ギリシャ料理 エーゲ海の島々のお料理

ここ1年で、地中海や中央アジアの先生が増えました。


アメリカの某f*cebookに転職をしてサンフランシスコに引っ越してしまった
イスラエルのヨナタンさん

トルコのオスマンさん ペルシャのさとみさん ベンガルのタヒアさん
そしてセルビア・ギリシャのヘレナさん

今回はヘレナさんのクラスのお話です

9月のテーマは「エーゲ海の島々のお料理」
日本ではまずお目にかかることのできな珍しいお料理をたくさん
紹介してくださいました。そしてひたすら感動して帰ってきました




●まずはクレタ島ラスクサラダ:ダコス
ギリシャのスーパーで良く目にする少し硬めのラスクのようなパンのことです。
固くてそのままでは食べれないため、スライスしたダコスは、水でまず湿らせます。
5分くらいしたら、上にフェタチーズやトマトを飾ってオリーブと一緒にいただきます。
ギリシャでは切手も発売されています。


「水で湿らせたパン」はまず味わったことのない味。
固さの中に ひんやりとした、とろけるような食感が混ざり合っています。






●サガナキ(ギリシャ風焼きチーズ)です。
ナショナル麻布でも売っている「ハローミ」という種類の羊乳・山羊乳・牛乳から
できたチーズで、塩っけが特徴的です。

かならず切った後、①水にさらす②小麦粉につける③また水にさらす④オリーブオイルで焼く
の工程でつくります。こうしたことによりコーティングがよりクリスピーになります。



レモン汁をかけていただきます。塩っけが癖になるお酒のほしくなる味です



●ムサカです
上にとろとろのチーズがかかった茄子のグラタン のようなものをイメージしていましたが
まったく違いました。 下準備が大変丁寧であっさりしたお料理です。
一手間のかかる料理なのでギリシャでも特別な日にのみ作られます。

スライスした茄子は塩をたっぷりと書けて水に30分つけることで しんなりとさせます
しんなりした茄子は水で洗って塩分を落として キッチンペーパーで水分をふきとります。
油をしっかり落としたボロネーゼソースは最後に白身をいれることで固まりやすくします。
ベシャメルソースは生卵を仕上げに加えることでコクを出します。
そんな数々のコツを丁寧にヘレナさんは教えてくれました。
サーブされたのは一人一個。その1個は胃に入らないだろうと思うくらい、とても巨大だったんですが
完食。






●最後も素敵でした。カイマキ(マスティック風味の粘り気のあるアイスクリーム)です
マスティック風味のアイスクリームをギリシャではカイマキと呼んでいます。
アイスクリームなのに、良く伸びる。
粘り気があるのが特徴で、その秘密は中に入るマスティックにあります。

古代ギリシャの時代から人々の健康を支えてきたマスティック。現地では「キリストの涙」と呼ばれる
この食材は、キオス島原産の低木マスティックの樹液を原料とした天然の食用のガムのこと。

天然の食用のガムマスティックが収穫できるのは世界でもエーゲ海に浮かぶヒオス島に限られているのですが、
島の中でもマスティックの木が唯一樹液を吹き出す土地はさらに限られています。
その限られた土地のある村ではおばさんたちが、ナイフ一つで木から樹液を選定しています。

マスティックで作られるカイマキは粘りがあるのが特徴で、
バクラヴァ(パイのシロップ漬)と同様に1960年代に生まれた古き良きギリシャの製菓スタイルのお店
「ザハロプラスティオン」で売られる代表的なお菓子です。
夏になると季節限定で銀のボールに入ったカイマキを売り出します。




上がマスティックの粒が入った缶。ミルクに溶かしながら作ります。
実は日本で売っているトルコの伸びるアイスは ほとんどは化学薬品をつかったフェイク。
本物は売っていないという話を聞きました。

本物のカイマキはひんやりと、とろとろ~としていて、たとえようがないのですが
とにかく美味しかったです。


横浜中華街 双十節のパレードに参加しませんか?

あなたも10月10日の双十節に参加しませんか。

当日、中国民族衣装を着てパレード参加。(写真参照)

集合時間は、決定しだいHPに掲載。

http://kakyonet.com/dtf/tenth_festival.html

または、連絡いただいたかたに、メールにてお伝えします。
また、パレード以外でも警備や、その他ボランティアも募集しています。
興味のあるかた、メールください。 お待ちしております。
(人員の都合上ご希望に添えない場合があります。ご了承いただきますようお願い申しあげます。)

興味のあるかた、中華街のご担当者の方に下記ページからお問い合わせください

http://kakyonet.com/contact/contact.php

締切間近!ルーマニア大使館イベント ワイン1本お土産付  他

イベント情報を入手しましたのでお知らせします↓

●スリランカフェスティバル2011「スリランカに行こう!平和で穏やかな国」
2011年9月10日(土)、9月11日(日)
代々木公園イベント広場

http://www.lankaembassy.jp/index.php?option=com_enhancedweblinks&view=weblink&id=8&catid=16

●ベトナムフェスティバル2011 in 代々木公園
2011年9月17日(土)、18日(日)
代々木公園イベント広場

http://www.vietnamfes.jp/

●ナマステ・インディア2011
2011年9月24日(土)、25日(日)
代々木公園イベント広場

http://www.indofestival.com/

●ルーマニア大使館のワインセミナー兼試飲会
2部構成となっているので2回のうちのどちらかお時間をお選び頂けます。
約16種類のワインを全てお試し頂く予定です!


=概要=

日時 : 2011年9月20日(火)
時間 : 第一部 14:30~16:30  第二部 18:00~20:00
場所 : ルーマニア大使館
会費 : JRBA会員1,000円    
       一般1,500円

参加者の方全てにお帰りの際に当日気に入ったワインを1本プレゼントする予定です。
今回お料理は出ずワインのみの試飲となりますが、ルーマニアの土着品種をたくさん扱うメーカーなので面白いワインが多いです。
ぜひお時間調整頂きご参加下さい。
締め切りは15日となっておりますので、お早めにお申し込み下さい。
(第1部がわりと余裕があり、ゆったりお試し頂けるかと思います)
詳細、お申し込みはHPをご覧ください。

http://jrba.org/jp/events/Senator110920.html


This message may contain confidential and privileged information. If it has been sent to you in error, please reply to advise the sender of the error and then immediately delete this message. Please visit http://www.bakermckenzie.com/disclaimer_tokyo for other important information concerning this message.

Baker & McKenzie GJBJ Tokyo Aoyama Aoki Koma Law Office (Gaikokuho Joint Enterprise) is a member of Baker & McKenzie International, a Swiss Verein.

タイのシラチャ・ソース (SIRACHA SAUCE)


以前、ヨーロッパがアジア向けに開発して爆発的ヒットをしている

皮がむけるバナナアイス

を書きましたが、今度はその逆。

アジアが開発してアメリカで大ヒットした食品のお話です。


日本でもカルディやアマゾンジャパンで見かける タイのシラチャソース。

原材料は「唐辛子、にんにく、砂糖、塩、水」です。

日本では200mlと小さなボトルで販売をしていますが

アメリカでは500ml、700mlと大きなボトルで販売しています。




大きなボトルで販売しているということは、アメリカで需要があるという意味を表します。

もともとあったタイやベトナムのチリソースを「アジア系アメリカ人向け」に開発をし直し、

「シラチャ」をフィーチャーさせたレシピ本が出たことで、多くの他のアジア系以外のアメリカ人たちにも人気が出ました。

2010年にはアメリカのフードヒット商品としてピックアップされました。



アメリカの友達が「ここ数年 注目をされている シラチャソース」美味しいレシピを紹介してくれました。

簡単です。



基本はトマトケチャップ。それに辛いのが好きな人はシラチャを足し、甘いのが好きな人はメープルシロップを足します。

※メープルシロップの代わりに蜂蜜でも良いそうです。



混ぜ混ぜ



トマトケチャップ、シラチャ、メープルシロップの3つを好みで混ぜると甘辛いBBQソースができあがります。

近い味はマクドナルドのチキンナゲットについてくるBBQソースをピリ辛にした味です。


さらにこのレシピにお醤油を混ぜても美味しいそうです。

いつもと違う揚げ物やハンバーグソースとしても使えます。


他に

●ベストフードマヨをベースにシラチャ、醤油、レモン汁を各好みで少々

●コンデンスミルクとベストフードマヨとシラチャと塩、これはニューヨークタイムズに掲載されていました

http://www.nytimes.com/2009/05/20/dining/202urex.html 



日本では多くの人が1日1回ないし2-3日に1回、少なくても週に1回、食品の買い物に行きますが

アメリカ人は週に1回、少ない人はシーズンに1回(お肉の塊を買ってきて冷凍しておしまい。野菜は近くの畑から)

しか買い物に行きません。

そのためストック商品(缶詰や瓶)をつかって、自分らしい味に仕上げられることに喜びを感じる人が多いようです。









AIR ASIA  (エア アジア)


「AIR ASIA」を利用しました。

今後、利用する方もいらっしゃると思いますので現時点でのマニュアルを書きます。





AIR ASIAはガソリンスタンドのセルフのような仕組みを持った、切符を買って電車に乗る 感覚で乗る飛行機です。

リンクは7月におこなっていたキャンペーンです。東京からクアラルンプールが7491円です


※サーチャージについて

マレーシア航空は往復KL-羽田で25000円かかるサーチャージですが 予約時点では

AIR AISAではかかりませんでした。

ただし、サーチャージについては、ご予約時により変わるようですので確認してみてください。


※その1:チケットを安く手に入れる購入のタイミング

●直前のフライトにやる可能性があるキャンペーン

●不定期でおこなっているキャンペーン

●または数か月後先のフライトを事前に予約する

の3通りです。

キャンペーンでいえば、ちょうどマレーシアから帰ってくるときに 「クアラルンプールから大阪」までの片道が6000円(たしかそれくらい)で販売していました

今の時期だと1月のフライトが羽田-クアラルンプール 18000円 クアラルンプール-羽田 20000円。 38000円でチケットが出ています

羽田からジャカルタ、バリ、バンコクあたりだと往復5万円前後です。

お正月の1月1日から1月8日までの羽田-クアラルンプールも往復5万円前後でした。







※その2:チェックインについて (※チェックインとは当日の飛行機に乗る確定の最終意思を提出し、搭乗座席を指定すること)


羽田に着く前に自宅の・会社のPCを使ってチェックインをすることができるので、そのときに決定された「座席」

入りのチェックインシートをプリントアウトをしてカウンターにもっていくと搭乗券と交換してくれます。

空港のチェックイン用のカウンターとは別の場所にディスクがもうけられているため、ほとんど並びません。

ただし自宅・会社でチェックインをする場合 座席代を支払わないと(ひとり1500円位)

システムがランダムで座席を決定するため、複数人数で乗る場合は全員席がばらばらになってしまいます。


チェックインを空港で行うと、長い列に並ぶことも多く、面倒ですが、費用が掛からず複数人の席を一か所にまとめて

とることが可能です。ただし搭乗1時間前に空港でチェックインが終了していないと飛行機の搭乗は

自動キャンセルになってしまいます。




羽田のチェックインカウンターはAIR ASIAの社員の方ではなく 

別の日本の航空会社の委託の方がおこなっているのと

AIR ASIAのコールセンターが土日と夜間がお休みのため、

通常時、「何か」が起きた時は誰も対応はしてくれません。

自己責任になります。

といっても「電車の切符を買って乗る」 

ことと、同じ仕組みなので「何か」は特に起きない ということが前提で組まれているようです。

これには不便はまったく感じませんでした。



■現地での乗り継ぎについて

クアラルンプールから片道1500円でボルネオ島や、ランカウイ島への乗継便が出ているので

それを利用するのも魅力の一つです

エアアジアは飛行機に遅延がでる可能性があるのと、チェックインタイムが非常に厳しく、

締切時間がきてチェックインをしていない人は自動キャンセルになるため

当日の乗継便でのご利用はおすすめできません。


■機内食やアクティビティについて

AIR ASIAはチケットの価格が安い代わりに 機内食や機内の映画や音楽、ブランケット

を使用したい人は有料になります。

行きも帰りも飛行機の中はほとんど日本人でしたが、機内食以外の映画音楽やブランケット

は利用している人はあまりいらっしゃいませんでした。


※機内の映画や音楽がない代わりに、ipadの機内モードで遊んでいる人を多く見ました

※ブランケットが必要な人は購入になります(ブランケット+アイマスク+スリッパ)で1000円前後
事前にオーダーしなくてもその場でほしいひとは現金で購入できます (ただし在庫がある場合に限る)

※機内食は300円前後と格安です。これも事前オーダーをしなくても当日購入ができます。
ご飯の上にお肉のみ!というようなシンプルな機内食でしたが、温かいご飯の魅力にはかないません。
多くの方がオーダーされていました。



■クアラルンプール到着後、市内に行くのには空港から高速バスがたくさん出ています。15分置き感覚。




















横浜・本牧・韓国食堂・DUCK TAILS 

先日 横浜のヤン先生のクラスに参加した終了間際、

「実は今日 櫻香さん(クラスの参加メンバー)が 本牧にお店を開いたので これからご挨拶に行く約束をしているの

 ご一緒にいかがですか?」

とのお声がかかり、その日のクラスで参加できる人たちがふと集まって いってみることになりました。


お店の名前は 「韓国食堂・DUCK TAILS(ダックテイルズ)」

櫻香さんが大切にしてきた家庭の味のレストランです。

またお酒の美味しいお店で、女性一人でも櫻香さんがいるので のんびり飲めます。





 


”なぜ「DUCK TAILS(ダックテイルズ)」というお名前にしたのですか?”

とお伺いしたら

”実はわたしの母の歩き方が あひるみたいっていわれたことがあってね わたしも母に歩き方が似ているから

この名前にしたの。そうしたら偶然 本牧のクレイジーケンバンドの結成前のグループの名前がDUCK TAILS(ダックテイルズ)だったというのを知って

本牧にさらに愛着がわいてしまったわ。”

と お話してくださいました。


お店のウリは看板にあるように「マッコリ」です。 通常マッコリは発酵しているお酒ですので、日が経つにつれて味が変わっていくのですが

「出来立てのマッコリの味」をそのままにお店で提供されています。



他にも 日本酒の醸造元の秋田酒造さんが日本酒の製法で作った「金魚マッコリ」なども置いてあります。


韓国式にヤカンにトクトクと ついでみんなで飲み比べをしました。





「マッコリは ぼこぼこに凹んだヤカンで飲むのが通なのよ」とヤン先生。





櫻香さんの手作りのキムチもとても美味しかったです。





お店にはキムチがショーウインドウに飾ってあり、キムチだけを買いに来るお客さんも多くお見えでした。




さてメニューですが韓国の鶏の水炊き「タッペクス」&カクテキ と 豚3段バラ肉料理のサムギョプサルなど

お酒に美味しいお料理がそろっています






「一杯のお酒を飲みによる感覚できてほしくてお店をたてました。

マッコリ一杯でもぜひ立ち寄ってください

NIKIの記事を見て、いらしてくださる方は一言声かけて下さると嬉しいです。サービスします」と櫻香さん



さてお店の情報です

●店名:ダックテイルズ

●電話番号 045-621-5233

●住所 〒231-0806 横浜市中区本牧町1-38

●営業時間 17:00-24:00 

●定休日 水曜日 (水曜日が祭日の時は 翌日休業)

●山手駅から徒歩15分 または 本牧1丁目バス停留所下車

サイトは間もなく開設だそうです

www.ducktails.jp




ところで近隣は心をくすぐるお店がたくさんある商店街です



●インドネシアのグレースもよく買う高橋精肉店(”ハンバーグの種が美味しいのよ”とヤン先生)、

●インターナショナルスクールのお母さんたちになぜか人気の「チャーリーの八百屋」

”チャーリー”は近隣の外国人ママたちが勝手につけたあだ名です。

しかも本当はチャーリーじゃなくて、「クレイジーチャーリー」とみなさん呼んでいます... 

「なんで?」って聞くと 「だって クレイジーなんだもの」

「場所は?」って聞くと 「すぐわかるわよ。クレイジーだから」

実は今回櫻香さんのお店のそばを歩いている途中、チャーリーのお店を見つけました。

店主に「あなたはチャーリーさんですか?」って聞いたわけではないのですが

なぜかみなさんがおっしゃる通り すぐにわかりました。

みなさんもチャーリーを見つけてください...

他に製麺 製菓の満寿屋(生パスタ、にんにくラーメン、 などの生麺) なぞ盛りだくさん

昔は「ラーメン大好き 小池さん」とかあったんだけどね... 今はもうさすがにないだろうな~

お散歩がてらにいかがですか?








プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR