FC2ブログ

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/



最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Counter

現在の閲覧者数:

counter 2


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

台湾油飯 (ヨウファン) 

数年前にさかのぼります。

台北にいくなら「永樂市場」の中にある「林合發油飯店」に行ってきて!

そうファンちゃん(台湾料理教室陳さんの娘さん)にアドバイスをもらい「油飯(ヨウファン)」を

買いに行ってきました。

「とても人気があるから午前中の早い時間に売り切れてしまうから早めにね」

訪れてみると、50名以上の長い行列。


017A1304_20201026025800035.jpg


台湾では男の子が生まれて生後1カ月になると油飯(ヨウファン)を配る習慣があるため、

何十個もまとめ買いするお客さんもいれば、お昼ごはんにと1個だけ買うお客さんも。

そのため、いつも20分位並びます。



さて油飯(ヨウファン)とありますが全然油っぽくありません。

この油は「醤油」を意味するものだそうです。

香ばしくパラリと仕上げた餅米に肉や甘辛いソースが 絡み、噛むごとに美味が口の中に伝わります。



林合發油飯店の油飯。一度食べて虜になってしまい、それから台北を訪れるたびに

何度もチャレンジしていますが

いつも売り切れていて、買うことができたのはそれから一度だけ。

いつか陳さん、油飯を教えてくれないかな。。そう願っていたところ夢がかないました。




さっそく引き取りに行ってきた陳さんの油飯を家族にだまってだしたところ

「え!林合發油飯店」日本に出店したの? 

とすっかり騙されてくれました。

「陳さん やっぱりさすが料理上手だね」と 

みんなで感心しながらいただかせていただきました。



今回は作り方の動画付きのレッスンです。

「簡単なのにすごく美味しくできてびっくりしました」という感想もいただきました。

そして引き取りレッスンを受けられた方には 

スカイプでオンラインレッスンも特典として

設けてあります。

「バーガーの作り方、高菜炒め、おこわの具の仕込みなど見ることが出来ました。


わからなかった細かい点も説明して頂きましたし、質問タイムもあったので、

皆さんの質問も自分の質問と合わせてとても参考になりました。

とても有意義でした。」

という感想をいただきました。

引き取りレッスン特典のオンラインレッスンは11月7日に行います。

まだ予約枠があまっていますので是非ご参加ください。

<写真 陳さんの油飯>

A69Y9085.jpg

台湾の破布子 

台湾の破布子(はぶし)は、またの名を「樹子」と呼びます。
日本では、奄美群島以南で生息ている低木になる木の実で和名ではイヌジシャと呼ばれています。

台湾では、この実を醤油ベースの煮汁で煮込んだものが瓶に入って売られています。
台湾独特の調味料で作られる定番の魚料理の一つです。

lan201903061.jpeg 

台湾料理教室の蘭先生さんが破布子(はぶし)を使って鱈と破布子の蒸し料理(破布子蒸魚)
を教えてくださいました。
lan201812087.jpg 


生徒さんから素敵なご伝言です

蘭先生の「台湾のおもてなし〜破布子(樹子)を体験」のレッスンの際に使った破布子(樹子)ですが、
日本では販売しているお店が無くネットでも販売されていない物でした。
それを使ったお料理がとても美味しかったのであちらこちら探しましたがやはり日本で購入するのはとても難しかったです。


そこで度々利用させていただいている横浜中華街の「萬勝商事」さんでいろいろご相談させていただいたところ、個人的にお取り寄せさせていただく事になりました。その時聞いた話で私がお話に行った前にもやはり探しに来てた方が結構いらしたらしいのですが、「取り寄せも断ってるのよね。」と奥様がおっしゃっていました。

その際に料理教室で使った旨説明させてもらったらしばらくの間、お店で販売して下さる事になりました。 

とてもお手数とは存じますが、皆さんやはりこのお料理は美味しくて簡単なので作りたいとおっしゃっていらしたので、皆さんにお知らせしていただければと思います。 

今回は萬勝商事さんのご好意で取り扱いのない商品を置いて下さるとの事ですのでいつまでの取り扱いになるかは不明です。価格は税込で1080円です。

〒231-0023 横浜市中区山下町214(中華街西門通り) 11:00~20:00 火曜定休  TEL:045-662-1694

台湾、十二寮での料理教室 その5



ごはんを囲んだ後は


thai201809177.jpg

おばあちゃんと昔話に話がはずみます。

thai201809124.jpg


食後のお茶を飲んで、くつろいたあとちょうどお迎えの車が来ました。

朝7:45 台北から新幹線に乗車
朝8:15 新竹駅着
朝8:25 駅に車でお迎え
朝9:00 新竹のおばあちゃんの家に着
朝9:30 農作業開始
朝10:15 ご飯づくり開始
昼12:00 食事スタート
昼13:00 お車が迎えに来ます
昼13:30 新竹着

※ゆっくりめに楽しみたい方は1時間早く行うことも可能です

この後 台北に向かい夜便で羽田への帰路につきました。

お値段等のお問い合わせは nikikitchen@ga2.so-net.ne.jpまで
開講は月曜と木曜。
おひとりさまでのご参加も受け付けています。









台湾、十二寮での料理教室 その4

こっちは違うおばあちゃんち。

そう!十二寮の客家のおばあちゃんの家を巡れるのです。

thai201809172.jpg


話は戻って、料理は続きます。 

thai201809159.jpg 

鶏さんも十二寮生まれ。頭も出汁に使います。

thai201809164.jpg 


ご飯の時間です。

おばあちゃんやおじいちゃん。この日はお嫁さんも遊びにきました。

家族になった気分で一緒に「いただだきまーす!」

thai201809142.jpg


今日、おばあちゃんが作ったお料理。こんな沢山。でも2時間かかりませんでした。

thai201809128.jpg


先程、電鍋でつくったゴーヤの肉詰め。 

ご存知の方もいるかもしれませんが、実は獲れたてのゴーヤはまったく苦みがありません。

ゴーヤなのに大根のような味わいがします。

これも畑の側じゃないと食べれないお料理の一つです。

是非ゴーヤが収穫される季節にはチャレンジしてみてください。

thai201809131.jpg


龍髭菜の炒め物です。これまたすっごく美味しいの。

青菜なのに、柔らかなアスパラガスのような味がします。

畑で採って、下処理と調理法を教えてもらって、もう完璧です!。

thai201809133.jpg

真ん中の下。台湾のパパイヤのスープです。

オレンジ色に少し甘く熟していて、このお料理も、この地ならでは。

thai201809129.jpgthai201809134.jpg

とにかく野菜がいーっぱい! おばあちゃん料理の大名人。

thai201809141.jpg


thai201809143.jpg

台湾、十二寮での料理教室 その3

収穫した野菜を抱えて おばあちゃんの広い台所に向かいます。 

その間も、陳さんがずっと日本語で通訳をしてくれます。

thai201809138.jpg 


台湾 客家の人たちの伝統的な台所です。広くて合理的! 

おばあちゃんは、結婚した時からこのキッチンを使っているそうです。

thai201809136.jpg


一番左は揚げ物、真ん中には中華鍋 取り外しも出来ます。

火力も強くてなんでも調理できてしまいます。右は鍋を置いて煮込み料理などを作ります

thai201809176.jpg

右に鍋を置いたところ。

thai201809163.jpg 


台所の脇には当然のごとく「電鍋」。 

台湾の家庭にはかならず1台置いてあります。

おかゆ、チキンスープ、ルーロー飯、茶葉卵をスイッチひとつでつくってしまう万能鍋です。

今回はゴーヤの肉詰めを蒸しましたす。

ゴーヤに漬物入りのひき肉を詰めて、あとはスイッチポンで蒸すだけ。

thai201809162.jpg

thai201809158.jpg 


thai201809161.jpg




 | ホーム |  » page top