一緒にセルビアのバイオリンのコンサートに行きませんか?

ネマニャ・ラドゥロヴィチ
http://aspen.jp/artist/violin/nemanja-radulovic/

2013年10月21日(月)18:30開場 19:00開演
東京オペラシティ コンサートホールにて
S席7000円

ネマニャ・ラドゥロヴィチは、1985年旧ユーゴスラヴィア(現セルビア)生まれ。
15歳でパリ音楽院に入学しフォンタナローザに師事。

凄まじい演奏、ジャンルを超えた新時代のスター、無伴奏の世界 深さ等
日本で大絶賛を受けている彼らのコンセプトは

「もっと気楽にクラシック音楽を楽しんでほしい」

彼らの白熱のライヴ・パフォーマンスを一緒にみにいきませんか?

曲目は「悪魔のトリル」

ヴァイオリン・ソナタ ト短調(ヴァイオリンソナタ トたんちょう)、通称「悪魔のトリル」(あくまのトリル)は、
ジュゼッペ・タルティーニが作曲したヴァイオリンソナタであり、彼の作品の中で最も有名な傑作です。
タルティーニが夢の中で悪魔に魂を売って伝授されたという伝説があることから「悪魔のトリル」と呼ばれるようになりました。



興味のある方はヘレナまでメールをお願いします

jelenajeremic@yahoo.com

連載第二回:世界のお菓子【モロッコのお菓子色々】 | ニキズキッチン英語料理教室

連載第二回:世界のお菓子
【モロッコのお菓子色々】 | ニキズキッチン英語料理教室

日本ではメジャーではありませんが「モロッコのお菓子」は、丁寧に丁寧に作られています。


可愛らしい形のそれらは、どのお菓子にもかならず名前がついていて。

誰が作ってもその形にできるように「レシピ」がちゃんと存在します。

モロッコの人々はお菓子の作り方をとても大切にしています。

クラスでは毎回ひとつずつ しっかりと最初から教えます。

貴重なモロッコ菓子のおそわる時間、世界でも中々ありません。


■レセヌ・テル<鳥の舌の形のクッキー>
モロッコの数ある芸術的なお菓子の中から夏向けのものです。
フランスの伝統的なデザート「チュイール」のように、とてもデリケートで軽いお菓子です。 



■ハロワ べル フォルマジュ<クリームチーズとココナツ入りクッキー>
モロッコ菓子のハロワです。モロッコのスークにいくとお菓子の屋台に出会うことがあります。
ここに置いてあるのはアラブの影響を受けたもの。昔ながらの手作り菓子です。




■ハロワ マスロカ マクリヤ<レモンと蜂蜜風味の茹で揚げたクッキー>
まわり薄くホイルをかけたようなカリッと中はスポンジのようにしっとり。
揚げたニョッキのような柔らかさのお菓子でつるっと口の中に運べます。
さてクッキーとはいっても土地柄バターは使われません。レモンと蜂蜜風味です。 



■ナベド
モロッコの伝統的な食事の締めは新鮮なフルーツという決まりがありますが、午後のティータイムといえばモロッコのクッキー。カリカリした豊かなリボンの形をアーモンドのお菓子は、あなたの歯と舌を甘く満たすためのもの。

 

■ハロワト ワルダト エル ヤスミン<ジャスミンのお花>
ジャスミンの花の形のクッキーの中にアーモンドぺーストを詰めたお菓子。
アラブの国ではジャスミン(ヤスミン)は女の人の名前。その優雅な香りから結婚式のお花としても良く使われます。



■マホコカ<セモリナケーキ>
セモリナ粉といえばパスタに使われることも有名ですがケーキにすると独特の食感が生まれます



■ハルシャ ベル ファキハ<モロッコホットケーキ:2種>
今回はセモレナ粉で作るモロッコのホットケーキを2種ご紹介します。カスタードクリーム&フルーツ味、そしてバター&ハチミツ味。 キツネ色に焼きあげた可愛らしいホットケーキに、新鮮なフルーツとカスタードクリームをたっぷりのせたものそしてバター&蜂蜜の2品。 




■モロッコラマダンの蜂蜜クッキー<シュバキア>
ほとんど日本では見ることがないかもしれません。とても独特なモロッコのデザインのお菓子です。
薄力粉とパウダ-状にしたナツを混ぜて四角く整形して五箇所に切れ目を入れその切れ目の間に生地を通して作ります。
まるで縫物をするようにして作るシバキヤですが、ラマダンの時に毎日食べます。そのためラマダンの時期はシバキヤの香りが町を漂っています。
モロッコ独特の複雑なテクスチャーをしていて かわいい形にしあがります。ハチミツに漬け込むのでしっとりとした味わいを楽しめます。 




■ハロワ。エルギルガア<クルミ型のチョコレート> 
アフリカ大陸のはじにある、のどかなモロッコ。クルミの型に生地を入れて火にかけて焼き、詰め物を作りチョコレートで張り付けます。お菓子屋さんクルミ型のチョコレート。クルミのお菓子なので中にはもちろん細かく砕いたクルミも詰まってます。 





■マアモウル・ベ・トッファフ<リンゴ入りお菓子>
「マアモウル」とは菓子を成型する際に用いる木型のことで独特のアラビック模様が浮き出るように制作されています。
和菓子や中華圏の月餅の型と同類です。家庭のお菓子道具として一年を通して使われますが、特に12月に行われるユダヤ教の人たちの祝日ハヌカや、
プリムのお祭り。イスラム教の人はラマダン明けの日に食べる、断食後のお菓子、ラマダン月の楽しみとして愛されています。
生地の中にリンゴの煮つめたものを詰めマアモウルの型で形を整た、小さなペストリーを作ります




■ハロワ・エルコキヤジャ<貝の形をした手作りシーシェルチョコレートのアソート&3種のクッキー>
モロッコといえば濃厚なショコラ(=チョコレート)。貝の形をしたシーシェルチョコレートを手作りして、その間にアーモンド味、ざくろ味、ミント味の生地を詰めていきます。
綺麗にチョコとチョコの間に詰め物を挟むコツをここでは学びます。アラブのお菓子とミントティーをモロッコでは良く一緒にいただきますが中でもミントティーとショコラも組み合わせがとても良いのです。

 


■タアバンルゼザ エルカデ<アラブの裁判官のタアバン>
細い生パスタを作りこれを棒に巻きながらつくりあげる伝統のお菓子。モロッコではコーヒータイムや日曜日の朝ゴハンに食べます。 エジプトではこの生地からコナファというお菓子を作ります。
モロッコでは「オシボルボル(小鳥の巣)」か「カタイフ ベ ファワケホ ヤブサ(親指の大きさの細かい糸をぐるぐると巻いた糸)」を作ります。 



■カタイフ ベ ファワケホ ヤブサ<親指の大きさの細かい糸をぐるぐると巻いた糸>

■オシボルボル<小鳥の巣>




■ルゲファト マクリエン<モロッコの揚げクレープ>
モロッコを旅したら絶対に食べてほしいのがこのパンケーキです。パンケーキは実に20種類以上も種類があり、 ひとつひとつ粉の配合も作り方も、色つや、舌触りも異なります。
「ルゲファト マクリエン」はモロッコの伝統的なパンケーキの一種でクレープのような生地をしています。折りたたんだ生地を揚げることから、どこか中国の葱パイに似たような感じがします。
蜂蜜バターをかけて食べるととても美味しいんですよ。 




モロッコのお菓子制作:マリカ(ニキズキッチン・モロッコ料理教室講師)



プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter

現在の閲覧者数:

counter 2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR