だって春ですもの。カレンさんといく横浜中華街散策ツアー」


「カレンさんといく横浜中華街散策ツアー」は閉め切りました! どうもありがとうございました


先週、ロバートと突然のお誘いにおいでいただいた4名の美女と朝の築地市場にいってきました。ロバートがギリシャ料理クラスで使う「しこいわし」を買いにいったのです。

しこいわしは 横浜近辺の呼び名で
ひこいわしは 築地市場の呼び名
せぐろいわしは スーパーオオゼキの呼び名で
一般的にはかたくちいわし と呼ばれているそうです。
突然大量に春先に獲れ、あるときはあるし、ないときはない。 獲れてもすぐに傷んでしまうため、すぐに処理をしなくてはいけないお魚さんです。最近では千葉の海岸で大量に打ちあがったのがニュースになっていました。
このしこいわしを見つけることができなかったため、築地に買い出しに行ったのです。
はじめてあった人通し、すぐにわきあいあい。場内で魚を探し、時には世界の海老専門店で驚き、寿司朝食をたべてかえってきました。気持ち良い冬の朝でした。ほんとうにありがとうございます。

ところでこのシコイワシはアンチョビやオイルサーディンが作れるすぐれもの。あるときは、店先にとってもお買い得な価格でならびますので是非つくってみてください。

●アンチョビレシピ
http://www.o-tsukemono.com/anchovy/anchovy_make/

●オイルサーディンレシピ
http://nsakanaya.exblog.jp/8192560/



さて本題です。昨年の夏カレンさんを誘って横浜中華街に遊びに行きました。激安まるた小屋の500円フカヒレラーメンをすすり、中華食材屋さんで普段つかわない食材をカレンさんにこれをこう料理に使うとおもしろいのよとおしえてもらったり、普段読めない中国語を読んでもらったり。とっても楽しかったです。

ということでカレンさんに是非クラスに遊びにこられる人と遊びに言ったらどうですか?と声をかけたら「それは楽しそう」と喜んでくれました。


●日時3月18日木曜日 時間11:00-14:00 
●JR石川町 北口改札口集合
●定員7名
●費用:お昼食代のみ実費

●ついてくるひと:カレンさん(NIKIはいきません)
●内容:自由気まま。特に食事場所も行程も決まっていません。
仲のよいお友達カレンさんと遊びに行く感覚で遊びに行きましょう。

参加したい人はnikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまでご連絡ください

ロバートと行く築地買いだし紀行


★こちらの企画は満席になりました どうもありがとうございました。またお写真でご報告いたします

2月5日 金曜日 午前7:00から10時位まで


ロバートと一緒に築地市場に買い出しに行きませんか?


と甘いタイトルの通訳ボランティアの募集です。


英語でどうかロバートをサポートしてあげてください。


ロバートの目で見る築地市場の魚買い出し&築地場内での朝食


先着2名。朝食代は各自実費負担でおねがいします。


 

ハンガリーのレイカより さよならセールを予約方式にしました


Sayonara Saleで売りたい物のリストを作っていますがまだたくさん物があるので、終わりませんでした。
一度ある大きい物のリストを作りました。

それが下記のページです。

http://picasaweb.google.com/elefantember/SayonaraSale#

もし生徒さんたちは何かご興味があったら、私のメールアドに (reka_gannoruwa@yahoo.com)

●名前 ●住所 ●ほしいもの ●レイカ先生への引き取り予定時間

※引き取り日は2月20日(土 曜日)午前10時から12時までです

を連絡して下さい。

ほしいものは先着順です。


そして予約した物の写真をアルバムから消します。

そうすると生徒さんたちはいつもある物の写真だけ見えます。

まだたくさん物があるので、今から毎日新しい写真をアップする予定です。

だから皆さんアルバムを毎日チェックして下さいね。

レイカ

さよならレイカ



★レイカのクラスが最終日を迎えた。
最後に私たちを出迎えてくれた前菜、「ペンギン」
にんじんとオリーブ、チーズ。そして頭の帽子はハンガリーの豚で作られた高級ピックサラミ。





★お出迎えも豚満載






★メインディッシュは「ウユハージのチキンスープ」。伝統的なハンガリーのウェディングでサーブされる最初のお料理で、コトコトと砂肝やハツ、鶏胸肉、牛もも肉を弱火でじっくり煮込んだスープに加えるのは芽キャベツやコールラビ、セミドライトマトやハースニップ、ニンジンetc...たくさんの根菜野菜。



★ウユハージのチキンスープにサーブされるのがチガテースタ(Csigatészta )とよばれるカタツムリのパスタ。ハンガリーでは一年に一度、村の人々がパスタ作りのために集う。、1週間かけて1年分のチガテースタをおしゃべりしながら作るんだそうだ。手でくるくると巻いてできあがったパスタは太陽の下ですこし乾燥をさせて日持ちをよくする。



★それでは私たちもチガテースタ(Csigatészta )を作ってみよう。小麦粉と卵と塩。この3つをベースにパスタを作る。細く長く裁断した後、2センチ位の正方形に切る。



★これをハンガリーの昔ながらの小さい木の道具でパスタを作っていく。まずは木の上にパスタを乗せる。



★次に針のような小さなピンでくるくると巻きあげる。このときは力を入れず素早く丸める。



★こういう風に丸くまる~く



★そうするとこんな風にできあがる。この可愛らしいパスタを1週間おしゃべりをしながらつくりつづけることで、きっとハンガリーの人たちは、たくさんのことを昇華させていくんだろう。あやまりたかったこと、おれいのきもち、新しい発見の話。パスタ作りはハンガリーの人々を結びつける大切な道具なんだ。



★パスタができあがったころ、ちょうど「ウユハージのチキンスープ」が煮上がってきた。まずは肉だけを取り出す。



★野菜も取り出す。できあがった優しい味のスープに、刻んだパセリを散らす。



★鶏胸肉は手で細かく裂いて、牛もも肉以外の具と「チガテースタ」というパスタをお皿の上に乗せ 上からスープを注ぐ。



★ハンガリーの唐辛子ペーストを浮かばせながらウユハージのチキンスープを飲む。ハースニップと鶏砂肝の苦み風味が特徴的。



★煮上がった牛もも肉はスライスして、ホースラディッシュと一緒に食べる。塩味のないコンビーフに似ている。



★サイドディッシュは「ストラパチュカ」と呼ばれる「じゃがいも粥」のようなお料理で、隣国スロバキアでもよく食べる。生地の作り方はお好み焼きに似ている。すりおろしたジャガイモ、卵、小麦粉、塩を混ぜて生地を作る。



★お好み焼きと違うのはこれを焼くのではなく、茹でることだ。






★大根おろしのような穴のあいた器具に生地を乗せ、これまた、お好み焼き専用のフライパン返しのようなものをスライドさせながら、生地を上からこすって、鍋の中に種をポトポトと落としていく。




★ゆで上がると生地がお湯の上にぷくぷくと浮かんでくる。浮かんだ生地はざるにあけてお湯を切り、いためたベーコンとサワークリーム、カッテージチーズをのせて食べる。モチモチとしてやさしい味のじゃがいも粥のできあがりだ。ハンガリーの農家の人々朝ごはんといった趣。




★デザートは「コークステケルチュ」と呼ばれるロールケーキ。焼かずにできるのでハンガリーでは子供の時からよく作る。ココアベースの粉を混ぜた生地の上に、ココナッツとビスケット、クルミの粉を混ぜた生地をのせる。



★アルミホイルの上にのせてくるくるとまく。



★冷蔵庫で1日寝かせた後、スライスして苺をそえていただく。生地に卵がはいっていないので、冷蔵庫で2週間持つそうだ。
ココナッツはハンガリーでは取れないけれど、昔からハンガリーの人々に愛されていてよくお菓子作りにつかうそう。





★なんと窓際をみると、今日つかったパスタの木の道具が人数分置かれていた。レイカがハンガリーから取り寄せてくれたようだ。




★レイカはクラスの間中、声も明るく嬉しそうににこにこ笑っていたので、自分の国に近い所に引っ越すのはやっぱり嬉しいのかなと安心してカメラのファインダーをのぞいた。でもそこにはレイカのさみしそうな顔がうつっていた。

また日本に遊びに来てください。みんなでずっと待っています。


■レシピ

***********************
Újházy tyúkhúsleves
●ウユハージのチキンスープ
(ウユハージ チュークフーシュレベシュ)


材料 (6人前)

鶏むね肉 350gぐらい
鶏心臓 6個
鶏砂肝 6個
牛もも肉 250gぐらい
玉ねぎ 1個
にんにく 1片
にんじん 6本(細い) / 1本(太い)
パースニッピ 1本
セロリ
ドライトマト 1個
ピーマン 半個
グリーンピース 100g
マッシュルーム 6個
(芽キャベツ、ジャガイモ、コールラビー。。。あればお好みで)
パセリ           少々 
塩、胡椒
Vegeta(顆粒コンソメ)

作り方
肉、心臓、砂肝を荒い、冷たい水で煮始めます。
沸騰したら、表面のあくを取り、弱火で2時30分煮ます。

玉ねぎを半分に切り、トースターでちょっと焼きます。
野菜を洗い、焼いた玉ねぎと一緒にスープに入れます。塩、胡椒とVegeta(顆粒コンソメ)を加えます。

野菜が柔らかくなったら、お肉と野菜を取り出します。
スープに刻んだパセリを加えます。


スープ皿にCsigatészta(チガテースタ)と牛もも肉以外のお野菜とお肉をのせ、上からスープをそそいで、お好みで唐辛子ペーストをいれて熱いうちに召し上がって下さい。

牛もも肉は取り出してスライスしてホースラディッシュを添えて召し上がってください



***********************

Csigatészta
(チガテースタ)


材料 
卵 1個
小麦粉 110gぐらい
塩 少々

作り方

卵、塩と小麦粉を手で15分こねて硬い生地を作ります。
生地を薄く伸ばし、線を入れ、小さい四角の形に切ります。
小さい四角をCsigatésztaの道具でくるくるして、お湯で茹でます。


***********************

Sztrapacska
(ストラパチュカ)



材料 (4人前)

ジャガイモ 500g
小麦粉 200-250g
卵 1個

サワークリーム(サワークリームとヨーグルトを半分ずつ混ぜたもの)
カテージチーズ
ベーコン

作り方

ジャガイモの皮を抜き、生ですりおろします。卵を入れ、小麦粉を少しずつ入れながら、混ぜ合わせます。塩を加えます。
鍋に湯を沸かし、塩を加え、沸騰したら生地を入れ、茹でます。
出来上がったパスタの上にカテージチーズ、サワークリームと炒めたベーコンを掛けて、熱いうちに召し上がって下さい。


***********************


Kókusztekercs
(コークステケルチュ)

材料 (1本)

ビスケット(マリー) 250g
クルミのパウダー 50g
ココアパウダー 大さじ2
牛乳 200mlぐらい
ラム 大さじ2
マーガリン 100g
粉砂糖 250g
ココナッツダイス 100g

※今回はクルミをミルサーで細かくしましたが ミルサーやくるみがないときはアーモンドパウダーをつかってくださいとのことです

作り方

マリービスケットをパウダーにし、ココアパウダー、粉砂糖の100g、ラムと牛乳と一緒にボールに入れて手で混ぜ合わせ”ココア生地”をつくります。

マーガリンを粉砂糖の150gとココナッツダイスの50gをボールに入れて手で混ぜ合わせ”ココナッツ生地”をつくります。

アルミホイルをひき残った50gのココナッツダイスをちらします。この上に”ココア生地”を伸ばし、その上に「ココナッツ生地」を手でハンバーグ状にしてまずはのせていきます。これをゆっくり手でのばし、ココナッツ生地とココア生地の2層にします。

アルミホイルごと巻きます。できあがったら冷蔵庫に入れ、一晩冷やしかためますた
スライスして、召し上がって下さい。






Jó étvágyat kívánok!



プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR