バイオグラフィ2001 その3

さて2001年。アメリカに帰ってしまうリンダさん アナマリアさん カティさん

新たに加わった ルスさん サラさんの他にも 出会いがあります。


9年前も「先生をトライしてみてやっぱり辞めた」 もしくは 「こちらから断った」

「すぐに移動」というのは変わらずありました。



●まずは根岸ハウジングに住んでいたアフリカ系アメリカ人のメアリーさんという女性。

打ち合わせをして4名の生徒さんがあつまり料理教室にいったところ、お料理は何とひとり1本の

フライドチキンのみ。ええそりゃないよ~とみんなでメアリーさん vs 4名で大討論

メアリーさんに「いくらいってもこれしかでないのじゃー 帰れ帰れ~」と言われて

「お金返してよ...」といえずに皆ですごすごと帰る。 

作りたい人はこれがメアリーさんのレシピ 味は覚えてません....
http://www.nikikitchen.com/mary1recipe.html




●次に呼ばれた根岸ハウジングのアメリカ人のおうちは、

デモに出てきたのがハンバーガー1個。

これどうやってつくったの?

と聞くと買ってきたハンバーガーのパンに解凍した

冷凍食品の牛肉パテとレタスとトマトをはさんで終了。

すごすごと帰る。



●根岸ハウジングに住むアンさんというアメリカ人のご夫婦がうちの妻はお料理が

上手だからとクラスの先生におのずから立候補。

美味しそうなポークチョップやケーキのお料理。でも合わなかったのか

「料理教室は大変ね」といって一回料理教室をおこなって音信不通。

なかなか楽しいアメリカ料理↓

http://www.nikikitchen.com/ann1-9recipe.html#1



●横須賀の基地に住んでいた看護婦。フィリピン出身のマリアさんとう女性。

英会話の上手なかたでフィリピン系中華を教えてくれたのですが

クラスを初めて2カ月でお父様が倒れられ急きょアメリカに帰国。



●山手に住むオーストラリア人のシモーヌ。

キッチンに教えるためのテーブルを買ってやるき満々で準備をしたのですが

2回クラスを開いた後 「お料理を教えるのって私は緊張しすぎてしまうの」

で音信不通。

レシピ↓美味しかったですよ

http://www.nikikitchen.com/simoxmas.htm







料理を教えてくれる外国の人に出会うのって、おもったより大変...。

「レンタルキッチンの教室ならいくらでもあるから。

外国人の家で誰でも受け入れて行う教室を引き受けてくれる人って少ないのかな.......

そういった解放感と居心地のいいクラスがあるといいなって思ったんだけどな。

家を解放してくれる人っているんだろうか」


なんだかわからない消失感で落ち込んでいた矢先、

本牧に住むコロンビアのルスから同じマンションに住む3名の外国人を紹介されます。


シリアから来たミルナ、バングラデッシュのククさん、クラスは1回だけだったけどイランの女性。

1日でシリアとバングラディッシュとイランのおうちを周り家庭料理を食べることになりました。



塩味のヨーグルトやミントのスパイスといったアラブ料理

スパイスをふんだんに使ったバングラディッシュ料理

ローズウォーターが香るイラン料理


どれも食べたことのなかった個性の強いお料理。鮮烈な味に目を白黒させていると

「わたしたちできっと新しい何かができる! 」

そう強くミルナが言いました。

私は自信なさ気に横で「うんうん」とうなずきました。


若くて力強いミルナを筆頭にククさんとルスそして2002年にもこのマンションに

住む新たに先生が加わっていきます。


その年の終わりに、NHK、OZマガジン、日経ウーマンの3社から取材依頼が来ました。

ほとんど閑古鳥の私たちに取材に来てくれるなんてとびっくりしていると

日経ウーマンの編集者の方が「心の準備はできてる?これから変わるわよ」

そういって雑誌のトップページに「お料理と英語で1石2鳥」という

記事で掲載をしてくださいました。

その時から少しずつ人が訪れるようになったのです。



●ナカキタさんの書いてくれたアメリカのサラのエッセイ

http://www.nikikitchen.com/essay3.htm

●ナカキタさんの書いてくれたシリアのミルナのエッセイ

http://www.nikikitchen.com/essay6.htm

●ナカキタさんの書いてくれたバングラデッシュのククさんのエッセイ

http://www.nikikitchen.com/essay5.htm

●ナカキタさんの書いてくれたオーストラリアのシモーヌのエッセイ

http://www.nikikitchen.com/essay7.htm

●2001年の教室のヒストリー

http://www.nikikitchen.com/history2001.htm


バイオグラフィ2001 その2

これはコロンビアのアナマリアさんが作ってくれたお料理。当時教える料理は一品。

ご飯に野菜とGOYAのSAZONというスパイスで炒めたもの。

わたしは当時なんだかわからなくてぼーとしていたのですが、

一緒に参加した人は留学経験のある方がこの味をすごく懐かしがって 喜んでいました。






アメリカに去ってしまうアナマリアから紹介された2人の女性のうちの1人

根岸住宅に住むサラさんというアメリカ人の女性におうちにいくと



とても美味しいフレンチオニオンスープをデモで作ってくれました。



「今まで1品だったの?わたしは一度に4品教えられるわよ。

そうね...はじめてのお料理はパンスモークの海老料理、ガーリックグリンビーン、ガーリックブレッド
サンディケーキよ。」

レシピ↓

http://www.nikikitchen.com/sara7recipe.html#1

「ええ そんなにつくってもらえるんだ うれしいけれど大丈夫なのかな..生徒さん1人の時もあるし..」

と単純にびっくり。


現代に生きる多くのアメリカ人はお料理をあまり作らないというイメージだったので

炒めたベーコンのオイルをポットにいれてとっておき料理に使うといった

サラのちょっとしたこだわりにもびっくりしました。



方向性が一つ加わります。メニューはお料理3品とデザートというような組合わせができはじめます。


さてもうひとりの女性はルスさんというコロンビアの人です。


根岸住宅に住んでいたコロンビア人のアナマリアさんがルスさんを紹介した時に

「これで基地の外に出られるわよ」

とおっしゃったことが印象的でした。

当時の目標は「基地の外の外国人とつながっていくこと」

はじめて外の外国人とつながりがもてました。


コロンビア人のルスの住んでいる場所は山下公園からバスで20分ほど走った「本牧」という地域です。

本牧は1980年代まで大きな米軍基地があり、どこか当時の面影を残しつつ、

山手にあるインターナショナルスクールに

通うご家族たちのベットタウンになっています。

ルスの家は住宅街。初めてに等しく降りた街はどっちが右で左かまるでわからない状態。

方向音痴の私は、バス停を下りて5分ほどのルスの家につくまでに30分ほど迷ってしまいました。

この迷った経験が待ち合わせは「先生がバス停留所まで迎えに行く」という方向性になりました。




ルスの住むマンションは、横浜で長い間 洋館の修復をされていた会社がたてたもので、

外観は大きな船の形をしています。日本のファミリータイプの分譲マンションとは違うタイプの

ゆったりとした間取りのおうちでした。

足の裏は汚れてないか気にしながら、おそるおそるお邪魔しました。

ルスの家で撮った初めてのポートレート↓



ルスの初めてのデモのお料理です。

●アボカドとトマトのサラダ

●ベイクしたじゃがいも

●シナモンとココナッツのデザート

●牛肉をシチュー状に煮込んで細切りに切ったもの




こちらはレシピです↓ すごく簡単☆~ 

http://www.nikikitchen.com/ruth1-7recipe.html#1


お世辞にも綺麗とは言えず、どんどんど~んと机の上にのせてある状態。

けれどルスの作るコロンビアの味は日本の材料を使っているかとっても食べやすい味。

そこで衝撃的な一言が。

「わたしはコロンビアでずっとお手伝いさんがお料理を作ってくれていたので、

お料理をほとんど作ったことがないのよ

わたしはお料理じゃなくてお裁縫が専門だからお裁縫を教えたいの」


ようやく外に出た初めての先生なので、絶対に失いたくありませんでした。

「ふむふむ お裁縫を習いたい人も探すから とりあえずお料理をやってみましょうよ」

「お料理はあんまりね...」

でも横にいた夫のオヘイニオさんは嬉しそう。だって結婚以来30年??奥さんがようやく

お料理に本格的にむきあってくれそうだから。


それから8年、途中お母様がなくならたり体調を壊されたりでお休みした期間もあったのですが

ルスさんは「あの時ニキにすっかりだまされちゃったのよね あはは~ お料理なんてほとんど作ったかったのに。

といいながらお料理を教え続けてくれました。」

これが8年後のお料理です。色合いもテーブルセットも 人にもまれ、見られ、苦心し

大変上手にできるようになりました。



昨年(2009年)にコロンビアに帰ったルスさんですが、現地で奥さん相手にお料理をたまに教えてるそうです。

この時も生徒さんは月に各クラス3-4名と こじんまりしたクラスです。 



●ナカキタさんの書いてくれたルスさんのエッセイ

http://www.nikikitchen.com/essay4.htm

バイオグラフィ2001

2001年、昨年クラスに参加してくれたナカキタさんというプロのライターさんに

エッセイを書いてもらえることになりました。




当時、横浜を中心におこなっていたクラスだったので

横浜のメールマガジンに掲載をお願いをしました。

なんとなくサイトの骨格ができ始めました。


http://www.nikikitchen.com/essay.htm


http://www.nikikitchen.com/essay2.htm


わたしはクラスに来てくれる人が嬉しくて車で参加する方を自宅まで送ったり

メール交換をしながら生徒さんと先生と3者まじえて一緒にお料理教室をつくりはじめました。




クラスを初めて半年後、最初の先生のリンダとリンダのお友達のパナマ人のカティさんが

旦那様の転勤でアメリカに戻られることになりました。




初めて半年で生徒さんも、少なくなってきたし あきらめようかな。

でも最後にもう一回がんばってみよう。




メルマガだったかなにかで、横浜にある根岸ベースのフレンドシップに先生をスカウトしに

いきたいのですが一緒に行く人いませんか?とひとりじゃさみしいので声をかけたところ

一人の20歳位の学生さんがついてきてくれることになりました。

ここでひとつの出会いがありました。

BBQのお肉のブースや基地のTシャツが売っている屋台でひときわ

異彩を放っていたのがコロンビアのアナマリアさんという女性です。

青いテントの中で綺麗な白い刺繍のお洋服を着ていました。



ところがアナマリアさん、クラスを初めて1か月でまたアメリカに引っ越すことに

なってしまうんです。その時に2人の人を紹介してくださいました


ひとりがアメリカから来たサラさんで



もうひとりがコロンビアのルスさんです

アナマリアさんがお祭りのときに来ていた白い刺繍の服をつくったひとでした。




1回完結のお料理教室ですが、毎月参加してくれる人が徐々に増え始めました。

先生たちはお料理が大好きなお母さんたちです。

高度なお料理テクニックがあるわけでもなく、

家で完璧に作れるになるような設備の整った実習型のキッチンがあるわけでもなく

ただ単に外国の人の家にお邪魔して、お母さんにその国のお料理を教えてもらう

お料理はもちろんだけど、中心はおしゃべり。

その国の話を教えてもらうのが楽しい

家庭的な暖かいふんわりした独特の雰囲気が生まれ始めました。




バイオグラフィ2000その2

一番最初に先生になってくれたアメリカ人のリンダは21歳。

子供のころ大農園に養女に出されそこで様々な肌の色の子供たちと一緒に育ったんだそう。



これはみんなでシナボンを作ってテーブルに並べました。



10年前はお料理は一人一個つくっておもちかり。これはパンプキンパイ。甘くておいしかった。
アメリカのパイって混ぜて、のせて、焼く!この3ステップで誰でも出来て簡単!






一人ずつ家でもタコスパーティができるようにジップロックに詰めたまま試食会。
日本の手巻きずしみたいに アメリカではタコスパーティを楽しむんだそう
タコスシェル(固いのと、柔らかいの)、細切りのレタス、トマト、シュレッドチーズ
スパイスで炒めた牛ひき肉、サルサにワカモレ、サワークリームを机に並べて 自分で作って食べます。

すごい簡単で単純なんだけど、楽しい。
これはピクニックフードにもぴったり。

当時タコスの柔らかいのはまだ日本には売っていませんでした。

●レシピ
http://www.nikikitchen.com/linda10-2recipe.html









お料理の品数は1品とすくなかったけど、単純にハロウィンのデコレーションの家を見たり

人とふれあうのが楽しかった






リンダが風邪をひいたときに急きょピンチヒッターで先生になってくれたデビーさん。

先生がそういう理由で変わりますといっても みんな新しい人に出会えるのねと

むしろ好意的。 参加者の温かいハートが人と人のつながりを生んで行きました。



根岸の住民は普段出会えない人が多く(それはいまでも)

デビーはお子さんを学校にいかせず、自宅を小学校にして勉強を教えていました。




デビーさんの御主人はネイティブアメリカン。お父様は鉱物には「それぞれ意味がある」と

お子さんに教え、お子さんは鉱物や鳥の羽を集めていました。

これはデビーさんが作った工芸品です。家の一角はそういったネイティブのものを作る工房でした。





これはクリスマスのパーティの写真。リンダの夫アレックスが飾り付け。

「僕の家はオーナメントを赤ちゃんのころから毎年1個ずつ買ってくれていたので、

それをかざったんだ。これからは僕が子供たちに毎年1個ずつオーナメントを買ってあげる。

メモリアルのようなツリーをつくりたいんだ」



2人の生徒さんと先生の3人だけの料理教室。カティさんはパナマ出身

しつこいようだけど当時は一品を教える料理教室だったので机の上はさみしい

しかし料理は絶品 カティさんもとても温かく クラスの後は良くバーやカジノに一緒に

遊びにいきました。



カティさんのアマレットをいれたサングリアのレシピ。とても美味しいカクテルは、それ以来定番に。
   ↓
http://www.nikikitchen.com/katie2.htm#1


カティさんは南米のお料理エンチラーダスを教えてくれたりしたのですが

当時エンチラーダスという名前ではどんなお料理かピンと来なくて カティさんが「Tomato Garlic Beef 」

と名前を変えてくれました。



バイオグラフィー2000

ニキズキッチンは9月で10周年を迎えます。
メンバーをつのったのが9月。クラスを開講したのは10月。


「スパイスから作るカレーを横浜に住むインド人にその人の家で習いたい」

「できれば英語の環境をなくしたくない 英語で教えてくれる人を探したい」

「楽しいことを考えて行動して今の自分を変えたい。日常的ではない生活に触れたい」


クラスをはじめた時は一人でしたが、勝手な妄想かもしれませんが
今は仲間がたくさん増えたような気がして本当に嬉しいです。

きっと本来ならお客様って呼ばなければいけないのでしょうが
わたしはいまだに仲間だとおもっています。


当時、8月の終わり国際交流センターにお料理教室の先生募集の張り紙をしにいく途中で
陣痛になり、出産をした後にたまたま元町のユニオンにはってあった
張り紙を見て連絡のきた女性のつながりで、人から人へとつながりながら
街角でスカウトを続けながらここまできました。
インド人探すはずが最初の出会いは21歳の若いアメリカ人。
とりあえずやってみようということでスタートをしました。



途中ニキズ以外の外国人が教えるクラスには参加をしたことがありますが
わたしはこのクラスを開催する前もそしてその後10年も
世間で言うお料理教室というものには、まだ参加をしたことがありません。


だからニキズキッチンに関しては自分自身いまだにお料理教室という
概念はなく、各国の教えるスタイルを純粋培養したような
あやふやな 靄につつまれたような 固定観念のないものに
仕上がってきています。


おつきあいしてくださった皆さん、先生 本当にありがとうございます。
そして皆さんと共に10周年を迎えられたことを心から感謝をいたします。

最初の年から来てくださっている
じゅんこさん りえさん ちあきさん
ありがとうございます!!

一番最初の先生はアメリカ人のリンダ。
最初のメニューは「ハロウィンのオレンジ色のカップケーキ」でした。

最初の教室の生徒さんは埼玉から来た2人組の女の人と横浜に住んでる人
つくったばかりのカップケーキを
先生だったリンダがひっくりかえしてしまい
ものすごくがっかりさせてしまったことをおぼえています。
そのことがむしろいい反動になりました。

これが最初のレシピです。
http://www.nikikitchen.com/linda10-3recipe.html

そしてアメリカのお菓子とい言えば砂糖の塊。すごい甘いのが定番です。
でもこのアメリカの甘さを理解してくれる日本人は多くはありませんでした。

「砂糖を減らしてほしい」という生徒さんの要求と
リンダ先生のだんなさんアレックスの「砂糖を減らしたらアメリカの文化じゃない」
ふたつの意見のぶつかりあいも印象的でした。

結果、ニキズキッチンは砂糖を減らさない教室のまま10年きました。
だって外国人に日本のお料理をおしえてもらったって本物じゃないでしょ?

「たっぷりのバター、甘~い砂糖に しびれるような唐辛子、南国の香りのココナッツミルク、香りが決め手の香菜」

この5つの材料は昔も今も世界と日本のの交差点。

使わずにはいられません。


この年はパナマのカティさんという人のお料理教室の2本立てでした

生徒さんも月に4名の時もありました。



●2000年に開催した料理教室のデーターへのリンク
http://www.nikikitchen.com/history2000.htm


●2000年の教室のお写真へのリンク

http://photos.yahoo.co.jp/ph/nikikitchen10/lst?.dir=/cfc4&.src=ph&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/ph/nikikitchen10/vwp%3f.dir=/cfc4%26.dnm=4e45.jpg%26.src=ph&.view=t




赤ちゃんだったキーガンは今は少年に。↓




プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

Counter

現在の閲覧者数:

counter 2

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR