「ハナマサ薄力粉 プロ仕様 小麦粉」


{写真:Yuko}

「ペトラのパンって目からウロコなの。パン作りってこんなんでいいんだ! って思うほど簡単。

今日はベーコンロール、ピザ、アップルケーキ、オニオンブレッドの4つの粉物を作ったんだけどオニオンブレッドに少しだけライ麦をいれた他は全て薄力粉ひとつで作ったんだよ。

しかもドライイーストを混ぜた粉をお部屋の暖かいところに少しの時間放置して、後は全部の材料をハンドミキサーでがーーーと混ぜてオーブンで焼くだけ。

それでドイツのパンができちゃうの。」
とYさん




ペトラは毎朝パンを焼く。

そして使用している小麦粉がこれ「ハナマサ薄力粉 プロ仕様 小麦粉」

肉のハナマサで手に入る手頃な価格の小麦粉です。

ペトラのパンは小麦粉を選ばず、そして簡単なプロセスで作れるケンタロウ型パンなのです。




「日本の小麦粉って強力粉、中力粉、薄力粉って3つあるでしょ。ドイツには小麦粉が1種類しかないのよ」と普段パン教室の先生をしているEさん

どういうことかと調べてみたら、日本の小麦粉(強力粉、中力粉、薄力粉)はグルテンの量によって分かれているんだそうだ。そしてこのグルテンの量、食パン等ソフトなパンを作る際にはとても重要になってくる。

しかしドイツではグルテンの力を必要とするソフトなパンの需要は少なく、あまり膨らまなくてもよい硬めのパンが好まれる。

出来上がりの柔らかさを気にしなくてすむ。だからとても簡単にパンができあがります。

「生地の発酵(部屋の片隅に置いておくだけ)、混ぜる、成形、焼く」の4つのプロセスの簡単ベイク。

このパン、長くは保存できないけれど、焼きたてにハーブオブプロバンスとガーリックを混ぜたバターをさっと塗って食べると最高です。

<訂正済>

「クノール クラフトブイヨン」


ドイツ料理のペトラさんが愛用している「クノール クラフトブイヨン」

ドイツではとてもポピュラーなベジタブルブイヨンです。日本で販売はしていません。


日本の市場ではコンソメに始まり、ビーフブイヨン、チキンブイヨン、フィッシュブイヨンが一般的です。

まだあまり出回っていない野菜ブイヨンはその名の通り「野菜を煮たときに出るスープを粉にしたもの」。セロリの香りと、ニンニクの旨み、味の素の旨みが混じりあったような味がします。 

ペトラさんはこの野菜ブイヨンを、リーク(長ネギ)スープに使用したり、ピザをの下味として使用していました。

ピザのドウの上にトマトとクリームを混ぜたソースをのせて、玉ねぎやベーコン等をトッピング。野菜ブイヨンを下味に使いオーブンで焼けばベジタブルピザの完成です。

セロリの香りがほんのりする優しい味に仕上がります。

さてメーカー違いですが、代用品の「野菜のブイヨン」は元町のユニオンで入手が可能です。
例:http://www.rakuten.co.jp/jiai/528252/

ウマさんのヨガとラサさんのヨガ

今朝、ふと目を覚ますとラサさんから1通のメール

「スグニ デンワクダサァイ」


うわ..ナンダロウ。朝7:00 ラサさんに電話をする

けたたましい声で


ラサ「ニキさん ヨガ ナンダト オモッテルデスカ! ヨガヲ シタ アト 1ジカン ゴハン タベラレナーイ!。30分 ナニモ ノメナーイ! ワタシハ ハジメテ ヨガ ヤッタトーーーキ  1分シカ デキナカッタァ。ソレナノニ ヨーガ 20分ナンデースカ! トテモ タイヘンデス」

とかなりご立腹


私「ラサさん 20分っていってたから..」


ラサ「チガイマァース ヨガとは..5フーン(分)ストレッチ、5分 呼吸ノストレッチ、10フーン(分)ヨガ エクササイズ デース。コレデ20分デース 」



どうやら今朝のラサの憤慨は来月のスケジュールのメールに「ヨガ20分」と書いたことにあったらしい。


ストレッチ、呼吸のストレッチ、ヨガストレッチの計20分 と ヨガ20分 の違いが色々あるらしい。



一報、ウマさん

ウマさん「ミンナ30分 ハヤク コレナイカナ。」

私「朝早いとつらいかも。」

ウマさん「ソッカ ミンナ オナカスクカト オモッタンダケド。ヨガヲ サキニ ヤルカラ イツモヨリ リョウリ オソクナルデショ。」

私「そっか。ヨガ難しい?」

ウマさん「そんなことないよ 簡単だよ」 
   


二人と会話をしていると同じヨガとは思えない。とてもヨガも奥が深いらしい

  

ルシオメキシコ料理教室


{写真:まりこ}

ルシオのメキシコ料理教室に夕方から顔を出しました。

ルシオクラスには3人のまりこさんが代わる代わる訪れる。

「同じ名前が多いのでニックネームが必要!」

ということで、いつも綺麗な写真をとってくださるまりこさんが「組長」と呼ばれている事実を入手。早速「組長」使いまわし。なんか組長と呼ぶとそれらしい風格が出てくるから不思議だ。

今日来たもうひとりのまりこさんは、スペイン語も英語も堪能。ルシオが作り置きしていたブラックモレの作り方を克明に聞かれていたとのことでレシピをぜひおくってくださいましーとみんなで頭を下げる。

みんなに聞いてみた。「ねえねえお料理をする人、食べたい人どっち?」

する人3名、食べたい人5名

ホームステイ感覚で各国のお母さんから出してもらうお料理をぱくぱくと食べたくなる、そんな人も多く来る。

特にメキシコ料理は世界の中でもお料理にかける時間は最長の部類。ついこの間までシンデレラが炊事をしていたような大きな台所がメキシコの大農家には必ず1つしつらわれていて、末娘はお母さんが亡くなるまで結婚をしないでお料理を作り続けるという文化が存在した。末娘はそれしかやることがないし、煮えきれない恋をするパワーを全部料理につぎこんできたわけで、そこで一品に付き半日から数日かけて作るという文化が生まれた。

それを教えてくれるのがルシオ。驚くほど手間と時間がかかる。
本当のメキシコ料理なのだ。


そして人生の全てを料理につぎこんできたメキシコの末娘達が作り上げた文化を1回で作れるようになる。というのは手っ取り早い話しかなりの語学力と腕前がないと難しい。

しかし日本にあるメキシコレストランでさえなかなか作らない本物の料理を生で見れるという貴重な時間と体験はこの場でしか味わえない。

その貴重さが彼女の人気をさらに白熱させたものとなっている。


今回のメインはブラックモレ「グアジロソース」を添えた海老とサボテンの料理「Shrimp tenochitlan」をいただいてきた。
サボテンは酢漬のものを使用し、味は山菜に良く似ている。グアジロソースはビターな味わいでしっかりと身のしまった海老に良く似合う。

メキシコの末娘達のお話を読んでみる

アヒアマリージョ ホットソース


タバスコタイプのさらっとしたソース。

●ペルーのアヒアマリージョ(イエロー唐辛子)をベースにした
「アヒアマリージョホットソース」
https://www.websuite.ne.jp/aquarius/ec/youki/SiteManager.jsp?COMM_001=0001100004&GOODS_NO=1581

●メキシコのチレチポトレ(スモーク味のチリ)をベースにした
「メキシカン チポトレホットソース」
https://www.websuite.ne.jp/aquarius/ec/youki/SiteManager.jsp?COMM_001=0001100004&GOODS_NO=1161

を発見。本物のアヒアマリージョやチポトレに比べあっさりとしているが香りは同じ。

ピザやパスタ、スープ等にも使える

ユウキ食品から

メキシカン料理フェア


昨年に引き続き、お台場にあるホテル グランパシフィック メリディアン『メキシカン料理フェア』へいってきました。

フェアでは本場のメキシコ料理が一同に、しかもお手頃価格で食べることができます。
ブッフェテーブルの表も裏もアペタイザーからデザートまでメキシコ料理!
チョコレートとチリ、十数種類の食材を煮込んで作るレッドモレがベースの豚のアドボやグリーントマトで作るグリーンモレ料理など、味わい深いメイン料理が目も舌も楽しませてくれます。

机の上に全種類を一同にのせて、フォークとナイフでこれでもかと頬張っているとメインシェフのマルガリータさんがやってきました。

「昨年も来ました。特にモレ料理を楽しみにしています。」
「ありがとう。2週間近く開催するので是非一度といわず二度、三度と来てくださいね」


しばらくすると、にぎやかなギターとトランペットの音と共にメキシコのバンド マリアッチがやってきました。
テーブル2-3個をマリアッチ達数名が囲んで1曲演奏をしてくれます。
テーブルの右と左にトランペッターが立ち、情熱的な曲を演奏してくれるプログラムは感動モノ。

こちらのバンドは決まった時間帯にしか訪れないので、来る時間をホテルレストランに確認しその時間を予約するのが良いようです。

お料理は時間帯により変わるメイン5種やアペタイザー等メキシコの郷土料理を華やかに披露。メキシカンチリ特有のピリっとしたお料理は少なく全体的にあっさりした味付けでした。デザートがとてもおいしいので別腹はとっておくように。

●グランパシフィック メリディアン(お台場)
日時: 2005年9月23日(金・祝)~10月2日(日)
大人 ¥3,465 お子さま(4~12歳)¥1,848

http://www.meridien-grandpacific.com/events/fiesta_mexicana.html

◎メキシコ料理中心のブッヘェをお好みの方は1Fにあるカフェレストラン「エルベット」へ 9/23~9/25 ランチ11:30~14:30 ディナー18:00~22:00
マリアッチの音楽付

◎しゃぶしゃぶ(9月)やローストビーフ(10月)+メキシコ料理がちょこちょこっと楽しめる「メキシコ料理コーナー」を希望の方は2Fにあるロビーカフェ「ル・ブーケ」へ9/23~10/02 ディナー18:00~22:00
マリアッチの音楽があるかは不明

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR