海外 そして 料理との出会い


注:上の写真は記事には直接関係はありません

育った生家は、たまに海外からのショートホームステイの受け入れをやっていた。
ちょうど10代~家を出る20代の初めまで。

ショートとはいえ、彼らは転々と日本の家を渡り歩いている。日本料理ばかりじゃさすがに退屈だろう。彼らの国で普段食べているお料理を家でも出してあげよう。ということで、図書館にいって調べ 母と一緒に見よう見まねでその国のお料理をトライすることにした。

しかし今より食材が少ない時代、しかも海外旅行にいったことがなかったので、なおさら「イメージ」だけが先行する。「その国のお料理を再現する」なんて、大それたことはできない。結局日本料理を出して ”なんちゃって料理”でお終い。それでも貴重な体験をすることができた。

マレーシアとシンガポールの人が来たときは焼き鳥にえらく感動していた。 彼らの国にある「サテ」に似たものを見つけびっくりしたんだという。

ノルウェー人はライ麦の黒いパンを食べる。そう本に書いてあった。母がどこかのパン屋で交渉でもしたのか、当時では珍しいライ麦パンをどこからか毎朝仕入れてきた。サーモンを料理し簡単なサラダをそれに添える。
かいだことのない少し臭みのあるライ麦パンを彼女は嬉しそうにいつも頬張っていたのが印象に残っている。

アメリカ人はとても簡単。ステーキそしてショートケーキ。はいおしまい!と思いきや、どっこい。

ステーキは「オイリーで食べづらい」「ショートケーキは味がしない!」と小さな女の子だったので文句ダーダー。そう同じ名前でも彼らの食べる赤身のステーキに砂糖たっぷりのケーキとは正反対の食べ物だからだ。

etc etc。

今思い返してみると、彼女達とスーパーに行き、一緒に買い物をして家で料理を作ればどんなに面白い時間を過ごせただろうと悔やまれる。

ともあれそんな風に過ごすこともあった。

これが海外そして料理との出会いニキバージョン。

もしよろしければ皆さんの 「海外 そして 料理との出会い」も教えてください。
 

IKEAを食べる


最近天気といえば、雨ばかり。
なんか鬱~と思っていた矢先に新庄が阪神のユニフォームを来て登場。
天気に左右されない男、新庄。
そして天気に左右されない場所といえばIKEA。
ということでIKEA「食」レポート

●IKEAレストラン

トレイを持って好きな料理をとっていくセルフ式。一皿の単価は安い。
お薦めはサーモンパテ。備え付けのマヨネーズソースの中にはスウェーデンの赤キャビアが入っている。

他スウェーデンミートボール、サーモンフィレのチャイブソース添え、チョコレートムースやシュリンプオープンサンド、お父さんようにカレーや丼も置いてある。

味はすごいグルメなわけでも、まずいわけでもない まさにIKEAのレストラン。

ここで食べたものは1階のフードマーケットで買える。ミートボールは冷凍になって750円、備え付けられていたリンゴンジャムは350円、かけられいたソースは粉末タイプで150円。だいたい3-4人で楽しむくらいの量。

そしてレストランで売っていたブルーベリーパイはホールで450円(冷凍)ととても格安。

IKEAのページに飛ぶ

●レシピ本

このフードコートで見つけたレシピ本「IKEAの本格スウェーデン料理」は95ページ オールカラー。全料理写真付。なんと450円。
 
レシピは
・ヤンソン氏の誘惑(ジャガイモとアンチョビのオーブン焼き)
・コケモモのパフェ
・ミートボールクリームソース添え
・ポーチドサーモンの冷製キャビアソース添え

「日本のスーパーマーケットの食材+IKEAの店舗で手に入る物」で作れるのがこのレシピの売り。


●キッチングッズ

IKEAのキッチングッズも見ていて楽しい。でも蓋がちゃんと閉まるかどうか等商品は買うときにチェックをしたほうが良いだろう。

●軽食コーナー。

レストランが混雑している時は1階レジ裏にある軽食フードコートもお薦め。ホットドッグがひとつ100円

●駐車場料金 

3時間まで無料
3時間以上5時間まで30分100円
5時間以上30分1000円

6時間10分いれば買い物をしてもしなくても
駐車料金は3400円。要注意

●混雑具合

平日の午前中は空いている。


谷中 マイラブ


家から電車で15分乗車すると「日暮里」。そう谷中に到着する。
昔からこの街に来るといたたまれない程、郷愁の念にかられる。あまりにも「谷中」「谷中」とうるさいので家族に「何があるのさ」と不思議がられること多々。
何はあるかって? そうそこにはかけがいのない 日本の昭和ノスタルジーが存在するのである。

http://www.osanpo-tokyo.com/yanaka/
●一番のお気に入りは「朝倉彫塑舘」。芸術家が自分の妄想つっ走るがまま。
次から次へと増改築した館が見事。宮崎の「千と千尋」もびっくりの大人の秘密基地がそこにはある。

●これは怖いぞ「おばけ階段」 なぜか下からあがってくると40(死十)段、上からおりてくると39(三重苦)段と、違っている?

●写真の「愛玉子」
オーギョーチー。頼むならチークリーム。オーギョーチにアイスクリームがついてくる。ごま粒大の愛玉の種を布袋に入れ、水にさらして揉みだすと、あら不思議、種からエキスが溶け出し2~3時間で寒天状に固まる。固まったらレモンシロップをかけて出来上がり。素朴な昭和の味がします。

6/03土曜日 バイクで国際交流 モルガンさんを箱根へご案内 

06/03土曜日 アンジーさんのパーティの後で、アンジーさんのハズバンド モルガンさんとツーリングに行きます。なんでもずっと日本で一緒に楽しめるバイクのツーリング仲間をさがしていたとか。普段アンジーさんのクラスをそっと見守ってくれているモルガンさんをみんなでねぎらい&日本を案内してさしあげましょう。 

行き先は箱根。
どなたか一緒に行きたい方がいたら連絡をください。
軽く走って、お茶かご飯を食べて、8時くらいには横浜へ戻る予定です。

★募集要項
バイクのうしろに乗りたい方 でも バイクを持ってる方 でもokay!
男女問わず。うしろに乗りたい方の人数により、バイクの台数を増やします。

質問、問い合わせは下記アドレスまで
hirota7@sepia.ocn.ne.jp

手作りのトムヤムペースト


5月3日はタイのランパさんのトムヤンクンスープのクラスでした。ここで使われたのが手作りのトムヤムペースト。プリックヤイという大きな辛味の少ない唐辛子やカー、ホムデン、オレンジ色のターメリック等数種類のタイ野菜をブレンドしてつくります。このペーストもスープもとてもマイルド。優しい香りがします。

今までレストランの辛味の強いカチカチのトムヤンクンスープしか飲んだことが無かったのですが、手作りのペーストから作るホームメイド特製スープは本当に旨い!まるで味噌汁が毎日飲めるように、何倍でも飲みたくなってしまうそんな魔力のあるスープでした。週末クラスはペトラさん同様難しいそうですが機会があったら是非タイ料理をならってみてください。基本に忠実でとても楽しいクラスです。

そういえばランパさんの家の横は教会。週末になると結婚式が日に何度もおこなわれるそうです。窓を開けると幸せな空気が漂ってきます。
さらに遠くに目をやるととても古い洋館がたっているのが目に入ります。ここは山手ブラフ。異国情緒満天です。

サンモールインターナショナルスクールフードフェア


4月29日。横浜山手にあるアットホームなインターナショナルスクール。サンモールインターナショナルスクールフードフェアに行った。

タイ料理教室のランパさんは1週間かけてこの日の為にタイカレーを1000食つくったんだそうだ。それでも売り切れてしまい家に帰って大きな鍋に再度カレーを仕込んだらしい。他にサテやソムタムサラダ、手作りのグリンカレーペーストの販売もあり、手の込んだブースだった。

ルシオが単独でメキシカンブースをつくっていた。売っていたのはタコス2種とメキシカンライス。タコスはトルティーラの上に具をのせたあと、さらに3種のソースをかけてくれる。繊細で上品!とても素敵なお料理だった。そしてメキシコブースのみなさんおつかれさまでした

ソフィアも単独でペルーブースをつくっていた。ポテトサラダとラザニアを売っていた。

レイさんのスウェーデン料理


(写真:まりこ)
4月29日米軍根岸住宅に住むレイさんのスウェーデン料理初めてのクラスを開催した。

メニューは●左上写真の食前酒:アクアビット(Aquavit)とカシス(のようなフルーツ酒)のカクテル。

アクアビットはジャガイモで作ったアルコール度数40度の蒸留酒。アルコール度数が高いため瓶ごと冷凍室にいれても凍らない。このアクアビットはスカンジナビア半島で「スコール」という独特の儀式にしばし用いられる。バイキング時代にはじまったこのスタイルはで乾杯する人と目が合った瞬間「スコール」といって目を大きく見開いたまま一気にアクアビットを流し込み、続けてビールを流し込む。
クラスではそんなイケタ飲み方はせず上品にただただ頂く。



●ベークドスェーデニッシュチキン。アーモンドリキュールとクリームのソース。オーバーヌードル。(写真右上)
タラゴン、アマレッドリキュール、ケッパー、生クリーム、バターetc etcで作る完成されたソースをチキンやパスタにからめたお料理。皆で美味しい美味しいとほおばった

●トマトサマーサラダ。マスタードソース。ディジョンマスタードベースのオリジナルドレッシングは砂糖が入ってまろやかな味に。少し苦味の有る青菜でもばっちり合う。これも人気だった。

●キャラウェイロールは冷凍のクロワッサン生地にキャラウェイやチーズを巻き込んで焼いたもの。しっかりとした味わいなのでソフトなチキンにぴったりとあった。

●クリームチーズブルーベリートライフル
エイミーも使ったカステラをスクエアに切ってクリームやフルーツを段々に重ねていくデザート。簡単だけど美味しい!レモンがクリームに混ざってサワーな感じがすごく気にいってしまった。

エイミーのクラスではいつもリラックスしているレイも今日はすごい緊張したみたい。ふとみたら額に汗を書いていた。おつかれさん。

クラスの間エイミーと私はキッチンに入らず隣の部屋からそっとレイのレッスンを見守っていた。嘘。ずっと遊んでいた。エイミーにyahoo翻訳を使って日英を翻訳する方法を教えてみたり(後日エイミはそのサイトを使ってこのブログに日本語で書き込むことをトライした)、米軍内で募集しているすごくお得なツアー情報をおしえてもらったり、ソプラノーズというドラマの話を聞いていたり。
時折、お互い我に返ってこれじゃ 『あかん』と レイのキッチンに行き写真を撮って仕事をする振りをする。でもすぐにキッチンを出てはおしゃべりを繰り返す。日米さぼるOLの習慣はどうやら一緒らしい。
時折まりこさん達も立ちつかれたのか集中が切れたのか、こっちのさぼり部屋にやってくる。やばいやばい。キッチンに皆でもどらねば。また我に返りキッチンで食器洗いをして仕事をしている振りをする。

さておき美味しい食事はできあがり、楽しくいただく。
今日も一日お仕事んばった 合格! 料理教室にあけくれたGW一日目のできごと。

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR