スリランカの珠玉のロブスター料理


チュランガくんとアジさんの6月のスリランカ料理教室のメニューは
「スリランカンスタイル・ロブスター ディッシュ」
でした。

このメインディッシュのロブスターは三段階のステップで調理する、とてもユニークでゴージャスなひと皿です。

最初に新鮮なロブスターをボイルした後にアジさんのホームメードのスパイスをたっぷりもみ込み、

味をじっくり染みこませてからオーブンで焼き上げグリルしていきます。

ロブスターを柔らかすぎず、固すぎず

絶妙な焼き加減でグリルされたロブスターからはスパイスが薫り立ち、

出汁の染みこんだライスと混ぜていただくと口の中で最高のハーモニーが広がります。

写真はチュランガ&アジさん教室のロブスター料理 (写真けいこ)

大森のネパール・タカリバンチャのディネーシュさんから「お料理教室開講記念サービス」のお知らせ


大森のネパール・タカリバンチャのディネーシュさんから「お料理教室開講記念サービス」のお知らせです。
本日から2015年8月31日までの2か月間。
お店に3名様以上でご来店していただいて

「ニキズキッチンのページを見た モモのサービスをおねがいします」

※モモは写真のチリモモかスタンダードなモモ。どちらでも対応します とのこと


といってくださった皆様にはなんと手作りのモモをサービスしてくださるそうです。タカリバンチャのモモ(ネパール餃子)もちろん皮から手作りで
まるで小龍包の薄皮の様でめっちゃめちゃ美味しいです。
写真はタカリバンチャのモモ

ところでタカリバンチャですがネパールの味を求めてすごく遠いところからご飯を食べにくるネパールの方が多くおいでです。日本人のお客さんは少ないのでネパールに遊びに行ったような錯覚に陥れます。 

●住所
東京都 大田区 山王 2-2-7 B1F

●交通手段
JR大森駅西口徒歩0分
大森駅から140m

●月曜定休

●●サービスの条件
3名様以上のご来店。1人1品以上のご注文(ドリンクをのぞいて)でこのサービスが適用されます


http://tabelog.com/tokyo/A1315/A131502/13170193/




不断草のパイを食べに~ 狸穴の幻カフェ ~ ひなぎくきつね


大木さんに幻のカフェが開いたから遊びにおいで~と誘われトコトコお散歩



-----------------------------------------------


ここは麻布台、狸穴ちかくの袋小路の奥にひっそりと佇む昭和初期に建てられた洋館。






人目を避けるために建てられた趣のある白亜の館に入ると

凛とした姿をした高齢の令夫人が一人で給仕をしていました。 


「このケーキはみんな奥様がお焼きになったのですか?」



と尋ねると、



「そのようにお呼びになりたかったら わたしはそうなのでしょう。はいわたしの焼き上げたものです」




昭和初期、美術家や文学者など集まるサロン的な場所として作られたカフェには女給と呼ばれる女性給仕がいました。

この受け答え。まさに建てられた時代からずっとそこで働いていたかのような時が止まったような感覚。





ここは月に3日だけ開店している幻のベジタリアンカフェ「ひなぎくきつね」

令夫人が八ヶ岳の自家畑の野菜を使ったパンと菓子を夫人自ら給仕してくださいます。

今月は6/30-7/2まで。





今の時期は畑で採れた不断草(スイスチャード)と豆のパイ(絶品!)や、

自家製レモンピールが練りこんであるカステラなどが召し上がれます。

尚、八ヶ岳でも月に3日だけカフェを開いているそう。




場所はメールをくれた方だけに知らせてくれるそうなので ご近所の方は是非

不断草のパイ食べてみてくださいね。

http://www.vege-dining.com/information




プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter

現在の閲覧者数:

counter 2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR