☆Niki's Kitchen×English Bird 新春お年玉企画☆

=================================================

☆Niki's Kitchen×English Bird 新年お年玉企画☆
15周年記念 第一弾!

今人気の「セブ島留学」の
約10万円分の1週間留学を
Niki's Kitchenの会員さま1名様へプレゼント

================================================

セブ島留学エージェント イングリッシュバード様から

ニキズキッチンの皆様へお年玉プレゼントです

http://www.englishbird.net/

セブの中でもとても優秀な学校で留学費を無料にしてくれることは

まずないそうです。



1名様のみ、この幸せが受け取れます。

平日はしっかり英語のお勉強をして、

週末はセブ島のビーチで現地の友達とのんびり。

ショッピングも楽しいです。


=================================================

日本からわずか5時間の常夏の国、フィリピン
ビーチリゾートやマンゴーで知られる場所は
実はアメリカの統治下にあった歴史があり
日本から一番近い英語圏の国といわれています

そんなフィリピンは格安でマンツーマン授業で
英語が学べるということで
いまや欧米留学を上回るほどの人気とのこと。
2013年は26,000人の日本人が留学に行かれたそうです

1ヶ月 授業&寮費、3食ついて
掃除や洗濯はハウスキーパーさんがやってくれて10万円台〜
1週間から入学ができる手軽さも人気の秘訣とか。
日ごろの家事から解放されて
南国のあたたかい場所で過ごしてみたいものですね。

春休みや夏休みの親子留学はリピーターも多く
3ヶ月前には予約がうまってるそうですので
お知り合いの方でも留学行ったと聞いたことある人も
いるのではないでしょうか?


そんなフィリピンの中でも
比較的に治安がよく初めてのフィリピンや留学する人が過ごしやすいセブ島は一番人気。

成田空港から直行便もあり
韓国系の学校から日系の学校など
30校くらいの語学学校があるそうです。

そんなフィリピン・セブ島へ
Niki's Kitchenの会員さんが実際にが留学をしました。

語学の勉強はもちろんのこと
アジアから集まる人や現地の先生との出会いと交流を楽しんだり
寮生活なので毎日過ごす中で家族のように仲良くなり卒業式ではホロリとしたり
まるで懐かしい青春時代を思い出すような
日本ではなかなかできない体験をすることができ感激をしたそうです。

そのような素晴らしさをぜひみなさんにお伝えしたい!ということで
ニキズキッチンに通う会員さんが留学エージェントを始めました。

もともとNiki's Kitchenを通して海外に興味をもってたそうですが
英語が話せなかったので緊張してしまったり


また、せっかく日本に旅行に来た外国人に道を聞かれたり案内したくてもうまく話せなくて、
とっても悔しかったこともあったそうです。

これからオリンピックを控えて外国人がたくさん日本にやってくると思います。
もっと外国人と話ができるようになりたい!そんな想いから留学に旅立ったそうです。

そして英語が話せるようになったいまでは
Niki's Kitchenの先生が英語で話す
お料理の説明がわかるようになったり
仲良くなれたり
以前とはまったく違った楽しさでクラスに参加できるようになっているとのこと。


きっと同じようにもっとできるようになるといいなぁ〜と思う人も多いかもしれませんね。

==================================================================================================


そこで今回、Niki's Kitchenの会員さんで英語が学びたい方やフィリピン留学に興味のある方に
ぜひ体験いただきたいとのことで
特別に1週間の留学体験をプレゼントさせていただくことになりました

==================================================================================================

学校はセブの中心・セブシティ。(↓学校です)



授業は1コマ50分x8コマ(+夕方以降のレッスン)でみっちり学べるスパルタ校なので勉強したい人が集まってるそう。
明るく面倒見が良い陽気なフィリピン人先生を中心に、アメリカ人の先生もいるそうです。
食事は基本的に韓国料理がメインだそうなので、韓国人留学生と交流もできるかもしれませんね

★★もちろん、日本人の女性スタッフが常駐していますので安心です。★★


今回は通常、授業料&寮費で約10万円のプレミアコースを
留学モニターの方にプレゼントさせていただきます。このような機会は普通はないチャンスですのでぜひご応募ください☆




・条件
20歳以上の女性でNiki's Kitchenのクラスを利用したことがある方
2015年3月〜5月末までに留学可能な方
ご自身の写真を含む留学体験を
ブログやFacebook、SNSでの紹介にご協力いただける方

・プレゼント特典
授業料&寮費約10万円のプレミアコース1人部屋
食事3食、掃除・洗濯、空港ピックアップ料



・注意事項
入学金 100USドル(レートが120円の時は12000円。(レートの変動により変わります))
および教材費、電気代など合計で約5,000円(現地払い)はご負担ください。
航空券・海外旅行保険・現地でのお小遣いは含まれません。
申込時期によっては相部屋になる場合があります。


※ちなみにHISで3月はサーチャージ込みで60000円前後でチケットが往復出ています。
http://air.his-j.com/PH/CEB/

※マイレージなどの飛行機チケット特典を利用するとさらにお得!

☆応募方法はこちら☆

・お名前
・ご住所
・お電話番号
・メールアドレス
・ご年齢
・ご職業
・ブログURL
・Facebook URL
・留学してみたいと思った理由

をご記入の上、info@englishbird.jpn.orgまでお送りください

・締め切り 2015年1月31日

※当選した方のみ、2015年1月末(もしくは2月上旬)までに連絡をさせていただきます。

ご応募おまちしてます☆




Niki's Kitchen×English Bird

セブ島留学エージェント イングリッシュバード

http://www.englishbird.net/

大阪 香港料理教室 (阪急線南千里*吹田市) 1月ご案内

関西クラスのご参加を希望の方はこちらから
①メルマガのご登録をおねがいいたします。クラスアップ時にメールでご連絡いたします
http://archive.mag2.com/0001252252/index.html

②お知らせメール購読もあります
http://www.nikikitchen.com/reservation/teacher.php?teacher_id=165

大阪の吹田市 阪急線南千里 日本語でのクラスです 先生は香港人のキャフィさんです

1月のタイトルは「庶民の味方チャーシュー」


香港で「焼味(シューメイ)」という漢字を書いてある店は焼き肉の専門店です。

こんがり香ばしく焼けた叉焼(チャーシュー)はもちろんのこと、焼肉(ローストポーク)、
乳豬(北京ダック)、白斬雞(蒸し鶏)、豉油雞(醤油鶏)などがあります。 
テイクアウト用に目方か値段分で切り売りしてくれ、地元の人も勤め帰りなどによく利用します。

私の実家付近にも一軒あり、チャーシューは美味しさが有名で焼き上がってすぐに売り切れるほど人気です。
小さい頃からよく食べていた味をレッスンで再現したいと思います。




●咸水角(ハムスイコー)
点心の中から人気のある一品をご紹介します。
香港や中国南部で有名な点心”咸水角(ハムスイコ)。
中華の揚げもち餃子です。
実は香港でも揚げたてはなかなか食べることができません。
これもタイミングのようで冷めるとぐにゃっと柔らかくなってしまいます。
しかし運よく揚げたてに出会えたとするなら揚げたて特有の外はサクサクと、
内側がもっちりとしたほんのり甘い食感。旨味満タンの具と1粒で3度美味しい点心を味わえます。
香港にわざわざ”鹹水角(ハムスイコ)”を食べに行っても揚げたてに出会えるのは稀。
中の餡は豚肉ベースでエビとシイタケが入っています。
餃子のような形に包み込み油で揚げ表面がブクブクしてきたら
できあがり。
ほんのり甘味のある皮と、少ししょっぱさがある肉餡と大変相性の良い一品です。
※実物↓


●手作り油炸鬼(ヤウザーグァイ)
前回のレッスンでの試食は好評を頂き、習いたいの声が多かったので今回のレッスンはご紹介します。
カリカリの揚げの外見と、軽くてコシのある食感。 かみしめるほどに味が出ます。
油條は、小麦粉を少しずつ混ぜて作る中華圏のパン。
といってもパン屋には置いていません。かならず朝食を提供する食堂で作られる個性的なパンです。
「油炸鬼」は、香港でお粥とのベストパートナーと呼ばれます。
おやつとして温かい豆乳と一緒に食べる食べ方もあります。
お粥屋の外の見えやすい所に一本一本、細長い棒状の油炸鬼を置いあって
テイクアウト用にも売っています。
生地の作り方と、上手に揚げるコツを教えします。
※実物↓




●密汁叉焼(香港式本番チャーシュー)
昔のチャーシューは直火で焼き上げていました。時代の進歩によって家庭用のオープンでも美味しく気軽にチャーシューを作れるようになりました。
叉焼は宴会などの前菜、どんぶり(叉焼ご飯)、点心の餡(チャーシューまん、チャーシューパイ、チャーシュー腸粉)など幅広く使います。
このようにマカオ・香港の人々が愛されている甘くで、ジューシーこんがり焼いた叉焼です。
日本のラーメン屋さんで出されるチャーシューはまったく別のものです。
調味料の合わせ方、豚肉は焼いても柔らかく出来る秘訣が皆さんに教えします。
※実物↓



●塩卵(鹹蛋/シエンタン)
塩水に卵をひたして寝かせて作る塩卵。黄身を満月に見立てて月餅の中に入れることも多く、
お粥などと共に朝食でも食べる。塩気が強いので料理の調味料代わりに使われます。
12月のレッスンで使った塩卵は習いたいとリクエストがありました、作るのは簡単です。
ただ浸かる時間がかかります。今回のレッスンでレシピ付き、使う材料と量を教えます。
※実物↓



●父の冰室で出していた港式奶茶(本番の香港式ミルクティー)
香港名物の飲み物と言えば、港式奶茶(香港式ミルクティー)と間違いないと思います。レストランで90%以上のお客さんが注文します。
昔の冰室(ビンサッ)の経営基準は「香滑奶茶」(ヒョンワーッ.ナイチャ)という形容詞あります。濃厚なお茶、香りと柔らかさであることです。
何種類のお茶っ葉を混ぜてレストランによって違います。
父親の協力で冰室(ビンサッ)を使うお茶っ葉と用具を揃えて頂きました。持ち帰り1パックで自宅でも本格の香港ナイチャを飲めます。
レシピが付きませんが、レッスンで伝統的な調理法を見せます。
父親の冰室の奶茶です。本格の香港ミルクティー(香港滑奶茶)
父親の協力して六十年以上開いている我が家のレストラン(冰室)の材料など用事してくれて、
作り方もちょっと教えてもらいました。レストランとして大事な秘密事なので。
おとうさん感謝の気持ちがいっぱいです。ありがとう!
※実物↓


*持ち帰り: 我が家の冰室のレシピで。混ぜたお茶っ葉 -1パック(2杯ミルクティーを作れます)
*白ご飯
*食前: 中國茶―香片(ジャスミンティー)
*食後:港式奶茶(本番の香港式ミルクティー)
*ドリンク:ビールまたはジュース




募集状況
日程:3~5名1クラス  (2015年度)

1月17日  土曜 10:45-14:00 満席
1月22日  木曜 10:45-14:00 満席
1月24日  土曜 10:45-14:00 満席
1月31日  土曜 10:45-14:00 満席



一名3500円






****************************

お申込み nikikitchen@ga2.so-net.ne.jp
まで
お名前 お電話番号 ご住所 人数 受講希望日を添えてお申し込みください
折り返しお振り込み先等をご返信いたします。


****************************


ひさしぶりの大阪教室です。以前大阪でマカオ料理教室を開いてくださっていたユージニアさんのご紹介です。
とてもお料理が上手な人がいるのだけれどまだお子さんが小さいので と当時おっしゃっていました
家で作りやすい香港のご飯をおしえてくださいます。どうぞみなさんよろしくおねがいします

大阪の吹田市に住んでいるキャーフィです。
結婚して来日七年目になります。小さい頃から家族の影響で料理に興味がありました。
お父さんが冰室(ビンサッ)を持っていました(香港の昔からやっているレストランは冰室と言います)
この写真は香港に今もある冰室(ビンサッ)です サントリーの鳥龍茶のcmに使われたり
レトロ感がたっぷりの喫茶店です



お姉さんは料理に大好きで小さいころから毎日料理番組を見て、一緒に見ていた私も料理の基本的の作り方と調理方法を一緒に勉強しました。
主婦になってキッチンにいる時間が一日で半分以上です。家族のために、様々料理毎日作っています。料理は香港の家庭料理がメインです。
この中で私の発見は簡単な料理でもポイントがわかると美味しくなります。得意料理は福建チャーハン、大根もち、揚げワンタン等です。
今、箕面の国際交流センターでの月数回シェフをやっています。作るだけではありません。
メニューから食材まで一人で考えます。ここでいろいろ勉強になりました。
お客さんが私に親指を立って「OK! めっちゃおいしいと」と言ってもらった時が最高にうれしいです。疲れてもすぐ元気になります。

料理教室でカフェのメニューなど家で作りやすい香港料理を皆さんに紹介したいと思います。幸せで満足の笑顔で「おいしい」と聞きたいです。
皆さんと会えるのを楽しみにしています。


https://www.facebook.com/#!/profile.php?id=100006446951639

http://www.nikikitchen.com/reservation/teacher.php?teacher_id=165


* 3名集まれば別の日にちに開催致します。ぜひご相談ください
* 料金は3500円(食材費込み)
* 人数は3-5名1教室
* 言葉: 日本語 レシピ付
* 待ち合わせ場所 阪急線南千里駅改札(大阪府吹田市)
* クラス開催場所 香港人キャーフィさんのおうち

貝印さんでの台湾の柯俊年シェフの台湾向け新商品実演  調理編


台湾の柯俊年シェフの実演による 台湾向け新製品調理器具を使った メニューはこちら

●お正月など目出度い席で食べる 「まながつおビーフン」

●”揚げ卵”を利用した「煮込み白菜」

●”揚げ卵”を利用した「福菜肉団子」

●「五味醤」

●「福円おこわ」



の五品です。



■まずは揚げ卵(台湾では”卵カス”といわれています)  

溶き卵をたっぷりの油で揚げたもので、

春巻き、炒めもの、蒸しものなどの隠し味に使われます。


「なぜ溶き卵を揚げるの?」


その答えは

「卵の持つ独特の臭みを消すため」


ニキズキッチンでも陳先生が金鈎冬白菜(ジンゴードンバイツァイ) - 「干し海老と 白菜の和え物白菜と春雨、パクチーと干し海老をアッサリと和えた一品」

で作り使いました。



「卵カス」の作り方ですが、中華鍋に、たっぷりの油を注いで、溶き卵を網で漉しながら

菜箸で油の中の卵をくしゅくしゅに混ぜ合わせて薄茶色になるまで揚げます。








■次に台湾の「揚げ葱」です

中華鍋にたっぷりの油を注ぎ、そこにたっぷりのエシャロットのみじん切を投入します。

エシャロットがカラッと仕上がったら フライバスケット(ざる)で引き上げて

フライド・エシャロットとエシャロット油のできあがりです







この卵カスそして揚げた油葱(フライド・エシャロット)も最も台湾らしい薬味で

それが作りやすいように設計されていました。








■この調理器具は同時に2つの調理ができます。

たとえば今回のように、白菜料理と福菜肉団子を一緒に火にかけます 

時間もガス代も節約できます。




■ふたつのお料理が同時にできました








貝印さんでの台湾の柯俊年シェフの新商品実演


昨日は貝印さんの年に一度の新製品発表会でした。

一番目についたのはこちら。「劇的眉ハサミ」です。クシ付ハサミです。

「わかる!これはわかるけれど まさか商品になるとは思わなかった」というわけで

大ヒット商品で発売されてから1000万個売れたそうです (男性用 左利き用をあわせると1100万個)



そして新商品ではありませんが、一緒に新製品発表会を周った方が料理研究家のかたで 趣味は包丁収集。

数々の包丁を集めてきた中で一番良かったのはこちら 貝印さんの「ダマスカス 三徳包丁 "旬”」

これ1本あれば一生ものだそうで、研ぎながら長くおつきあいできる最高に便利な包丁 とのことでした。

自分の心が指先までつたわるような大変切れ味のよい包丁。

ちょうどNHKのカンブリア宮殿でも紹介され、入荷待ちのものもあるという大変人気のある包丁です。








そしてもうひとつ、今回の商品発表会の後に、台湾の柯俊年シェフの新商品実演のアジア向けキッチングッズの発表会に参加をしました。

アジア向け。台湾、中国、香港など中華圏に向けた 新製品です。 (※日本未発売 現段階では台湾で発売予定。)

どんな商品化というとこちら。





貝印さんと台湾のテレビ番組で共同開発した調理器具だそうで

中華鍋、中華せいろ、火鍋が1セットになった調理器具です。



こだわりはというと

●シリコン付の蓋。密着性があり30分蒸しても中の水がなくならない「無水鍋構造」

●シリコンなので取り替えできる

●中華鍋と中華せいろを2段のせて別々の調理が同時にできる

●上の鍋には鶏が一羽はいりそのまま蒸せる






●強火に対応できる

●中華鍋にぴったりとフィットする「フライバスケット (籠)」





●鉄なべ、蒸器、鍋、中華の蒸す、焼く、煮るを全部一度にできるそうです。







話は変わりますが こちらはニキズキッチンのウクライナ料理教室のヴェラさんの家で見つけた

「パナソニック製 ウクライナ使用の炊飯器」

シチュー、発酵、蕎麦、オーツ麦、米とボタンがあって 

たとえば オーツ麦と具を入れて「オーツ麦」のボタンを押すと

15分で自動でウクライナのオーツ麦のカーシャ(お粥)ができるそうです

日本のメーカーさんらしく細かい設計で面白い







調理編へ続きます。

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR