ソフィア12/10お手伝い募集!

ソフィア12/10のお手伝いを2名募集しております
募集要項
当日のパーティ参加者で12/10am11:00にソフィアの家に直接いっていただける方、お手伝いいただける方は是非メールをおねがいいたします

nikikitchen@yahoo.co.jp

タイのロイカトン祭2005

タイのロイカトン祭2005 
11月26日27日の土日、10:30~19:00
日比谷公園 大噴水広場 にて 入場無料
ロイカトーンとは灯篭流しのことで水掛祭りと並ぶ大イベントです。今年はタイのお寺の縁日のような雰囲気を味わっていただく、楽しいお祭りです。
タイの伝統楽器の演奏、タイのポップス、ムエタイ、ゲーム、ミスロイカートンコンテスト・などを予定しています。その他お祭には欠かせないタイ料理・
食品店・お菓子の屋台・物産民芸品店・マッサージなどのテナントが出店します。

詳細
http://www.itdaschool.jp/loikatong2005%20kasudo%20.htm
<ツッキーさん とらおさんより 情報です>

Sara より レシピが届きました

アメリカに3年前帰国したサラより レシピが届きました

Latin Roasted Pork Shoulder

Mash to a paste with a mortar and pestle or very finely chop with a knife:

12 large cloves garlic
2 tbsp salt (30 mL)

Remove the mixture to a bowl and stir in:

2 tbsp dried oregano (30 mL)
1 tbsp ground black pepper (15 mL)

Moisten to a pastelike consistency with:

1 to 2 tbsp red wine vinegar (15 to 30 mL)

With a paring knife, cut deep tunnels into the exposed fleshy ends of:

1 picnic shoulder (about 7 lbs or 3.18 kg)

Push 2/3 of the paste into the pockets with your fingers. Loosen the skin in several places and spread the rest of the paste underneath the skin and over the surface of the roast where there is no skin. Wrap the roast tightly in 2 layers of aluminum foil and refrigerate for 24 to 48 hours.

Position a rack in the lower third of the oven. Preheat the oven to 325 F (163 C).

Arrange the roast (without the foil) on a rack in a roasting pan and roast to an internal temperature of 185 F (85 C), 4 to 4 1/2 hours (the temperature will continue to rise 5 degrees out of the oven), brushing the skin every 15 to 20 minutes with cold water to keep it soft. Let the roast stand, loosely covered with aluminum foil, for 20 minutes before carving.

ありそうでないこと

うまく説明ができないけれど 先週、急に友人に電話をかけたくなった

実際の声を聞くのは4年ぶりだ


「元気?」


電話口からくぐもったトーンの低い声が返ってきた。


「もしかして仕事中?」

「ううん。わたし死にかけていたの」

「ありゃ まあそんな時に」


突発的に起きた病 後30分遅かったら..という危ない淵から生還したんだそうだ。

入院は1週間。



4年ぶりの1週間が 365*4年=1460日 そのうちの7日にあたる確立は1/200

日常では不思議でない確立

実際にこの話をしても「ふ~ん そういうこともあるよね」と大概そこで話は終わってしまう。



病院にお見舞いに行き 少し話をした

しばらくすると 彼女の携帯に着信が

「なんでだろうね なんでこんなときに電話が鳴るんだろう」

「入院して1週間だっけ。その間に数年ぶりにかかってきた電話何本あった?」

「3本」



するとこの確立は200*200*200=800万分の1になる 

そこに人生のうちに彼女の危険な状態が訪れる割合をかければ...それは天文学的な数字に変化をする





昨日、料理教室で知り合った人たち3人と小岩にある四川料理を食べに行った

その店は駅から少し歩く。 

 
住宅街の奥まった所にあり、四川から来たお母さんと息子さんの2人で切り盛りをしている。


中に入るなり

「やだ~!※※※なんで?」


連れて行った人と、おみせの息子さんが知り合い同士だった。


「英会話で一緒なの 小岩で中華のお店を手伝ってるとは聞いたけど..すごい偶然でびっくり」



実際にこの話をしても「ふ~ん 偶然だね」で終わってしまうことが多い



「中華」というのは情報のひとつであり、小岩には数千件の飲食店が存在する。

しかもこのお店は口コミでないと 訪れることが難しい路地裏タイプ。



彼女と彼が英会話のグループので出会える可能性。


無数の出会いの中から彼女と私が料理教室で出会ったこと



そして大切なのは彼女と彼が別の場所で 別の立場として出会えたチャンスはこれも天文学的な数字だと思う。




不思議を通り越してちょっと怖いな。



そう思いながら、昨日久しぶりに本棚からまだ読んでいなかった 

村上春樹の 東京忌奇たん集という新書をひっぱりだしてきた。



偶然にも



その第一話は 同じような偶然の出来事がおさめられた話だった。


それにそって話せばこの偶然はこうだ。



「きっかけは何よりも大事です。そして偶然の一致は実はとてもありふれた現象で、自分が求めていることが強い意志になって 視界に中に現れてくるんじゃないかな」



もしくは



「もっとシンプルに入院の神様、中華料理の神様がいるのかもしれない」



アレちゃんのCM

ルシオの娘アレちゃんが出ているCMがスタートしました

毎週月曜日、18:55~20:00
TBSテレビ 関口宏の東京フレンドパーク2
の中で放映される山崎パンのクリスマスケーキのCMです

アレちゃんを含む数人の女の子がハンドベルを演奏していて
その前を松たかこがケーキを持って歩く という内容です

カラードグリーン

カラードグリーン。別名、アフリカキャベツ、スクマウイキ、スクマキャベツ

アフリカンアメリカン、アフリカンの方がこよなく愛する緑野菜。堅めの葉と渋味があり高菜が一番似ているといわれています。

最近日本でもカラードグリーンに着目をしはじめ栽培がはじまりました。
http://www.pref.aichi.jp/nososi/seika/sokuhou/topi.htm#78-11

栄養価が高いため第二の青汁として販売されています。

野菜としても数年後は市場にも出回ってくる可能性が高そうです。

自宅で作られるときはほうれん草ではなく高菜を代用してみてください☆
もしこだわるならカラードグリーン 苗から育ててみる?(現在在庫切れ)
http://www.sakataseed-netshop.jp/html/item/000/001/item16719.html

ヨーロッパ秋祭り in 日比谷

yukoさんから情報をいただきました

http://www.eu-japan.jp/introduction/index.html

名称 ヨーロッパ秋まつり in 日比谷


サブタイトル ー2005年日・EU市民交流年ー


開催日時 2005年11月 12日(土) 11:00~16:00
13日(日) 10:00~16:00



開催場所 日比谷公園【噴水広場・野外小音楽堂等】 〒100-0012 千代田区日比谷公園1-6



交通 営団地下鉄丸ノ内線・千代田線「霞ヶ関」駅B2出口より徒歩2分
営団地下鉄日比谷線「日比谷」駅A10出口より徒歩2分
JR「有楽町」駅日比谷口より 徒歩8分
駐車場(地下公共駐車場・有料) 8:00-19:00 30分200円


主催 外務省


料理:ドイツのソーセージ、フランスのそば粉のクレープ”ガレット、イタリア焼き栗マローネ、イギリスのチキングリル、ベルギーのフリッツ(フライトポテト)、

またイベント2日目、11月13日(日)12時より、先着200名様にパエリャを無料試食会あり

こんぺいとう


時折不思議なこと おきませんか?

「前ぶれ」

例えばある日、急にシンガポールの話題ばかりがなぜか耳に入る。心と体がシンガポールモードになった、そのあとアンジーと知り合った。

例えばある日、どうしても新宿の家具屋でなければ家具をかってはいけない気がして向かったところ駐車場でとつぜんスキンヘッドのお兄さんに1000円貸してくれ!と頼まれた。後からその人は高校生向けの英語の教科書を出版している人でそれがきっかけにラクシュミさんがそこのライターさんになることになった。

例えばある日、探しても見つからなったレストランが引越し先の目の前に建っていた


今日はこんぺいとう。



ふと夜中に目が覚めた。何気なしにPCを開けると、とらおさんからメールが届いていた
「東京のこんぺいとう屋を探しているんだけど しらない?」
「ううん 知らない」

たぶんとらおさんから こうして 物探しのメールが はいったのも
はじめてだし、 こんぺいとう屋の話題をするのも人生はじめてだ。

その後の検索で京都に有名なこんぺいとう屋さんがあると知った。



あけて夜。Mちゃんとご飯を食べに行った。

「そうだそうだ お土産があるんだ はい コンペイトウ」

「え?これもしかして 京都の?」

「うん そうだよ」


いただいた こんぺいとうは 京都にある緑茶庵のいちごの金平糖。

http://www.konpeito.co.jp/

なにか起きるんだろうか

わくわくしながら口に甘いこんぺいとうをほおりこんだ



プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter

現在の閲覧者数:

counter 2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR