琉球料理教室のご案内

8月のクラスご案内 ~ 琉球料理教室のご案内 <抽選>


人の運命そして人生は人と出会いによって変わるものだとおもっています。良い出会いがありました。ついに長い間探してた沖縄料理の先生がついにみつかりました。  具志堅良子さん 沖縄の首里に在住で、東京に進学をされている娘さんを訪ね月に一度の割合でこちらに来られるそうです。 教室は旗の台の娘さんのおうちで女性限定で行われます。

具志堅さんはもともとは福岡出身。10代の時に進学のため沖縄に引っ越され、沖縄へ嫁ぎ、以来沖縄に住んでいらっしゃいます。沖縄のお料理を基礎から知りたいそして極めたい。沖縄料理を勉強して知っていくうちに、昔のお料理がどんどんなくなっていくことに気が付いたそうです。沖縄の親せきや家族が集まるときに、つくられてる具志堅さんのお料理は、どれもとっても丁寧。まさに手仕事そのものでした。

「本当の沖縄料理は一日中台所にいてつくるもの。でも今の人たちは時間がないので、そんな昔のやりかた、味を忘れつつあるようです。沖縄の料理は、豚三枚肉を茹で、かつおだしをとるところから始まります。

血合いの入ったかつおから出汁を取り、味付けをしていく。また沖縄の炊き込みご飯ジューシーもおじやのようなボロボロジューシーと一般的な炊き込みご飯のようなクファジューシーとがあり、クファは固いという意味。クファジューシーはお盆の時にご先祖様をお迎えするお料理で、前の晩から仕込んで作るものです。現代では本当の沖縄料理を作る人は少なくなっしまいましたが、わたしが皆さんにお伝えすることで、お子さんやご家族へとすそ野が広がり、消えることなく残ってくれるものだとおもっています。どうぞ皆さんに本当の昔ながらの沖縄料理をしっていただきたいとおもいます」 とのことでした 


konbu9.jpg 


日程:8月29日 火曜日 11:00-15:00

場所 旗の台駅 徒歩4分のご自宅(品川区)

属性:女性限定

募集人数:3名様 (2名様は決定済みです)

料金:5400円

メニュー:

■クファジューシー
沖縄にはもうひとつボロボロジューシーといっておじやのようなものもありますが、沖縄の人がジューシーといったらクファジューシーのことを言います。クファは固いという意味でお盆の時に作ってご先祖様をお迎えします。今ではスーパーで売ってることが増え作る人も減ってきましたが本来はかつおだしと、豚だしをつかって丁寧に炊き上げます。

konbu2.jpg 

●沖縄風味噌汁

沖縄のかつおだしの取り方をここでは行います。

konbu7.jpg 

●ラフテー

つやっつやのラフテーは沖縄の郷土料理の代表格です。皮つきの豚肉を使い、じっくりお肉に味をしみこませる本来の方法をお教えします。

konu4.jpg 

●クーブイリチー

沖縄の郷土料理で、昆布の炒め物です。きっちりと出汁で煮込んでいきます。

konbu5.jpg konbu3.jpg

●フーイチリー

車麩を使ったこちらも沖縄の伝統料理です。
konbu6.jpg 

お茶と簡単な沖縄のお菓子(市販品)


今回はクラスの数が年に何回かしかできないため抽選とさせていただきます 尚、講師が沖縄から来られる関係で、台風で飛行機が欠航となった場合ですが返金または振替にて対応をさせていただきます。


ご応募方法

nikikitchen@ga2.so-net.ne.jp  まで お名前、年代、沖縄料理への思いと共にメールにてお寄せください
募集締め切り日:7月21日金曜日夜21:00まで
当選発表日:7月22日土曜日夜21:00
イニシャルでブログに掲載 当選者の方へメールにて通知いたします


なおみさんから インド料理教室アルティさんのお料理を作りましたレポートが届きました 

アルティさんからお料理を教わったあと,いくつか自分で作ってみました。 
アルティさんのお料理方法は、シンプルで自分でも作りやすく。しかも美味しくできると思います。
お料理の名手アルティさんに感謝です。これまで作ったアルティさんのお料理をアップします。

このとき作ったもののうち,アルティさんに習ったのは,コリアンダーチキンとダァパテェーです。


nomi1.jpg  
コリアンダーチキンは,コリアンダーとグリンチリンのフレッシュ感が溢れ,本当に美味しくできました。

ダァパテェーは,ちょっと生地が固かったのか,焼いたときに,ひび割れてしまい,アルティさんが作ったものより固くなってしまいました。

あとは,ジーラライス,じゃがいものスパイス炒め,ダルなど,自分でときどき作っているようなものです。

naomi2.jpg

naomi3.jpg 

二つめは,◆ミサルパウ◆スキカレジ◆ガラムマサラチキン◆バミセリバードネスト◆マスタードオイルサラダ。ムンバイパンは,探し求めてゲットしてきたもの。

naomisan8.jpg

 naomisan11.jpg naomisan10.jpg 

ほうれん草のコフタカレー,ほうれん草のケバブ,きゅうりのサラダ野菜プラオ(ソイプラオからソイを除いたもの)チャパティマスルダールカレー

naomisan5.jpg naomisan6.jpg 
naomisan7.jpg 

 アルティさんに習ったトマトプラオ&タンドリーチキン,ラグダ・パティス,キウイライターです。
   

トマトプラオ&タンドリーチキンは,美味しくできました。このタンドリーチキンのスパイス感はたまりません。

 


naomi4.jpg 



ラグダパティスは,パテのほうはきちんと作れたのですが,ラグダのほうは,水分が少なくなってしまい,スープがなくなり,豆のきんとんみたいなボテッとした状態に仕上がりました。失敗ですが
味は良かったです。naomi5.jpg 

アルティさんに習ったブレッドロールを自分で初めて作ったときのものです。


アルティ先生のお料理は,料理が上手でない私でも,ちゃんと再現できるレシピです。それに何より美味しくて、しかも早くできる。

 

あんまり手が込んだものは,作ろうという気が起きません。

 

ステキなクラスを提供してくださるアルティさんに感謝です!


naomi6.jpg 

このとき作ったものは,海老のビリヤニやブロッコリーのサブジなど習ったメニューではなく,自分でときどき作っているもの。ですので、このときはアルティ先生直伝はブレッドロールのみです。


naomi7.jpg 

インドネシア料理

インドネシアというと日本人にとっては「バリ」のイメージが強い。
だから、インドネシア=ヒンズー教文化圏だと思っている人も多い。

indinesia1.jpg 

でも、じつはヒンズー教徒が多いのはインドネシアの中でもバリだけで、国全体としてはイスラム教徒が圧倒的に多い。

当然のことながら、バリにはイスラム教のインドネシア人も住んでいる。
バリではイスラム教徒はひと握りだけど、インドネシアではヒンズー教徒がひと握り。

indnesia2.jpg 

で、ややこしいのが食べ物。バリ人は豚なくして生きていけないほど豚肉が好き。
結婚式などのお祭りごとには豚の丸焼き(バビグリン)が欠かせないし、バリではあっちこっちにこのバビグリン専門の屋台や食堂がある。

indnesia3.jpg 

ところが、イスラム教徒は豚肉を一切口にしない。
それどころか、厳格なイスラム教徒は、豚肉を使った料理でなくても、豚肉を調理するのと同じ包丁や鍋で作った料理もダメという人もいる。

食べ物の事情から見ると、イスラム教のインドネシア人とヒンズー教のバリ人は対極にある。うーん、複雑。

だから、バリでは現地の人を食事に誘うときは、相手の料理の好みや好き嫌いがあるかどうかということ以前に、その人の宗教が何であるかを知る必要がある。

といっても、いきなり「宗教はなに?」とか「イスラム教?」とかと尋ねるのは、どうにもぶしつけな感じがして気が引ける。
でも、無闇に中華料理屋なんかに誘ってしまったら、相手は何も食べられないってこともありえるので、気にしないわけにはいかない。

そんなときは、「ビサ マカン アパ サジャ?」(何でも食べられる?)と訊く。
料理や食材の好き嫌いを訊きつつ、宗教についても確認できる。

もしくは、アヤムゴレンの店に行く。
アヤムは鳥肉、ゴレンは揚げる。つまり、鳥の唐揚げのこと。
インドネシア人は、イスラム教徒も、ヒンズー教徒も、キリスト教徒も、仏教徒も、
なぜかほとんどもれなくアヤムゴレンが好き。
バリのヒンズー教は、インドのそれにくらべてゆるいので、牛肉を食べる人も
いるけれど、あえてすすめるのも悪いので鶏肉が無難だ。というか、アヤムゴレンは複雑なインドネシアにおけるフレンドリーな国民食のひとつといえる。

写真はマクドナルド・インドネシアのアヤムゴレンの広告 
indonesia4.jpg (c)マクドナルド

このアヤムゴレン。実に多彩。「な~んだ、トリカラかよ」などとナメてはいけない。
インドネシアの鳥の唐揚げは奥が深い。


中でも「アヤムゴレン・クニン」は唐揚げ粉をつけて揚げるだけ、というのとはワケが違う。
じっくり煮込んで味を染み込ませてから素揚げする。

「アヤムゴレン・クニン」をやるというので調べてみるまで、まさか揚げる前に煮込んでるとは、知りませんでした。汗。

しかも、実際に作るのを見ていると、ほとんど煮物を作ってる感じ。
じつに新鮮な驚きでした。

indonesia6.jpg 

煮たモノをそのまま食べてもおいしそうなのに、それをわざわざ油で揚げる。
いやいやまったく手がかかりますわ。

それでも見た目は、さり気なくただ素揚げしただけの鳥肉。
バリでアヤムゴレン専門店に行くたびに、「ここんちは楽チンな商売でいいなー」
と思って見てたけど、大間違いだったようです。反省。

indonesia7.jpg 


文:とらお

食通の為の特別レッスン 香港料理編

あたらしい試みがはじまりました。提言者は香港料理教室のジャニタさん。
参加者の方が一人一万円を支払い、その日まではどんなメニューが登場するかお楽しみ。
定員はいつもの通りの8名。
クラスに通いあい、ジャニタさんのことを愛してやまない8名の食通たちです。

いつもの決まったコースや値段とは材料も手間も異なる 「食通の為の特別レッスン 」。
味覚・視覚・嗅覚をフルに使った目からウロコのレッスンです。
先生達も 普段は使わない特別な材料を使える、願ってもないチャンス。
双方で理想をかなえることのできるなんとも楽しい企画なのです。

hk100008.jpg 

一回目は2月に行われました。
どんなお料理が登場したか、のぞいてみましょう。

hk100003.jpg 

■烏鷄花膠湯(烏骨鷄と魚の胃袋スープ)
フカヒレに負けない位上等な乾物「魚の胃袋」始め、烏骨鷄や金華ハム、干貝柱等などを使った贅沢香港スープです。
hk100002.jpg 

■清蒸鮮魚 (白身魚の姿蒸し)
当日の仕入れによる新鮮な白身魚を使います。タレから手作りで蒸し立て召し上がれます。

hk100001.jpg 

■滷水牛肚( ハチの巣の香味醤油漬け)
中華の香辛料を効いた一品。

hk100006.jpg 

■生炒糯米飯(中華風炒めおこわ)
普段おこわは蒸しのが一般的ですが、うちの母から教わった、生のもち米をゆっくり火を通るまで炒めていきます、手間かかりますが懐かしい私のお母さんの味です。

hk100005.jpg 

■豆鼓鷄球炒青椒(鶏肉とピーマンの豆鼓炒め)
豆鼓に効いた鶏料理です、白ご飯は勿論、お酒も進みます。私の実家の定番です。

hk100004.jpg 

■椰皇燉蛋白(丸ことココナッツ ホワイトプリン)
ちょっと贅沢のデサート。丸ことココナッツを使い、硬い皮の開け方一からやります。中のココナッツ水を使って白いプリンを作る

hk100007.jpg 

ジャニタさんの「食通の為のレッスンは次回6月に行われます」

わたしたちも、ジャニタさんに「食通の為のレッスンをひらいてもらいたいな」 
という希望グループの方があれば事務局にご連絡をください。

尚、まだスタートしたばかりでもあり、講師がとても気を使うクラスのため、ある程度通い慣れて講師との間に「あ・うん」の呼吸ができているグループのほうが受けてもらいやすいと思います。




ウズベキスタン料理 Go’sht Non 「ゴーシュト ノン」 お肉入れのナン 

ウズベキスタンで地方によって食べるナン(※注:パンのこと)が違います。ナンと言えばシンプルな味をしたものが一般的です。そのままでも食べられるし、主食ですから料理と一緒に食べたり、スープにつけて食べたり、ジャムやクリーム、ペーストを載せておやつになったりします。


よそのお宅に遊びに行く時、お土産としてお菓子を持って行く時も必ずナンも一緒に持って行きます。いつでもどこでもノンはウズベキスタンの生活に組み合わさっているのです。


最近、ウズベキスタンの古都サマルカンドでは変わったナンに人気が出てきています。わたしが初めてそのナンに出会ったのは、パン屋さんの近くでの出来事。
お肉の焼ける香ばしい匂いがただよってきて、嗅覚から食欲をそそりられました。
その香りに弾かれて足が思わず止まってしまいました。
■パン屋の前
su2.jpg 

それが「お肉入りのナン(Go’sht Non (ゴーシュト ノン)」の美味しい香りです。ふわふわしたナンの中にジューシーなお肉、そして、クミンと玉ねぎがナンにからんでいてとても美味しいです。

主食より立派なおかずのナンに変わっています。お土産で持って行くととても喜ばれます。

私が作るナンは全粒粉を使っているから、食物繊維、ビタミンや鉄分、葉酸がたっぷりなので、健康食としてもおすすめします。味が深いのが特徴です。せっかく自分で作るのであれば材料を贅沢に、健康にいいものを作りたいという思いを一つのパンに込めています。
強いからです。

■ナンに模様を作るスタンプ「Nonpar ノンパル」
su1.jpg 

■お肉入りのノン/Go’sht Non (ゴーシュト ノン) 
su3.jpg su4.jpg


記事ライター:ディーリャ (ウズベキスタン サルマカンド出身 現在横浜在住 二児の母)

uzubekiph1.jpg 

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR