シンガポールのルスさん

シンガポールのルスさんの初めてのパーティが無事に終了しました。
いつもは初回アンケートをとっているのですが、今回はそれを
送るより先に、みなさんすごく楽しんでいただけたようで、
その日のうちにすぐに何通か楽しかったよメールが届いて本当にに本当に
嬉しかったです。

ルスさんは歴代の先生で言うとベトナムのカレンさんや
ドイツとアメリカのハーフのヨハンナに似ています。
お料理が上手でホスピタリティにとてもあふれています。


ところで、野菜やいろいろなものが日本仕様の為、
海外のお料理をレシピをそのまま使用すると失敗します。
ですので日本で現地の味を再現するためのレシピ作り、料理作りは
実はお料理教室に出るまで一番時間のかかる作業になります。

ルスさんのこのお料理も7.8月のメニューを試作するのに
3回のデモンストレーションで完成しました。
数カ月かけてルスさんのいえにお邪魔してこの味でだいじょうぶかどうか
聞かれました。
お料理も時間内でうまくできるよう、家で同じメニューの練習を
重ねているため、実際にクラスとしてできあがるまでにとても
時間がかかっていてます。
その分クラス自身はかなりルスさんによって改良がされていて
いいクラスに仕上がって皆さんの前にお出しできると思います。

●シンガポールのルスさんから届いた、おとといのパーティの様子


さてルスさんはプラナンカン(女性はニョニャ 男性はババ)
というとても特殊な文化をお持ちです
ニョニャというのはマレーシアに移住してきた中国人との混血のことで
両方の料理の良さを受け継いで生まれた手の込んだお料理が有名です。

ここにニョニャの説明があります
http://www.tourismmalaysia.or.jp/gourmet/malay.html

http://www.asiax.biz/life/culture/138b.html


東京のマレーシア系のレストランでニョニャのお料理というのを
1~2品みかけることはあるかもしれませんが
日本に住むニョニャの人が実際にお料理を作り教えてくれるというのは
非常に珍いようです。

マレーシアやシンガポールでも美食のニョニャが
レストランを開くことはそんなに多くはありません。


●ルスさんはカメラを向けると恥ずかしくて隠れてしまうので
目をつぶっていますがルスさんのキッチンでのお写真を一枚。




●たとえばこのお料理、ニョニャの海老料理でバタープロウンというものです。
名前だけ聞くと、ただバターで海老を炒めただけのような気がしますが全然違います。
ニョニャの知識が集結しています。海老は新鮮なものを選び味噌入りのもを揚げ、
上にかか海老の上にのっていこのポロポロっとしたものはニンニクではなく、
バターなのです。
海老もそのまま揚げず、味噌を残したまま上手に背ワタを取って殻を残す
カットの方法を教えてくださいます。


バターに牛乳そしてほんの少しの砂糖を加え混ぜながら20分くらい火にかけます。刻んだこぶみかんの葉と唐辛子のみじん切りも加えます。ちょうど20分位たったころでしょうか水分がちょうど飛ばし終わったころにコロコロっとしたクランブルに変化します。ちょうどバターが揚げニンニクのように固まったようなて香ばしさをたたえます。
これを海老にからめていくのです。


こちらは水のケーキ「チュウィクエ」というものです




シンガポールでは朝食として良く食べます。
おにぎりでもなく、おかゆでもなく、香港や台湾のチーファンとも違う
美味しいご飯系のお料理です。(写真の白いところはご飯ではありません)
作り方も非常にユニークで味もさすが
ニョニャ!という出来栄えです。


●チュウィクエの説明です↓
http://en.wikipedia.org/wiki/Chwee_kueh


これからクラスがいよいよスタートします!!。平日は月曜か木曜
祝日を中心にクラスを開催します。

ニョニャというのは中華でもアジア料理でもなく
彼女たちならではの、ちょっとしたテクニック
の集合体だとおもいました。


横浜方面にインドのカレンさんと シンガポールのルスさんが増えました。
どうぞみなさんよろしくおねがいします☆~。







ラムとソカとカリブのゴーヤカレー

さて、ラムとソカダンスとカリブのカレーに魅かれ
東京に住むキュートなトリニダード・トバゴの人に会いに行ってきた。

http://tokyotrinbago.blogspot.com/



トリニダード トバコといのはカリブ海に浮かぶ小さな島国の名前。

南米大陸にあるベネズエラとは6キロしか離れてないそうなので、
ベネズエラとは江の島位の違いだと思ってたら、かなり違ってった。

ベネズエラといえばスペイン色の強い国。
でもこの島は、カリブなんだけどインド人とアフリカ系黒人が集結している。

そこにいきつくには色々歴史があるのでそれは割愛。

キッチン付のホテルの一室にラム酒とカリブ料理が好きな

女性6人があつまって、

ラムを飲みながらソカダンスを踊って料理を作って楽しむ。そんな会。

ペトラさんはレシピは特になく、みんなでメモる。







カリブのペトラさんのガラムマサラの中身は
フェネグリークが8粒、黒コショウ4粒、マスタードシード小さじ1/8
クミン小さじ1/8、クローブ4粒を挽いたもの。

これをつぶした大きなニンニクや、唐辛子や玉ねぎカレーパウダーと一緒に炒め
ゴーヤにつめてオリーブオイルで揚げる

インドでいう揚げパンもこの島ではオリーブオイルで揚げる

マンゴチャットニもフィリピンマンゴの
酸味の強いものを種と皮ごとスパイスで1時間煮る。
このマンゴチャトニは辛味も苦みもなくて、まるでジャムのように美味しい。
美味しすぎてみんなで奪い合い。



●辛味成分は刻んだ青唐辛子のみ。


●具もスパイスもオリーブオイルでちゃっちゃと炒める。


●日本のお盆のようなゴーヤの中身はカレーなんだけどニンニクは丸ごと。


●オリーブオイルで揚げたカレーが詰まったゴーヤ。これはマンゴチャトニと一緒に食べる。


●インドではプーリーと呼ばれてる揚げパン。カリブではオリーブオイルで揚げる。
インドだったら延べ棒で丁寧に伸ばすところを、ペトラさんはラムを飲むグラスの下でちょいちょいと成形。う~んカリブっぽい
ちなみに小豆島にも同じパン料理があるらしい。「ふやき」とお祖母ちゃんが呼んでよくつくってくれたそう。(一緒に参加された方談)



●マンゴチャトニ。スパイスで煮詰めてあるけれど辛くない。スパイス入りのジャムのよう。

オリーブファンに送るオリーブづくしと~魚介のパエリア

K-SWEETSさんからエッセイをいただきました。
ジャックといえば「癒さない系」の代表。
音楽に例えならコルサコフの「熊蜂の飛行」
http://www.youtube.com/watch?v=sFVdl84nuww

映画のキャラクターにたとえるなら
崖の上のポニョに出てくるポニョのお父さんフジモト

月に1回~2回電話をして「やさしく やさしく」
ジャック「わかった ぼくやさしい」
とくりかえしています

ジャックを心配をされてたまにクラスに行ってくださってるの
がありがたいかぎりです

この日もK-SEWEETSさんに「ほらジャック優しく」「料理がんばってるね」
と叱咤激励されながらがんばりました


ジャックはフランスの家庭料理に取り組む姿は一生懸命。

ジャックならではの「お父さん飯」センスを光らせています

-----------------------------------

今日は初台でフレンス人のお父さんジャックにスペインアレンジのお料理を習って来ました メニューはカタルーニャ風サラダ、スタッフドオリーブのフライ、魚介たっぷりパエリア、オレンジのフラン、そしてサングリアいつもながら、ジャックのseafoodの美味しさ、以前のブイヤベースもおいしかったけど、パエリアもおいしかった! 火を通した時に出てくるエキスを余すことなくお米に吸わせて、むしろご飯の部分の方がおいしかったくらい




あとオリーブのフライですが、種を抜いた部分に今回は生ハム、牛挽き肉、パルメザンなどを混ぜたものを詰めて揚げましたが、中身はツナやチーズ、何でもいいかも むしろ大事なのはバゲットを細かくした自家製のパン粉かも こういったこだわりがまさにジャックで、手に入れやすい材料を使いながら、お家で作りやすく、でもセンスが光る一品でした。


サングリアは、レモンオレンジりんごバナナメロンイチゴとフルーツたっぷりにラムやジンといったスピリッツも加えて、おろしたてのスパイスも効かせたジャックオリジナル口当たりよく、ついつい酔っ払いました
フランはオレンジの香りたっぷり、カラメルのほろ苦さと溶け合っていいコンビネーション

実のところジャックは百円ショップの道具や食器もうまく組み合わせているそう。でもそんなのは聞かなければ分からないくらい、シンプルでいながら、応用の利くセンスあるテーブルを作り上げているのには感心します。ラテン人らしく、ウィットやジョーク満載、今宵も大満足のクラスでした。

「ヤンさんと行く~韓国・食材探しの旅~」 予告




予告~「ヤンさんと行く~韓国・食材探しの旅~」

11月15日(月)~11月18日(木)の3泊4日
料金:69000円
   サーチャージ・航空税別途5600円がかかります
   旅行保険を含みます
   全ての旅行の移動は専用バス
   3泊のホテル代を含みます

現地ソウル現地からツアーに参加の場合は40000円

ツアー詳細は後日お知らせいたします!
韓国の4つの街を周るツアーです。

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter

現在の閲覧者数:

counter 2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR