コロンビアのトロピカルな大西洋沿岸のお料理たち


写真は下からカジキマグロとイカの(材料に変更がありました)のココナッツソースとカボチャのライス

ルスのクラスに行って来た。メニューは
●サワーアップルマティーニ とバナナチップス チーズディップ添え
●ソルトチーズとヤムのデリシャススープ
●サバ又はニシンのココナッツソース
●カボチャのライス
●フライパイナップル バニラアイスクリーム

前日ほぼ徹夜だった為、へろへろになりながらクラスに参加。
NSP = ニキ スーパー ポジティブ の薬である「他人飯」を食べに伺う。

今回のルスのメニューはコロンビアの大西洋沿岸のお料理たち。

今回はココナツを多様につかったご飯。ココナツといえばタイカレーに南インド。そしてカリブ沿岸にアフリカ! 食べなれるまではココナツ=コパトーン。そして湘南海辺に転がる黒肌背中..だったのに、今ではココナツ缶のないキッチンは考えられない。

ルスのお友達であるクラ(名前を忘れたため仮名)さんというオランダ大使館にだんなさんが勤めているご夫人が遊びに来ていた。クラさんは若い頃、友人の住むオランダに旅行していたとき、今のご主人に見初められ結婚した。
以来大使館という特殊な職務の関係で世界各地を転々としている。

「このお料理を日本で習えて食べれるってすごいことなのよ。本当に!」

クラさんは何度も何度も熱弁する。コロンビアを離れて偶然日本であってこうして郷土料理にめぐり合えたクラさんはいたく感動したらしい。

しいていうならば津軽料理をインドのゴアで食べるようなものなんだろうか。

黄色に熟したプランティンを焼いたものにチーズをディップにして塩を加えたソルティチーズを出してくれた。 

「プランティンは塩のチーズが本当にあうのよ」
とルスがいう通りとても美味しい。チーズは何でもいいんだそうだ。

ヤムのスープはなんとサトイモを使った。トマトスープに溶けたチーズと柔らかいサトイモが浮かぶ。身近にある材料なのに、意外性があって作りやすくこれもまた美味しかった。

感動したのはいうまでもなくココナッツライスとココナッツソースのかかったカジキ&イカ。カジキとイカはスパイシーに焼き上げ、タイム、レモン、サワークリームがココナツソースに加わりマイルドでとても上品な仕上がりになっている。

それにぱらぱらっとした炊き上がりのココナッツライス。

どれもとても柔らかくそして優しく泣きたくなるほど美味しかった。
お料理の写真は 「料理写真」にいれておきました

モロッコの茶道


使用するのは緑茶。中国から輸入をする。もともと緑茶が中国から伝導されたときにはじまった文化なんだそうだ。

品質により等級があり、良質の緑茶はミントをたていないでいれる。

もしミントをいれる場合は必ず「生」のミントを用いることが条件とされている。

ミントが手に入らないときはアプサン、ヴェルベナ、バジル、オレンジの花といった香草がお茶に加えられる。

好みに応じて砂糖が加えられる場合はある。

小さなお盆の上に筒が置かれ、その中にはおのおの緑茶、香草、角砂糖、ミント、が詰められている。

作法はいたって簡単。茶に味を付けてもてなすことを抜かせば日本のものと少し似ている。

主人が沸騰したお湯でティポットをゆすぎ(ポットを温める) 緑茶の葉をいれて熱湯をそそぎ湯をすてる。

好みに応じて砂糖を加え ポットに熱湯を注ぐ。

最初の一杯はミントを入れないでたてる。お茶は最高級品でなければならない。

二杯目には手で握りつぶしたミントの葉と砂糖が茶に加わる。(写真)

三杯目の茶はクローブやバジルが加わったものが好きな客人がいたときに茶が用意される。

参考文献:http://www.yamaboshi.com/africa/mail/postmail.htmlの本より。日本中近東アフリカ婦人会さんが作られた本で写真の掲載はなく分量のみだが、だからこそ読者がよりわかるよう わかりやすく書かれている。
1冊200ページの本にはぎっしりとレシピや小話が掲載されている。

生胡椒の塩水漬け


写真は生胡椒を塩水漬けしたものです。数粒を奥歯でぎゅっと噛み締めると胡椒独特のスパイシーさの中に果物のような芳香が口の中に漂う。

今まで胡椒というと、乾燥した胡椒を料理の下ごしらえに使う位しか思いつかなかったが、生の胡椒は実に日本食に良く合う。

一番好きな食べ方はお豆腐に刻んだ生胡椒をかけ醤油をかけずにいただくもの。

次に好きな食べ方は白いご飯の上に散らして食べる 胡椒散らしご飯。

胡椒の香りとても柔らかく素晴らしいので、淡白な味わいの素材と相性がいいらしい。

生胡椒はアジア。特にタイ料理の大切な素材のひとつです。もし生の胡椒を手に入れる機会があったら実を房からはずし、良く洗い、海水と同じ濃度の塩水につけておけば3ヶ月は持ちます。古今東西調べた結果塩漬けが一番美味しいと思いました。

恋愛

コメントによれば
恋愛は、不安定な人間関係。これに耐えられない人は、恋愛できない。
結婚は、治そうとするな。わかろうとせよ。

だそうです。

わたしの場合...
恋愛のコツ。-->適当につきあったらうまくいき まじめにつきあうと失敗する。

結婚のコツ。-->適当に過ごす。 

みなさんはどんなコツで過去、現在、未来をおすごしでしょうか

----------------以下 転機内容です--------------

http://www.n-seiryo.ac.jp/~usui/sigoto/kouenn/96.11.19.htmlの内容だそうです
=====================

男と女の心理、転職・結婚情報 etc. 満載講座
(このページは、上記の講演資料を公開したものです。) 

心理学を身近に学ぶ2
恋愛心理学
男と女の関係、恋愛・結婚の心理
BOOK 「恋愛の心理」(国分康孝 著)


'96.11.19   万代市民会館     

 新潟青陵女子短期大学福祉心理学科 碓井真史
(現、新潟青陵大学 看護福祉心理学部) 

                       

1「ラブ・ライク」テストの実施、それは友情? 愛情?(別紙参照)


2 恋愛とは、

 「性感情を伴い、心と心がふれあう男女の人間関係」

 「愛とは、友情+情熱+かかわり合い」

 「仲良くなりたい+助けたい+二人だけになりたい」

 「恋愛などの親密さとは、自分の何かを失うのではないかという恐れなしに、自分と他者のアイデンティティを融合する能力」

 「友情はプラス感情だけ、恋愛感情はプラスとマイナスの感情の共存」

 「友情は、期間が長いほどさらに持続しやすくなる。

  恋愛感情は、時間がたつほど弱まりやすい」


3 男女のつきあい 5タイプ

 1 日常的なただのつきあい

 2 仕事でのつきあい(役割関係)

 3 遊びのつきあい レクリエーション

   レクリエーションづきあいに比べて、恋愛は、やりとりする感情や話の種類が多様。

 4 裏のあるつきあい 下心、別の目的がある

   「何かを埋めるための恋愛」は長続きしない。

 5 本音と本音でつきあう純粋な恋愛

  気疲れしない、気づまりでない関係。自分と相手を受容する

  心理的防衛をしない。


4 恋愛の4条件

 1 性感情 2 理想我に近い人 

 3 損得勘定のない共感 4 自己受容と自己開示

 

5 出会いのチャンスを生かすために

 1)相手の人間性に関心を示す(身体感覚、思考、感情、意図、行為)

 2)相手に感心を示されたら、自己開示する(心を開く)。

 3)相手の好意度をはかる4ポイント

  1 あなたの話したことを良く覚えている。

  2 態度で示す。(顔をむける、長電話する、おみやげをくれる)

  3 自己開示的 電話番号、学歴、相談事

  4 あなたの発言に、多くの言葉を返す。

 

  *きっかけを作るために、「なばならない」にしばられない。


6 恋愛を育てるために

 1)かかわる回数を増やす

 2)好意を伝える方法、相手の心に近づく方法

   心に響く声、豊かな表情、視線、熱意、プレゼント、

   パーソナルスペースを破る(物理的に近づく)、共同作業

 3)相手の気持ちを知る8ポイント

   1反応的かどうか 2リラックス 3自分の弱点や秘密を話す

   4個人的プレゼント 5こちらの好みを覚えている

   6こちらの話を良く覚えている 7独占欲、嫉妬心 

   8時間のやりくり

 4)関係を長続きさせるために

  ・二人だけの行事を持つ

  ・話題を豊富にする

  ・相手を自分の思い通りに変えようとしない。

 

7 別れ

 1)人生を棒に降ってしまう恋愛

  ・一方が他方をおどす場合

  ・一方が弱さを売り物にする場合

  ・一方が罪障感を駆り立てる場合

 

 2)別れた方がいいかどうかを見きわめるポイント

 好かれていると感じているか・好きだと感じているか・大事にされていると感じるか・大事にしているか・信頼されていると感じるか・信頼しているか・デーとして楽しいか・時間を惜しむ気にならないか・劣等感を持つか・話は通じやすいか・話は合うか・

互いに支持的になれかるか・具体的に助けたり、助けられたりしているか・知識や技能を教え合っているか。


3)別れを恐れる心理

 ・幼児性が強い

 ・過去の満たされなかった関係を再現してしまう。

 ・アイデンティティを失うのが恐い。

 *別れを恐がりすぎていると、恋ができない。

  別れを恐がりすぎていると、不幸な関係を続けてしまう。


4)迷いを整理するために

 恋人なしでも生きられる・恋愛の責任は、おたがいさまである・ 

 嫉妬心イコール恋ではない・恋人はクライエントや患者ではない・

 中途半端な人間とつきあうぐらいなら、恋人なしの人生の方がずっと 良い・別れたつらさは永遠に続くわけではない・恋愛が成功してもし なくても、自分の価値は変わらない。


8 結婚

 1)恋愛と結婚のあいだ

恋愛は、不安定な人間関係。これに耐えられない人は、恋愛できない。

結婚は、契約された役割関係。権利と義務を理解できないと続かない。

恋愛はロマンス。結婚はリアリズム。

恋人は経営コンサルタント。配偶者は、運命共同体の共同経営者。

結婚生活は、恋愛よりも悩みが多い。しかし、不幸というわけではない。


 2)結婚を決意する前に

  ・二人でひとつの世界を作っているか
相手の感情、考え、相手に関する事実を知っていて、受け入れているか。

  ・運命共同体、同盟軍という覚悟があるか

  ・自分は自分という意識を持っているか


9 男女関係をスムーズにいかせない心理的問題

ファザコン、マザコン(相手に父、母であることを求めてしまう。)

シンデレラ・コンプレックス(自律できない女)

ピーターパン・シンドローム(自律できない男)

金太郎コンプレックス(男らしさに迷う)

結婚モラトリアム(女性の心の成熟)


10 まとめ

*人を好きになったらどうするか。

  いろいろチェックポイントや、作戦はあるけれど、

  「好きだ」と誠実にいうことが一番。


*結婚後夫婦関係

  心理学がすすめる人間関係の基本は、共感的理解。

  「治そうとするな。わかろうとせよ。」

  しかし、それをふまえた上で、男と女は、やっぱりわからない。

  「わかろうとするな。協力し合おうと思え」



すてきな恋をしましょうね。

(恋愛心理学については、当サイトの別のページでも準備中ですが、とりあえず発達心理学、こころの発達3(恋愛、結婚の心理)。2001.10.30)




※このネタはまみさんと大さんにお教えいただきました。



柚子と味噌とふだん草


紀宮様(清子さん)と黒田慶樹さんの披露宴で腕を振るった 「帝国ホテル レ セゾン」ティエリーシェフのご飯を食べに行こうというお誘いが届きいってまいりました。

お食事は、サイドディッシュとアペタイザーはリモージュ釜のアビランドに載せられ、メインディッシュとデザートは白いお皿に盛られていました。これが今のフレンチの流行とのこと。そういえばアンジーもそんな風にお料理を盛りつけていたっけ。

前菜は2品。
●ヴィネガーの香りがするレーズンバターの上に褐色のパンが刺さり、生ハム(多分イベリコ)とイタリアンパセリが添えられたもの
※このアレンジは赤いワインに合う。イタリアンパセリの芳香が食をそそる。味はあっさりとしている。再現がしやすいメニュー。


●スモークの香りがする小さくキューブに切られた薩摩シャモにマスカルポーネとオリーブオイル、ブロッコリーのソース添え。
※塩味の効いたシャモにソルティで滑らかなブロッコリーのソース。とろり溶けたマスカルポーネが何ともいえない存在感。上質なオリーブオイルが絡むことにより一度にたくさんの芳香が口の中に広がる。

●パンに添えられているバターはノルマンディ産のノン発酵バター。ブルターニュ産のスズキのオーブン焼きに添えられたパンは「お魚用」として開発したパンで、割るとふんわり海藻の香りがする。

●すずきのオーブン焼き
※日本産のスズキではこの料理は再現できないとのこと。あえてブルターニュ産にこだわり空輸していただいたそう。スズキの下に薄くスライスされたセロリが添えられている。

●特選和牛厚切りサーロインのソテーグルヨットのジュ。
※このお肉。ローストビーフの真ん中だけをとってお料理をしたもの。上質の中の上質。さらにお肉にはピスタチオオイルが添えられている。

●ふだん草のグラタン フルムダンベール風味
ふだん草。南ヨーロッパ原産。日本では主に京都で栽培をされていて「うまい菜」と呼ばれている。青梗菜のような風味を持つ。これをミルフィーユ仕立てで重ねていき、最後に濃いミルクをかけてグラタンに仕立てたお料理

他デザート。

----------------------------------
全体的に大変バランスが良くとても美味しくいただくことができました。
ティエリーシェフは日本に来てまだ1年と少し。
「一番大変でおもしろかったのは素材探し。日本で手に入るものと入らないものがある。できれば日本国内で調達したいけれど、スズキ。これはブルターニュ産じゃなきゃこの料理には合わないんだ。日本に来て一番気にいった食材は味噌と柚子。味噌は赤も白も全ての種類に興味があるんだ。味噌と柚子が好きなら柚子胡椒を試せって?大阪で食べたよ。フレンチに?うーんそうだね..」

異国の地日本で受けた柚子と味噌のインスピレーションは彼をどう変えていくんだろうか。今回は赤座海老にレタスを巻いたお料理にしっかりと柚子の香りをしのばせていた。フレンチが瞬間に和風に感じられた素晴らしいお料理。

そして気になっていた紀宮様の披露宴で出されたメニューはというと..

「秘密です。メニューは心の奥深いところに隠されています笑」

「いいものに出会うと確実に後からジワジワと力になる。」

今回お誘いをいただいた方から会の後にいただいた言葉です。たしかにジワジワと力になってきているそんな感じのお料理達でした。

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR