は5000名。

旧ソ連だった時代もあり、ソ連の面影とシルクロードの遺産が交差する悠久の都です。

ck3.jpg 

チャクチャクはロシアや中央アジアで古くから食べられている伝統的なお菓子です。

発酵する前のパン生地を小さく丸め、油で揚げたあとにハチミツやシロップを染み込ませます。

chakchak3.jpg chakchak4.jpgchakchak5.jpg



少しさめたところでナッツを散らし、ギュッと押し固めて冷蔵庫に入れて冷やして作ります。

chakchak2.jpg 



ウズベキスタンでは結婚式などのお祝いの席には欠かせないもので、

ウズベキスタン人なら誰もが一度は食べたことがあるお菓子です。

お祝いの時は華やかに飾りつけをします

 ck2.jpg



一瞬日本の海苔のように見える飾りつけはドライフルーツをペーストにして

乾かしたものを張り付けてあります。 

ck1.jpg 


私のチャクチャクは、ポンカンなどの柑橘フルーツの果汁をシロップに加えて

華やかな香りと清々しい酸味を添えます。 

オアシスの民のお菓子どうぞめしあがってみてください

ウズベキスタン料理教室ディーリャ

始めまして、去年の11月から料理教室をやり始めた新人の先生ディーリャです。


dede14.jpg 


教室の時に皆さんに早口で「本名はAbdullaeva Dilafruzkhonです。本名で呼んでください」と冗談しています。「ディーリャ」はニックネームです。毎回二人のサブディーチャーと一緒にやっています。「ズルフィア」と「ノーザ」です。私たちは料理作りとお喋りが大好きな3人です。


dede18.jpg 


段取り、テーブルセッティング、撮影用料理づくり、メニュー作り、レシピー作りを一緒にチームになって考えて、最高の楽しい教室にするために知恵を絞っています。お客さんの反応と評価を見るのが楽しみになって、励みになっています。


17198199_10154799422738964_1913583314_n.jpg 

dede10.jpg 

ウズベキスタン料理はお肉をたくさん使うので、お肉選びにこだわっています。そして、ナン、揚げパン、餃子、肉まん、ミートパイに少し似ている生地ものが多いです。生地作ったり、伸ばしたり、するのをほぼ毎回やっています。


dede16.jpg 


dede15.jpg 


野菜も多く使うので、遊牧民と農民の食文化が融合した料理です。



17193981_10154799424373964_858332350_o.jpg

料理教室が時間通りでスムーズに行くために、前日に皮むき、切ったりする、砕きという作業をやっています。何より楽しいのは当日です。お客さんと料理を作って、食事中のトークが楽しんでいます。ウズベキスタンの一般家庭の生活、子供のごろの料理の思い出話、主婦の食事ストックの話、結婚式のアルバム見せながら結婚式や文化の話、ウズベキスタン風化粧とスキンケア―の話などです。 

dede1.jpg 



たくさんのテーマでトークして、話に花が咲いてしまいます。2曲のダンス曲を用意しています。ウズベキスタンの結婚式で踊っている人にお金をチップとしてあげたり、上にからばらまいたりする習慣があります。(玩具の紙紙幣で)それとおんなじことを再現しています。私達にも楽しすぎにお客さんを帰したくない気持ちです。一緒にお料理も作りし、美味しい食べ物を食べるし、楽しくお喋りやダンスをするので、私にとっては料理教室とはパーティーの用な感じです。


dede6.jpg 


dede7.jpg dede11.jpgdede13.jpg


クララさんからお知らせです (カリブ料理教室の先生)

こんにちはクララです。

毎年秋に行われるチャリティイベントに手作りのアクセサリーを出品していますが、このたび

友人から銀座の教文館で行うアクセサリー展示会に誘われました。

323日ー30日午前10時ー午後8時の日程で行われます。

途中326日にクッキングクラスがありますが、それ以外は展示会場に居る予定です。

可愛いアクセサリーが沢山出展されると思いますので、皆さんによろしくお伝え願います。

クララ

開催期日: 3月23日(木)~ 3月30日(木)まで
時間: 10時~20時
※最終日16時まで
場所: 教文館4階エインカレムギャラリー
主催: 教文館

この春、新作ジュエリーの展示と、リディアのオリジナル・シルバー・ジュエリーの「展示販売」フェアーを開催いたします。春を感じさせる季節に、銀座までお越しいただければ、嬉しく思います。

「スワロフスキー」を使った上品で愛らしいリディアのジュエリーは、いつでも、どこでも安心して身につけていただけます。お誕生日祝い、結婚記念日、イースターなど、大切な方へのプレゼントとしても最適です。

ペンダントは5,000円~20,000円 リングはすべて定価の半額となっております。

今回は、アクセサリーはベネズエラ人女性とのコラボレーションを企画いたしました。素敵なマダムによるベネチアン・ビーズを用いた手作りのアクセサリーなどで、お洒落をお楽しみ下さいませ。

会場  銀座4丁目(松屋前)・教文館4階「エインカレム」イベントスペース

104-0061東京都中央区銀座4丁目5-1 Tel. 03-5252-5052 Fax 03-5250-5053

http://www.kyobunkwan.co.jp/ 銀座線・日比谷線 銀座駅A9出口より徒歩2分

教文館入口は、銀座通りに面しているのではなく、ビルの横に入口があります。

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR