メキシコの魔法市場


続きです。


気持ちの治療師ブルヘリア(魔女)が処方をしてくれた石鹸を探しに

クエルナバカの中央市場「Mercado Municipal (メルカード ムニシパル)」

へむかいました。






メルカド ムニシパルは直訳で中央市場という意味だそうです。

クエルナバカは常春の都市とよばれていますが

7月の気温は焦げ付くように暑かったです。

暑い季節の市場は、ごったがえした人のにおいと、蒸れた食料品の

においで何ともいえない臭気が漂っています。







クエルナバカの中央市場は、メキシコ国内でも有数の規模をほこる

大市場、そしてとっても不思議な市場です。






中は迷路のようになっていて、

新鮮なチレを山積みにして売る店、豚の頭を売る肉屋、

メキシコ独特の果物や野菜といった食料品を扱う店や

くす玉のようなピニャータ、トルティ-ヤの粉屋、そしてメキシコ料理の

代表モレペーストの店までわんさと詰まっていました。

どのお店の人たちも とても気さくで、珍しい野菜や果物 中にはチリの粉まで

つぎつぎに試食させてくれます。

しかもとてもお買い得。形の良い乾燥のチリは100g(20個)で200円。

日本で1個150円するライムも50個で200円くらいで購入できます。






私たちは魔女に指定された「魔術ショップ」に向かいました。

この魔術ショップはポピュラーなようで、クエルナバカの中央市場

の中にも4-5軒入っています。






店の入り口には薬草や香草や、さまざまな種類の石鹸

チャッキーのような人形、骸骨の人形、

そしてなぜかお葬式のときに亡くなった人に付属させる日本のお賽銭や

男性の●のろうそくまで置いてありました。

店員さんが

「不倫している女性が奥さんを呪う為に使うもの」

と教えてくれました。


説明を聞いて、一瞬の間があいた後、

お店の人に、石鹸のメモを渡しました。







ところがいくら待っても石鹸が出てきません。

お店の前にはたんまり さまざまな種類の石鹸が置いてあるんですが

それではないようです。

好奇心から店頭の石鹸を手にとって眺めていたら

ルシオが

「だめよ!黒魔術の石鹸よ それには呪文がかかっているから

 さわったら大変よ」

とびっくりした声を出したので

そっと石鹸を元の位置に戻しました。







お店は黒魔術のものもあれば 白魔術のものもある

総合魔術ショップなので、

成功のためのポジティブなエネルギーを得る石鹸や

呪いを無効にする香水

パワフルな愛の香水、絶対に恋人ができる石鹸なんていうのも売っています。





ようやく奥から店員さんが指定の石鹸を出してきてくれました。

石鹸も香水も100円位。

そうここに来れば良いことも悪いことも

願い事はなんでも叶うのです。

メキシコで魔女に会う


7月後半、約2週間かけてメキシコとアメリカテキサスをまわってきた。

その中でのお話。





メキシコでルシオのお母さんや、妹さんたちと会食をしていると





「アステカのですごく評判のいいひとがいるのよ。

未来をあててしまうの。」





という話題が出た。





「おもしろそうですね。いってみたいです。」






「でもその人とても人気だから朝の5時から電話をかけて予約しないと

とれないのよ。明日かけてあげるわね」






メキシコでは魔女(日本の占い師さんや沖縄のユタと同じ仕事をします)がとても

ポピュラーで、町のいたるところに看板が出ています。




「なんちゃらかんちゃら みてあげます」




みたいなことがスペイン語で手書きで書かれて門に張ってあるのを

何度かみかけました。



メキシコで彼女たちは「ブリヘリア(直訳で魔女)」とよばれていて、

植民地時代にメキシコのアステカ呪術とカトリック信仰が混じってできたといわれています。

これらがさまざまに分化されブードゥもここから生まれたといわれています。





多くは怖いものではなく町のユタのような存在で、気持ちの治療師のような

役割をになっているそうです。





アステカの魔女さんのおうちは、クエルナバカの中央市場のすぐ

裏手にありました。






門を開けると、利発そうな小さな男の子が出てきました。

友達のメキシコ人ルシオがスペイン語で何やら話しかけると

男の子がおいでおいでと手招きをして魔女の家の中に入れてくれました。





部屋の中はコンクリートの壁に囲まれていて質素。

なんとなくガレージのような雰囲気がします。

部屋の入り口にあるテーブルに、温厚そうなおばさんが座っていました。






スピリチュアルな眼光をばしばしと発する ふしくれだった魔女を

想像していただけに、少し拍子抜けしていると

メキシコの魔女はここに座れと指で指示をします。



そして、「自分でシャッフルするように」とトランプの束を渡してくれました。






トランプはタロットではない独特のもので、記号が多く絵は少ないものでした。

指示通り、混ぜたり並べたりを何度か繰り返します。

魔女は時折力を入れたり、力を抜いたりしながら、

出た絵にそって

ずばりずばりと現況をあてていきます。







良いことをいわれたらにやけ、悪いことをいわれたら神妙な

顔をしながらじっと魔女の話に耳を傾けます。



一通り占いが終わると、おもむろに魔女はレモンを取り出し

床においてあるボールの中にレモンを入れて、オイルをかけました。

そしてマッチを渡され、自分でレモンを燃やすように指示をされました。

床にはみたこともない文様の絵がチョークで描かれていました。




この燃え盛るレモンを魔女と一緒に呪文を唱えながら

何度も何度もまたいでいきます。





これは体を清める おまじないだそうです。




「この占いでわたしが告げた内容は誰にもいっちゃいけないよ。

運命が変わってしまうから。心の中にしまっておきなさい」


そういうと、魔女はわたしたちに「あなたに必要な石鹸」

が書かれた小さな手書きの紙を渡してくれました。


今回ルシオとのりこさんの3人で魔女に見てもらったのですが

ひとにより使う石鹸が違うようです。






そのあと魔女にお別れをして、クエルナバカのメルカド(市場)

にある魔術の店へわたしたちは、石鹸をとりに向かいましたた。


こんな石鹸↓ が市場の魔術の店で売っています。

http://calamel.jp/%E9%AD%94%E8%A1%93/tag/120861

以下 次号~

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter

現在の閲覧者数:

counter 2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR