人類とコーヒー発祥の地エチオピア

板橋区、東武練馬駅に住む、エチオピア人ローズさんに会いに行ってきました。



ローズさんに会うまでは 「エチオピア」についての知識がまったくなくて

他のアフリカ諸国に多くあるような、ピーナッツシチューやトマトのシチューをオカズにしているのかなぁ...

と漠然としたイメージを持っていました。



彼女に会う前に、サイトでエチオピア料理を調べると

「エチオピア料理は海外で評価が高く、世界中にファンがいると言う」

「イスラエルで食べて以来虜になっていた」


とか



「日本のエチオピアレストランで食べたら がっかりだった」

「日本のエチオピアレストランで食べて すごく感動した」



とか



とにかく賛否両論でした。

だからあえて、何もイメージを持たずして 会いに行きました。



さてエチオピアですが 東アフリカにあります。




対岸にアラブ半島があり、ケニアやスーダンに囲まれた国なので 「暑い」イメージがありましたが

高地も多く、首都のアジスアベバは 高地2400mの土地にあり 世界で最も気候の良い都市のひとつなんだそうです。



そしてエチオピアは日本と同じように、植民地化されたことがありません。唯一何千年の歴史の中で2年間だけイタリアに

占拠されたことはあったそうです。




多くを植民地化されたアフリカの地で、植民地にならず他国からの干渉の危機にさらされることなく、その文化を守ってきたこと。

資源を枯渇させることなく継続させていることは、エチオピアの人々の持つ世界観が重要な役割を果たすと考えられています。

エチオピアのGNPは日本の1/400。決して裕福ではありませんが たくさんの独自性を持った国です。

たとえば、エチオピアの人々ですが「お互いの口に食べ物を運ぶ事で愛情を表現」をするんだそうです。



だからローズさんは「エチオピア」は世界のどこにもない国。

と誇りを持ってたくさんのことを教えてくださいます。




エチオピアの人の母国語は「エチオピア語」です。

どんな文字?と聞いたら ローズさんの持っている聖書を見せてくださいました

そこには「楔形文字」のようなものがずらり。


エチオピアは人類発祥の地といわれていて、1万年以上 農耕を保ってきた地域でもあります。

有名なのはシバの女王伝説

そしてカルディコーヒーファームのヤギさんです。



昔エチオピアのヤギ飼いカルディくんが、赤い実を食べたヤギが

興奮しているのを発見、それがコーヒーの発見なんだそうです。



エチオピアにとってコーヒーはとっても重要で 

コーヒーセレモニーという儀式があります



これは生のコーヒー豆を炒るところから始まり1時間かけて 珈琲を入れるもので

いわゆる茶道のコーヒー版



「このコーヒーを飲むと、ほかのコーヒーがのめなくなるわよ」

とローズさん。



それからお料理!これもすごい面白かったです。

エチオピアの主食はインジェラという もちもちっとしたクレープで

ほんのり酸味があり とっても美味!



この上に「ワット」と呼ばれる 様々なお料理をのせて、手食でインジェラをちぎりながら お料理と一緒に

召し上がります。



このお料理は「ドロワット」と呼びます。エチオピアのお祝いの席にはかかせないお料理で

かならず鶏を一羽、まるごと料理に使うのが特徴です。





最初テーブルにお料理がのせられたとき

「わぁすごい インド料理みたい」

といったらローズさんに

「インドじゃないわよ。 わたしはいろいろな国のお料理を食べたし たとえばメキシコ料理のレストランでも働いたけれど

エチオピアのお料理に一番メキシコ料理に似ているの」


たしかに「ドロワット」はメキシコのモレの味すごくよく似ています。

メキシコはトルティヤにモレや豆の料理を食べるけれど

エチオピアもインジェラにモレのようなドロワットや豆料理をのせます。



以前メキシコのルシオにモレを習ったときに

たとえばいれる材料が 、ロメインレタスだったり 胡麻だったり ラディッシュの葉だったり どういう発想で材料を

選んでくるのだろうと疑問???ばかりだったのですが

エチオピアもメキシコも超古代文明を持つ土地。

この2つの国の料理の「味」に対する共通点は偶然ではなく

その昔、人々が長い年月をかけてエチオピアからメキシコに移動して、

メキシコで取れる食材を使ってエチオピアのお料理を再現したかった結果なのかもしれません。


お料理はボリュームたっぷりですごく美味しかったです。

家に持ち帰って家族に何も言わず たべさせたところ

「メキシコ料理 ひさしぶり」

と嬉しそうに食べていました (注:テックスメックスのメキシコ料理ではなくルシオやミレーニャの作る本場のメキシコ料理です)

でも使ってる食材はメキシコのものとは全く異なります。


ぜひ皆さん楽しみにしていてくださいね



















Park san's Hello polaire party and 壮行会 farewell party


Park san's Hello polaire party and 壮行会 farewell party

*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-​*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
Date: 10/26(wed), anytime between 17:30~19:30 and 10/27(thur) 10:00~12:00
Place: Grand Hyatt Hotel in roppongi #734
Drinks and snacks will be provided!
please come to see me and my baby, polaire!

Park san family have to leave on this Thursday night because of her husband urgent meeting.

Park san message" Hope you can come. 会いたいです!!"

セカイのきんぴら

フードスタイリスト飯島奈美さんとニキズキッチンの先生達が
ご一緒にお仕事をさせていただいたアエラ掲載の「セカイのきんぴら 」

が単行本になります。
10/25 朝日出版社から発売されます。

一足先に本が届きました。どのお料理もとても美味しく作りってみたいレシピがたくさん掲載されています。

冷蔵庫にある野菜や卵、魚介やお肉、フルーツを使って
何か一品 副菜を作りたい!という時に役に立つ珠玉のレシピです☆

ずばりとっても実用的な1冊です。 食材が豊かで味がぎゅーーと染み込んでいて

ししとう、空豆、にんにく、じゃがいも、ニンジン、大根、茄子、玉ねぎ、ブロッコリ、パプリカ、ズッキーニ、トマト
卵に豆腐、じゃこにイカ、タラコに海老、バケット、パイナップル、牛肉etc...

どうか皆さんの食卓にセカイのきんぴらが乗りますように。

↓現在予約受け付け中です

http://www.amazon.co.jp/gp/product/4023309990/ref=as_li_tf_tl?ie=UTF8&tag=nikiskitchen-22&linkCode=as2&camp=247&creative=1211&creativeASIN=4023309990





掲載レシピ
●印は飯島奈美さんとNiki's Kitchen の先生達が一緒に仕事をしたレシピです。

目次のご紹介☆

はじめに………………………………………………2

アジア・アフリカ・南米のきんぴら
Story 01 中国
豆腐干と豚にら炒め…………………………………8
Story 02 台湾
●涼拌海帯絲……………………………………………10
Story 03 台湾
●茶葉卵…………………………………………………11
Story 04 香港
●腸粉……………………………………………………12
Story 05 香港
●野菜水果巻……………………………………………13
Story 06 韓国
●ししとうとじゃこのポッカ…………………………14
Story 07 韓国
●キョジャチェ…………………………………………15
Story 08 韓国
●緑豆ブチム……………………………………………16
Story 09 韓国
●みかんの水キムチ……………………………………17

コラム 韓国を食べ歩きました…………………………18

Story 10 カンボジア
牛肉サラダ……………………………………………22
Story 11 タイ
●きのこサラダ…………………………………………23
Story 12 タイ
●カイルークイ…………………………………………24
Story 13 インドネシア
●タフイシ………………………………………………25
Story 14 インドネシア
●ローヘイ………………………………………………26
Story 15 ベトナム
ノム……………………………………………………28
Story 16 スリランカ
ミックスサラダ………………………………………29
Story 17 イラン
●クク・モルク…………………………………………30
Story 18 モロッコ
●玉ねぎジャム…………………………………………31
Story 19 エジプト
いかサラダ……………………………………………32
Story 20 ペルー
●セビッチェ……………………………………………33

コラム セカイでみつけた調味料……………………………34

ヨーロッパ・アメリカのきんぴら
Story 21 アメリカ
コールスロー…………………………………………40
Story 22 イギリス
●スイート・ガーリック・エッグプラント…………41
Story 23 イタリア
ドライトマトのマリネ………………………………42
Story 24 イタリア
万願寺唐辛子のにんにく炒め………………………43
Story 25 フランス
キャベツのブレゼ……………………………………44
Story 26 フランス
いんげんのポワレ……………………………………45
Story 27 ベルギー
●チコリのグラタン……………………………………46
Story 28 ノルウェー
ズッキーニのスフレ…………………………………47
Story 29 ノルウェー
グリーンピースのスープ……………………………48
Story 30 ハンガリー
サワーチェリースープ………………………………49
Story 31 スペイン
ソパ・デ・アホ………………………………………50
Story 32 ウクライナ
ボルシチ………………………………………………51

コラム セカイを食べ歩きました……………………52

セカイのいろいろなソース
Recipe 01 シンガポール
●バタープロウン………………………………………56
Recipe 02 コロンビア
●空豆のオガオ…………………………………………56
Recipe 03 イラン
●なすのトマト煮………………………………………57
Recipe 04 メキシコ
●ビーフサルサタコス…………………………………57
Recipe 05 エジプト
ヴァージンガントム…………………………………58
Recipe 06 インド
パイナップルチャツネ………………………………58
Recipe 07 メキシコ
●エンチラーダ…………………………………………59
Recipe 08 ハンガリー
きゅうりのサラダ……………………………………59
Recipe 09 中国
涼白肉…………………………………………………60
Recipe 10 高知
おくらやっこ酒盗味…………………………………60

日本のきんぴら
Story 33 青森
みそ貝焼き……………………………………………62
Story 34 岩手
たらこ煮………………………………………………63
Story 35 岩手
ほろほろ………………………………………………64
Story 36 東京
私のきんぴらごぼう…………………………………65
Story 37 石川
油揚げの魚醤焼き……………………………………66
Story 38 京都
九条ねぎのさっと炒め………………………………67
Story 39 愛媛
じゃこ天とひじき煮…………………………………68
Story 40 高知
うぐいの酢びたし……………………………………69
Story 41 高知
かつおの塩たたき……………………………………70
Story 42 高知
かつおのなめろう……………………………………71
Story 43 佐賀
のりサラダパスタ……………………………………72
Story 44 長崎
いかの黒味和え………………………………………73

コラム 日本を食べ歩きました…………………………74

きんぴらの王様
Recipe 01 カナダ
にんじんのメープルグラッセ………………………78
Recipe 02 モロッコ
●にんじんサラダモロッコ風…………………………79
Recipe 03 中国
にんじんサラダ四川風………………………………79
Recipe 04 フィリピン
アチャラ………………………………………………80
Recipe 05 カンボジア
漬けもの………………………………………………80
Recipe 06 青森
にあえっこ……………………………………………81
Recipe 07 長崎
大根の酢和え…………………………………………81
Recipe 08 スペイン
ほうれんそうソテー…………………………………82
Recipe 09 ネパール
サーグ…………………………………………………82
Recipe 10 ネパール
アチアル………………………………………………83
Recipe 11 パキスタン
アルパラック…………………………………………84
Recipe 12 インド
サモサ…………………………………………………84
Recipe 13 ペルー
●パパ・ア・ラ・ワンカイナ…………………………85
Recipe 14 ロシア
じゃがいも粥…………………………………………85
Recipe 15 アメリカ
マッシュポテト………………………………………86
Recipe 16 ウクライナ
ヴァレーニキ…………………………………………86
Recipe 17 スペイン
たこのガリシア風……………………………………87
Recipe 18 北海道
じゃがいも餅…………………………………………87

おもな材料別さくいん………………………………88
調味料辞典……………………………………………90
おわりに………………………………………………94

ラトーニャさんから 11/23 サンクスギビング感謝祭のお知らせ

ラトーニャさんのクラスに参加経験のある方を対象にした募集になります。

●11/23 16:00-
●場所 ラトーニャさんの御自宅にて直接ラトーニャさんのご自宅にお越しください
●無料:ただしポットラック形式のため、ワインや、手作り料理、買ってきた料理やデザートを1品以上お持ちください。
●ラトーニャさんから提供されるお料理
ディープフライドターキー
ハム
ドレッシング
マック&チーズ
他色々

●ご参加される方の出欠確認はありません
●参加資格はラトーニャさんのクラスに参加経験のある方のみとさせていただきます☆
参加経験のないご友人の方を連れてこられること、代理での参加はできません。


Also November 23 David and I are hosting a Traditional Thanksgiving party at our home
from 4pm until. No cost. Its our way of saying thank you to everyone for being a part of ours lives.
They don't have to bring anything but are free to add to the menu with their favorite dish, desert or bring drink.
Some of the menu will include
Deep Fried Turkey
Ham
Dressing
Mac & Cheese
Etc.
Its a holiday so I hope you and some of the students can join

シンプルに暮らす外国人の収納とインテリア

シンプルに暮らす外国人の収納とインテリア
が発売されました。

●毎年、インターナショナルスクールのフードフェアで午前中に売り切れ完売のデンマーク人キアさんの絶品シナモンロールのレシピ

(キアさんは現在北京に在住)

●デンマーク人キアさんの家の娘さんのお部屋や、インテリアのこだわりなど

●アメリカ人ロバートのキッチンの構造の秘密 そしてバーベキューとアメリカのカントリークッキーのレシピ

●アメリカ人キャシーさんの伊豆にある別荘とお菓子のレシピ

などなどが掲載された素敵な本が販売されました。現在有隣堂などの大型書店に並んでいます





そして、クラスにご参加をいただいている韓国ラバー えみこさんが編集された本が発売されました。

韓流ぴあグルメ (ぴあMOOK)

●新大久保~大阪まで 韓国料理のお店が141店舗網羅されています




●フランス料理教室ジャックの簡単な材料でできる フランスの生活感たっぷりの家庭料理のレシピ本です(ジャックのレシピは本の一部に掲載)

笑顔になれる美味しいプロヴァンス




●台湾料理ソホン先生(現在お引越し中のためクラスは来年からスタートです)、韓国料理ミンジョン先生、アメリカ料理ロバート先生、ペルー料理ソフィア先生、コロンビア料理カミラ先生、
海外に移住されたメキシコ料理ミレーニャ先生(現在アメリカ在住)、ドイツ料理タチアナ先生(現在スイス在住)、デンマーク料理キア先生(現在北京在住)、ベトナム料理カレン先生(現在アメリカ在住)
のレシピ本も発売中です

旅する料理教室

アリノさん おかえりなさい


イタリア人アリーノさんが1年半ぶりに戻ってきました。

クラスの間中ずっとニコニコしていて「お料理教室ができて楽しい」を連呼していました。

根っから、人と触れ合いながらお料理を作るのが好きなようです

そしてお休みの間にいただいたメールやレストランに来てくださった人も

みんな覚えておいででした。




今回のメニューは
*ニョッキとポモドーロソース
*モッツァレッラ コン ペペローネ コンサルサ ペストソース
*トスカーナ地方のお菓子カントゥッチー二



アリノさんのお料理の特徴は材料がシンプルなこと。
野菜、小麦粉、卵、チーズ。

これらを組み合わせながら「作り方の手の加え方」で様々に変化する
イタリア料理を教えてくださいます。 

基本に忠実なので、じっくりイタリア料理を知りたい人向きです。


アリノさんの家に生えている生の月桂樹です




今月のニョッキに使う基本のポモドーロ。トマトソースです。

このソースは本当に基本中の基本で、炒めた玉ねぎとニンニク、月桂樹、オリーブオイルとそして

トマト缶をじっくり煮込んで作り、味付けは塩コショウのみ。

すごいシンプルで装飾がまったくないだけに「原野」的なソースです。



ここにエッセンスを加えることで

これに唐辛子を入れればアラビアータ。

魚介を入れればペスカトーレ。

オレガノをいれてマリナーラ。

ピザのベースにも、魚介や肉料理のベースにも変化していきます。




アリノさんがトマトソースを作ってね というと

これをまずは作ります。

初回なので基本のトマトソースを作りました。

原野の味、日本でいうと味噌を入れていない 出し汁の感覚。

ポイントは、じっくりと弱火でぐつぐつと煮込むこと

これがちゃんと作れることが大切です。




ニョッキです。ニョッキの形作りもいろいろあって、「若手のシェフが好む形」「伝統的な作り方」
など様々なシェープをみせてくださいました。






前菜の

「パプリカとモッツァレッラ のジェノベーゼソース
(モッツァレッラ コン ペペローネ コンサルサ ペストソース)」



イタリア人の大好きな「苦味野菜」のお料理でした。

エンダイブやら、ラディッキオやら イタリア人は苦味が好き。

イタリアには苦みのある野菜が沢山あって、彼らは苦味を楽しむ習慣があります。

日本酒にフキノトウのほろ苦さ、セリ、ウドの香りなどが合うように

そして私たちが大好きなように、イタリアの人もワインに苦味を合わせるのが好きなんですって

ここではジェノベーゼを作りました。とっても上品な味。

これもポイントはブレンダーで作るのですが混ぜすぎないこと。

混ぜすぎると色が黒くなってしまうそうです。

そして繊維が全部細かくなってしまうと味わいも面白味が消えてしまうんだそうです

ここもポイントは「ゆっくり 少しずつ」です

イタリア人大好き 苦味野菜の前菜↓










トスカーナ地方のお菓子カントゥッチー二です

ビスコッティとの違いはビスコッティはベーキングパウダーが入ってないのでもっと固い

カントゥッチー二はビスコッティよりソフトです。

作り方は一緒。

「コーヒーに浸して食べると美味しいよ」といって食べ方を教えてくれました。





次回のクラスは11月後半に行われます。

10月の終わりに日程がわかるそうなので、10月の終わりに募集を開始します。

次回は「オレキエッテ」

イタリア半島のかかとの部分「プーリア州」のパスタです。

ブロッコリーソースと合わせるのが基本的な食べ方で、ブロッコリーソース

と合わせます。

作り方が面白く、昔ながらの製法を体験できます。



そしてワインケーキと前菜1品、アリノさんのサラダの4品です。


プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter

現在の閲覧者数:

counter 2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR