FC2ブログ

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/



最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Counter

現在の閲覧者数:

counter 2


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

セルビアの発酵キャベツのお話

セルビアにはキセリ クプスと呼ばれる発酵キャベツがあります。

この発酵キャベツを使って作るロールキャベツをサルマと呼んでいます。
乳酸発酵をさせた酸っぱいキャベツに豚肉を包んでから煮込むため、野菜自信に味がついていることから何もつけずそのまま食べることができます。
ところでセルビアのキャベツの塩漬に一番近いものは日本の白菜の漬物。塩分濃度も2%とほぼ同じです。 漬け込む期間が日本は2週間に対しセルビアでは約2倍の25日間のため日本のより少し酸っぱいです。 またスパイスなどは加えず伝統的には地域で取れる特別な種類の大きなキャベツを樽を使い塩水で漬け込んでいきます。 セルビアのものはドイツのザワークラウトに酸っぱくないため料理に使いやすいんですよ。
そんなサルマですが味わいが豊かなことからクリスマスや結婚式などのお祝いにも、よく登場します。
さて今回は日本の白菜の漬物を使い、キャベツではないためロールキャベツにはせずに野菜とお肉を重ねてから煮込む「ムサカ」風に仕上げました。日本に住むわたしタチアナながらの家庭料理なので世界にここでしか味わえません。
Prijatno!(プリヤトゥノ!)
さぁ召し上がれ

ベトナム料理・ビストロ オーセンティック さんからのお知らせ

ニキズキッチンの生徒の皆さま。いつもありがとうございます。

今年3月からしばらく、お料理教室をお休みしておりました。

その間に、実はこんな本を作っておりました。

 

『絶対食べたいベトナムごはん』(産業編集センター刊)

 

vitonamgohan.jpg



実はこの本、ベトナム各地の名物料理をご紹介する内容になっています。

北から南まで、22カ所!! 私たちが実際に食べ歩いてきたお料理ばかりを載せています。

 

編集部から今回は、その地域の名物料理をなるべく、ということだったので、

屋台料理的なお料理も満載。写真は森泉が撮影しています。

 

そして、本の構成は、モノクロの文章ページと、カラーの写真ページが2ページごとに交互に入っていまして、写真点数は1000点にもなりました。

 

ちょっと珍しい地域も入っているので、私たちの失敗談や、現地までの行き方などの旅エッセイ的な内容や、その街の特徴的な建物などの情報も盛り込んでいます。

 

ベトナムに旅行に行かれたことのある方はもちろん、ベトナムってどんなところなの? と、ちょっと興味はあるけれど、旅するほどではないかな? という方にも楽しんでいただける内容になったかなと思っています。

 

ぜひ、お時間のあるときにくつろぎながら、『ベトナムショートトリップ』へ、お越しください。

 

実は、本に書けなかった情報が山ほどありますので、これからでも、スライドなど交えながら、イベントなどできたらいいなと思っています

 

LOVE VIETNAM 

 

              ベトナム料理・ビストロ オーセンティック

                      森泉麻美子 中塚雅之

自家製オレンジピールの作り方

手づくりオレンジピールのレシピをお届けします
手間暇かけたオレンジピールは、美味しいのでオレンジが美味しく 夏場の今の時期にぜひ作ってみてください


●オレンジピールの作り方 (完成したピールはクリームチーズと混ぜてベーグルのフィキシングにつかっても)

オレンジの皮 100g
砂糖 200~300g
レモン汁 少々
水 300g

<作り方>
オレンジの皮をむき(皮の裏側の白いのところは削る)一日水につける
その間、何回水を捨てて、新しい水にかえる

皮をスライスして、鍋に皮を入れて、水、砂糖を入れ、弱火で一時間以上煮る。
オレンジの皮が鮮やかなオレンジ色(透明)に煮あがったら、最後レモン汁を入れて10分煮ってから出来上がり。
(この時、水分がなくなるまで煮詰めますが、焦がさないように気をつけてください)

クッキングシートの上で半日から1日乾かしてから 砂糖をまぶし、 煮沸消毒した瓶に詰めて完成です

煮詰めるときに好みでラム酒を加えても

さらに簡単なレシピで炊飯器で作るものも「炊飯器 オレンジピール レシピ」で
検索すると出てくるので試してみても

ソフィ先生のフレンチ (HIRA)

まもなくご出産を迎えるHIRAさんからソフィさんのエッセイをいただきました!

*-*-*-*-*-*-*-*-*-
 

木曜日にも料理教室に行ってきました。「腹が重くてもう遠くには行けないけれど、行けるうちに欲張りたい」と先日Niki`s kitchen の主催者のNikiさんにお会いした時にお伝えしたら「あ、ソフィ先生お勧めですよ!」と教えて頂きました。

 私は正統派のフレンチみたいなものはほっとんど習ったことがなくて、柴田書店の本を買って読むくらい(笑)。一緒に食べにいってくれる人もあまりいないからそれ程頻繁に食べにも行きません。でも好きなんです~♪ 習うのも好きだけれど、食べることも楽しみたくて、その話を伺ってから教室の予定がアップされるのを毎晩心待ちにしていました。そしたら3つも予約できちゃった(笑)。妊婦の執念 

 
 先日習ったお料理は

『エビのポワレ ソース・ビスクとレモングラスのカプチーノ』

 フランス語はぜんぜん分からないのでいつもメニューで苦戦しますが、ビスクソースは前から一度ちゃんと取り方を知りたいと思ってました。出汁を取るのが何より好きなので(笑)。



  
 
 海老の頭を目を取り除いてまずエシャロットと一緒に潰しながら炒めます。しっかり潰してしっかり出汁を出すのが大事とソフィ先生。

 そしてマディラを入れてコトコト煮ます。水分が殆どなくなるくらいまで煮詰めてからまた水を足して煮る。かなり長い時間をかけてから漉します。

 ソースに生クリームやバターを足してからは湯銭にかけて温かさをキープ。火を入れてしまうと分離しちゃいますからね。


 

 そしてレモングラスのカプチーノというのがこれまた素晴らしくて、牛乳に削ぎ切りしたレモングラスを入れて沸騰させて1,2時間置いたものをカプチーノ(泡泡)仕立てにするんですが、本当に爽やかで美味しいのです。 
 



 完成図
 
 海老を下塩を振らずに調理するということに驚きました。私は何でも下塩振ってしまっていたから。身が締まって硬くなってしまうからという事みたいです。なるほど・・・。

   
 次に『マダイのロースト チリトマトコンポート添え マスタードシードのソース』



 
 チリトマトコンポートはトマトをハーブと共にじっくりオーブンで焼き上げたものです。


 
 添え物はズッキーニとパクチーのソテー。ズッキーニにパクチーを合わせるなんてちょっと思いつかなくてびっくりです。でもシンプルでとっても美味しい♪
 
 

鯛は天然の物を使った方が美味しいからとソフィー先生。もちろんそうですが庶民はなかなか使えません(笑)。胡椒を振ってオリーブオイルを塗ってオーブンで焼きます。ここでも塩は振らずに焼きあがってから塩を振ります。勉強になります~
 
 

 そして何より驚いたのがこのソースです。マスタードの粒に生姜、ナンプラー、パームシュガーなどを合わせているんです。昨今タイでもヨーロッパナイズされたタイ料理に出会うことが多いのですが、このお料理はその逆です。タイの風を取り入れた新しいフレンチという感じ。

 それもそのはずでソフィ先生はタイにも何年かお住まいだったんですよね。せっかくタイ料理の調味料がありますから我が家でもチャレンジしてみます♪


 デザートは『クレームブリュレ レモンのテュイル』


 
 テュイルというのは屋根という意味のようです。クレームブリュレの上のレモンの皮がたっぷり入った甘酸っぱいテュイルがとてもよく合いました。

 
 
 そして先生のスペシャリテのマカロン!
 紫蘇とラズベリーとか、カレーとオレンジフラワーとか、リコリスとか、とても個性的なものもありましたが、正統派の物もとっても美味しかった。わっつさん、来週一緒に食べましょうね~!

 
 ソフィ先生はあと二回。ちょっと楽しみです。 


*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-

そうしてもうひとり感想をいただきました!


今日ソフィさん行ってきました。

いや~、脱帽です。すばらしすぎる。
できることなら毎月休暇取って通いたいくらい。(全然無理ですが)
素人の域を超えてますね。


ソフィさんのはまるでレストランの料理みたいだけど、家で十分できそうなレシピというのがすごいです。


トマトのクランブルは塩味のクランブルをどう作るのか知りたかったので、
なるほど~、という感じでした。ポレンタもイタリアで食べたのよりおいしいと思いました。
トマトのクランブルはすぐにでも作りたい感じ。



あとマカロンもすごい!まちがいなくラデュレより美味しいです。
個性的なフレーバーもいろいろで、いただくのが楽しみ。

   

大使の食卓 ~デンマーク

世界の要人達が食べていたお料理をあなたの

自宅まで運びます。ちょっとしたパーティなどにいかがでしょう

わたしティラックは日本、そしてサウジアラビアのデンマーク大使館、
マリオットホテル、コロンボにあるメリディアンホテルなどの5つ星ホテルで腕をふるってきました。

あなたのご自宅までお料理をお届けします。
ぜひ誕生日パーティやご家族のパーティ 女子会などでご利用ください。



●メニュー内容

*スープ:ポテト&リーキスープ

*前菜その1:チキンレバーパテ

*前菜その2:ディルグラブラックスハニーマスタードソース

*メインは次の中から1種類お選びいただけます
タラゴンチキン または
ポークインソテー リンゴンベリーソース または
スパイシーグリルチキン ケッパーソース

*自家製ライ麦パン

*ノルディックアーモンドケーキ

●料金
おひとり5500円から 
最少人数8名様から

●お届の時間帯:夜(晩餐)

●現在サービス期間のため、23区以内なら配達料無料
23区外は電車賃の実費

------------------

お誕生日ケーキをデコレーションします
男の子はトーマス
女の子はアリエルなど 他ご相談ください

ビックサイズ(幅60cm位のビックサイズ)8500円
通常サイズ (幅30cm位の中サイズ) 4500円

ケーキはお店での引き渡しになります






お料理の提供元:KOZ CAFE (レストラン、ケータリング業)
http://www.kozlife.com/cafe


配達ご希望の方はnikikitchen@ga2.so-net.ne.jp
まで
 | ホーム |  » page top