セルビアグルメツアー2015 まとめ  満員で締め切りました

こちらの企画は満員で締め切りました ありがとうございました


セルビアグルメツアー2015 まとめ 
●人数 最少4人~最大8人 
最少人数に達しましたらヘレナさんからご連絡が行きますのでその後に飛行機チケットはご購入ください

●旅費に含まれるもの
*セルビア国内の移動(ミニバス)
*ツアーガイドの謝礼
*ベオグラード、ラスカでのホテル
*ベオグラードの料理学校イル・プリモでのワークショップ、ゴリヤマウンテンでのフルーツ、野菜採集、アウトドアクッキングワークショップ、ムスリム家庭での料理教室、羊飼いの朝食
*食事 ‘?’レストランでのランチ、グラダック修道院でのランチ、森の中でのアウトドアクッキングでの食事、ローカル家庭でのディナー、ムスリム家庭での伝統的なランチ、ストゥデ二カ修道院でのランチ、ラキアバーでのドリンクとコーヒー。食事中のドリンクは料金に含まれません。

●現地でのプログラムは9月19日~26日の6日間となります。(帰路ベオグラード出発が25日、26日日本着) 19日土曜日、できればお昼頃にベオグラードに到着し、初日半日ベオグラードで過ごすのが理想的です。プログラムは25日金曜日に終了し、その日にベオグラード出発となります。皆さんのフライトの到着、出発に合わせてプログラムを調整します。

●現地プログラムの代金は1250ユーロです。
*シングルルーム希望の場合の追加料金は110ユーロです。(1泊につきではなく全日程で)
*ベオグラードまでの往復フライトは各自手配してください。
*プログラム代金の支払い(ユーロ送金)は各自手配してください。
*ご質問、お申し込みはヘレナまで日本語 英語 対応 jelenajeremic@yahoo.com 
*旅行保険は各自で加入をお願いいたします。

●お申し込み締切日 6月30日まで

現地のツアーはhttp://tamaraognjevic.com/主催します。


注 お申し込み、問い合わせ先、主催はniki's kitchenではありません。

**********************************************************************************************************



はじめましてヘレナです。私の本業は言語学者ですが

同時にセルビア料理研究家、セルビアの民謡舞踏の踊り子、

食通であり、熱心な旅人でもあります。

わたしはセルビアの美しい首都ベオグラードで生まれ育ちました。

イタリアの大学を卒業後、東京に移り、人生で最も素晴らしい時間を

6年間過ごしました。東京でセルビア料理を一緒に学んでくれる人々に

出会ったことは何よりもの宝物です。

今は日本を離れ引き裂かれた思いですが、その気持ちはみなさんに

快適なツアーをご提供することで新たな出会いを生みたいと思います。

どうぞよろしくおねがいします。

ヘレナさんと行こう! セルビアツアー2015年 9月19日土曜から26日土曜日 ~5日~7日目

Day 5 HEY! Time to move! Get ready to experience the Oriental Serbia. We are departing to Novi Pazar city. Novi Pazar is these days predominantly inhabited by Muslim community. You will be able to see that the moment you spot the city panorama. The bus will drop us at the center of the town and we will first visit to oldest city bakery shop. You can buy a variety of local pastries and pies that this city is famous for. We will walk down the town streets and explore to see what Ottomans left behind. Hungry? Let’s go to do our cooking class for today; “Mantije” pastry workshop in Muslim household in Novi Pazar. You will be amazed by the way this pie is made! We will have a traditional Bosnjak’s lunch with the local family here. The sun is going down- let’s head to Jošanička banja natural spa city and enjoy the spa evening in Jošanička banja. Overnight in Raška. Till tomorrow!

5日目!ムスリムの家庭でペストリー作りを体験します

今日はオリエンタルなセルビアを体験しましょう。ノヴィ・パザーへと向かいます。ここはムスリムのコミュニティがとても多く、それは街全体が見えた時にすぐにわかるでしょう。
街に中心についたらまず街で最古のベーカリーを訪ねます。バラエティ豊かなローカルのパンやパイを楽しむことができます。街中を散策し、オスマン帝国の残したものを見学しましょう。
そして本日のクッキングクラスはムスリムの家庭でペストリーのワークショップです。このパイ生地の作り方にはきっと驚かれることでしょう!ワークショップの後はローカルの家庭で伝統的なボスニャクスタイルのランチをいただきます。
日が暮れたらJošanička banja、ナチュラルスパシティへ向かいます。スパの夕べをエンジョイしましょう!



Day 6 Can you hear the birds? That’s not your iPhone playing a wake up alarm… Pack and get into the bus as we are heading for a traditional shepherd’s breakfast workshop in “Čatmara” ethno-house. After a strong breakfast we will visit a local producer of dried fruits and vegetables. It is a good chance to buy some souvenirs… Our next station is Studenica monastery, one of the holiest places in Serbia, a monastery dating back from the 12th century and a listed UNESCO world heritage site. Please read about it here. We will have a big honor to have a lunch in Studenica Monastery, and see how the monks live there. If we are lucky we can talk to some of them and ask them questions about life… or whatever you have been wondering about. When the sun starts going down we will head back to the capital. Rest and pack at the hotel… night! Tomorrow is the last day of the tour.

studenica suseno-voce

6日目!伝統的な羊飼いの朝食のワークショップへと向かいましょう。

小鳥のさえずりが聞こえますか?iPhoneの目覚ましではありませんよ!
さぁ荷物をまとめてバスに乗り、伝統的な羊飼いの朝食のワークショップへと向かいましょう。
パワーブレックファストをいただいた後ドライフルーツや野菜を作るローカル生産者を訪ねます。
ここでお土産を買うのもおすすめです。
次の目的地はスタデニカ修道院です。http://whc.unesco.org/en/list/389ここは12世紀までさかのぼるセルビアでもっとも神聖な場所の一つであり、ユネスコの世界遺産にも登録されています。このすばらしい場所でランチをいただけるという貴重な機会をいただけることになりました。修道僧がどのような生活をしているのかを見学し、彼らにその生活について質問することもできるかもしれません。夕方にベオグラードへと戻ります。



Day 7 Hey! It is the last day already… I know. But you’ll come back, we both know it ;). Depending on when your flight is, we will get up early and go… Shopping!!! at the local market: spices, tea, candies- whatever you fancy. And it’s really affordable. When you get your bags stuffed- we will go back to the hotel, pick up your baggage and hop on the bus to get to the airport.


7日目!ローカルマーケットでスパイス、お茶、キャンディー…とにかく安いです! 買い物ツアー

なんと、もう最終日です!残念ですが、きっとまた皆さんセルビアに戻ってくると思っています。
フライトの時間によりますが、早起きして…ショッピングに行きましょう!ローカルマーケットでスパイス、お茶、キャンディー…とにかく安いです! そしてバッグがいっぱいになったらホテルに戻ってパッキングし、空港へと向かいます。
また会いましょう!



Some faces you may encounter… Smile to them, and they’ll smile back!


ヘレナさんと行こう! セルビアツアー2015年 9月19日土曜から26日土曜日 ~3日目、4日目

Day 3 Wake up! Get packed, have breakfast and board our mini bus heading to South West Serbia. We are going to the Maglič Fortress and Gradac Monastery located in untouched natural environment. If you crave nature- lucky you! Wear your comfy shoes as we will hike to get to Maglič fortress at the top of the mountain. Breathe deeply- it is about all the oxygen we get in a month in the city. After we descend we will head to the Gradac monastery and participate in Byzantine beverages workshop with local nuns. You can experience the lifestyle of Orthodox Christian monks, see where they pray, eat and do chores. Of course- we will taste the monastic food! Feeling spiritual? I bet! After the late lunch in the monastery we are heading to Raška. Sleep zZZ!

3日目!修道院での食事を体験します

ホテルで朝食の後ミニバスに乗り、セルビア西部へと向かいます。
手つかずの自然が残るマグリックフォートレスとグラダック修道院を目指します。
歩きやすい靴をはいて山の上にあるマグリック要塞へハイキングを楽しみましょう。
頂上にたどり着いたら深呼吸して山の美味しい空気をたっぷり吸いこんでエネルギーチャージ!
山を下りたらグラダック修道院へ向かい、ビザンチンのベバレッジワークショップに参加します。
正教会の僧侶が祈り、食事し、歌う場所でそのライフスタイルを見ることができます。
もちろん修道院での食事も体験します!スピリチュアルな体験ですね!その後はRaskaへと向かいます。




Day 4 Roosters! Good morning! Let’s have breakfast. Dress sporty- we are going for a morning hike to Golija mountain. It is a natural habitat of many wild fruits and vegetables. And yes! We can do a food collecting tour (picking mushrooms, forest fruits and herbs). Guess what, we will make a fire and do open air cooking class. And EAT! our lunch in the forest. After that we will head to a mountain household to get some rest and have a late supper with natives. You can see how people live in the wild and at times harsh winters. Ask them! They will be happy to share their experiences. When you get tired we will return to Raška. Good night!


4日目!ゴリヤマウンテンに朝のハイキング 野生のキノコ、フルーツ、ハーブを採取して火を起こし、アウトドアクッキングを楽しみましょう。

おはようございます!朝食を食べたらぜひスポーティーな服装で!ゴリヤマウンテンに朝のハイキングです。
たくさんの野生のフルーツや野菜が自生しています。そしてフードコレクティング(食物採集)ツアーです!
野生のキノコ、フルーツ、ハーブを採取して火を起こし、アウトドアクッキングを楽しみましょう。
できあがった食事ももちろん森の中のアウトドアで新鮮な空気とともにいただきます。
その後は山の家庭を訪問し、休憩の後、地元の方々と一緒に夕食です。冬になると時には
とても厳しい条件になる彼らの山での生活をうかがうことができます。なんでも質問してみてください。
彼らの経験を話してくれることでしょう。楽しい食事の後はラスカに戻り、就寝です。

ヘレナさんと行こう! セルビアツアー2015年 9月19日土曜から26日土曜日 ~1日目、2日目

Day 1


WELCOME! You got to Belgrade! In the afternoon, ideally. Transfer to the hotel by mini bus, short rest. To keep awake, you will go for a guided walking tour of central Belgrade with Tamara and Jelena. Have you met Tamara? If not, take a minute to read her bio (For English, scroll to the bottom of the page!). If you were lucky not to meet me, oh well… the moment has come.
Click here . Tamara will tell you all about turbulent history of Belgrade, one of the oldest standing cities of Europe. We will have a break- tasting Serbian coffee and rakija (traditional Serbian plum brandy) in “Rakija” bar. Check out Rakija bar here. Free evening.


1日目 ようこそ!
午後ベオグラードに到着したらミニバスでホテルへ行き、休憩をはさんだ後、タマラと私ヘレナと一緒にベオグラード中心のウォーキングツアーに出かけましょう!

タマラに会うのは初めて?ではぜひここで彼女の履歴を見てください。英語の説明があります。
もし私ヘレナに会うのも初めてなら、ここに私の履歴もあります。


タマラはヨーロッパ最古の都市の一つであるベオグラードの激動の歴史について語ってくれるでしょう。

それからラキヤ・バーで「コーヒー」とセルビアの「伝統的なプラムのブランデー」そして葡萄から作られた甘い匂いのするブランデーの「ラキヤ」をいただきましょう。

ラキヤ・バーの情報はこちらです。http://www.rakiabar.com/home.2.html

夜はフリータイム。






Day 2

Wake up! Time for a morning walking tour to Belgrade. We will visit places we haven’t yesterday.

When you get tired, we will head to the old Belgrade to have lunch at The question mark “?”, the oldest restaurant in Belgrade. Situated across one of the most monumental churches in Belgrade and Serbian Patriarchate for decades this restaurant has stood against the challenges of time. As a reward, it has been listed a historical monument of Belgrade and the legend behind its name is very intriguing… You will learn why while tasting the Oriental Serbian cuisine.


After the lunch we will head to the first cooking school opened in Serbia to participate Medieval Serbia culinary & wine glass painting workshop at “Il Primo” Cooking school. Of course, you can take your glass with you! If you still have the energy we can walk down the Belgrade streets to feel the charm of old European town in the dusk. Time to sleep! To check out the hotel, click here.



2日目 

おはようございます!ベオグラードのモーニング・ウォーキングツアーに出かけましょう!前日行くことができなかったところを訪れます。
それからベオグラード旧市街へと向かい、ベオグラード最古のレストラン‘?’でランチを楽しみます。
このレストランはベオグラードの記念碑のような古い教会の向かいにありセルビアの厳しい時代を生き抜いてきた長老のような存在です。
その結果ベオグラードの歴史的建造物として登録され、‘?’という不思議な名前のバックグラウンドにある伝説には非常に興味をそそられます…
その理由についてはオリエンタル・セルビア料理をいただきながら教えてもらいましょう。



?については
http://en.wikipedia.org/wiki/%3F_(bistro)


ランチの後はセルビアで最初にできた料理教室Il Primo http://www.skolakuvanja.com/で中世のセルビア料理とワイングラスペインティングのワークショップに参加します。ペインティングしたグラスはもちろんお土産に持ち帰ることができます。ワークショップの後まだエネルギーが残っていればベオグラードのストリートを歩き、ヨーロッパの古い町並みの雰囲気を楽しみましょう。ベオグラードで泊まるホテルの情報はこちらです。
http://www.argohotelbelgrade.com/en/hotel-and-rooms/rooms/


ヘレナさんと行こう! セルビアツアー2015年 9月19日土曜から26日土曜日 ~序章


Serbian Gourmet Tales Vol. 2 (SEP 19-26)

FROM PRINCE’S LAMB TO THE ORIENTAL PASTRY (South-West Serbia)

セルビア グルメツアー 第二回 

2015年 9月19日土曜から26日土曜日

昨年の引き続き2015年、本年度もセルビアグルメツアーを開催する運びになりました。

「セルビア南西部の王子のラム肉からオリエンタル・ペイストリーまで」






Located on the crossroad of different cultural influences, Serbia is a place of most unusual culinary interweaving of European and the Oriental cuisines. Thus, in Serbia you can find Wien and Budapest cakes, Turkish kebabs, Mediterranean wine and fruit, Central European noodles and dumplings, but also a wide variety of local authentic dishes and cooking techniques ~ from royal and common citizens’, to monks’ and peasants’ table.

異なる文化的な影響の交差点に位置する、セルビアはヨーロッパの最も珍しいお料理と東洋のお料理の出会う場所です。

オーストリアの首都ウィーンやハンガリーの首都ブダペストケーキ。トルコの串焼き肉ケバブ。地中海のワインと果実。

ヨーロッパ中央部の麺料理やダンプリング(餃子のルーツ)を見つけることができます。

さらに、地元の本格的な郷土料理から宮廷料理さらには農家の人々の食事まで、多種多様なお料理の技術を見つけることもできるのです。



セルビアの人々が自分の家に旅人達を招待しておもてなしをするために料理をすることが大好きです。

同時にイタリアのロマネスク、6世紀頃のいまのトルコを中心に栄えた東ローマ帝国の文化ビザンチン、オーストリアのバロックとハンガリー分離派すべてを
持った国でもあり、それはセルビアの食品や芸術面に多大なる影響を与えました。
美食と芸術の歴史と美食の伝統。それらを知り尽くす専門家「ミセス・タマラ」とセルビア料理研究家「ヘレナ」と共にセルビアの旅しながら一緒に本物の繊細さに触れてみましょう。


Serbia is a country in which people love to cook and eat and most of all to host a traveler in their own home. At the same time, Serbia is a country of equally interesting artistic heritage, place where Italian Romanesque, Byzantine Classicism, Austrian Baroque and Hungarian Secession meet. All these facts make Serbia an ideal destination for hedonists in terms of food and art. Take the journey through gastronomy and culture of Serbia with one of the leading experts for art history and gastronomy heritage, Tamara Ognjevic, and let it become a real delicacy!



続く。。。もしくは英語版

http://tasteofbalkans.com/?p=19

アゼルバイジャンの塩の話


塩の話

アゼルバイジャン料理を教えているスーラさんの実家のほうは塩の産地(海ではなく山の塩)なんだそうです。
アゼルバイジャンの塩味見させてもらいましたが、今まで味見した塩とはまた違う感じ。すごくサラサラしていて
塩の味がマイルドというよりは濃い感じです。余り今迄味わったことのないタイプの塩でした。

スーラさんは秋に戻ってこられるので、次に参加したらぜひ味見させてもらってみてください。





そういう土地柄のせいか塩を贅沢に使うのが好きなようで、そのあたりの人たちの料理は塩味が濃い目だそうで、
スーラさんは日本人向けに塩味が多すぎないように気にしながらつくっているとのことでした。

ところで山の塩なので、植物などにも影響があるらしく、アゼルバイジャンのお肉はそういう草を食べているのですごく美味しいようです。
「いろいろ食べ歩いたけど、アゼルバイジャンのお肉はこの塩の影響で特別な気がする」
とスーラさん。

そういえばフランスのモンサンミッシェルの羊は海水に浸った牧草を食べて育ちます。
そのためここのラムも自然に塩味がついていてとても美味しいです。

塩が与えるお肉の影響。
考えてみると面白いですね

後藤紀子

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter

現在の閲覧者数:

counter 2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR