FC2ブログ

プロフィール

nikikitchen

Author:nikikitchen
<ニキズキッチン>は東京、大阪、神奈川、埼玉、千葉に住む外国人の家で習う料理教室です。温かい心のこもった世界各国のホスピタリティをご体験ください。
ライター:ニキ

http://www.nikikitchen.com/



最新記事


カテゴリ


月別アーカイブ


メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:


Counter

現在の閲覧者数:

counter 2


検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

阪急百貨店 大阪 ニューヨークフェア! さちさんがブルクッリンの塩キャラメルアップルパイを販売します 

阪急百貨店 大阪で 2019年5月8日(木)から5月14日(火)まで ニューヨークフェアが開催されます。

アメリカ料理教室のサチさんが開催期間中、毎日 「フォー&トゥエンティー ブラックバーズ」のアップルケーキの販売しておりますので、ぜひ皆さんおいでください☆

「フォー&トゥエンティー ブラックバーズ」

旬の素材を生かしたどこか懐かしいその味わいは、ニューヨーカーを魅了。
焼きたてバター香るサクサク生地の正統派アメリカンクラシック・ホームメードパイ

ブルックリンで注目のアップルパイ、塩キャラメルアップルパイです!

他、ルークス ロブスター、ウィリアムズバーグピザ、フィッシュ&オイスターなど NYを丸ごと体験できる最高に楽しいフェア!

http://www.hankyu-dept.co.jp/honten/h/newyork2019/

http://www.hankyu-dept.co.jp/hont…/h/newyork2019/page06.html


img03_09.jpg

具志堅良子さんの沖縄の食文化のお話 ~ 沖縄の豚

沖縄と言えば「豚料理」のイメージが強いですが、 
 
豚が沖縄で育てられるようになったのは、

ここ数百年のこと。

それまではヤマシシと呼ばれている

「琉球イノシシ」しか住んでいませんでした。

琉球王朝時代、中国は沖縄に昆布を求めておよそ300人の

使節団が定期的に訪れていました。

彼らをもてなすため、沖縄は中国から豚をもらい、

神々の島、久高島で以外で豚を育てはじめました。

またハワイに渡った沖縄の人々が食べ物にこまらぬよう豚肉を贈ったことで

普段の食事に欠かせない存在となったのです。

ラフテーも、この時に、中国から「東坡煮(トンポーロ)」が伝えられ、

宮廷料理の一品になりました。
gushiken20180302-5.jpg 

さて写真は「ミヌダル」というお料理です。

ミヌダルは「砂糖や醤油の入った黒ゴマダレに漬け込んで蒸した豚ロース肉料理」で、

その姿が蓑(ミノ)をまとって見えるということから、

この名前になったと言われています。


琉球王国時代、東道から(遠方から来た来客)のお客様に

「五段のお取持(東道盆)」という六角系の漆器の箱にはいった器に7種類の

宮廷料理を盛り付けて、もてなしていました。

 
あっさりしているので、一度食べるとクセになるという人も多いです。


GUSHIKEN201904064.jpgGUSHIKEN201904063.jpggushiken20194-1.jpg



沖縄料理教室 具志堅  (東京でお料理教室を開催しています)


gushiken201801202098.jpg 

具志堅良子さんの沖縄の食文化のお話  沖縄の島野菜 第三章 田芋(たーんむ)

「島野菜」とは沖縄で収穫される伝統野菜で全部で28種類あります。有名なところでは「島ラッキョウ」や「ゴーヤ」。「紅芋」も島野菜の一つです。かつて沖縄が長寿世界一となったのは、おばあたちが作る家庭料理のおかげでした。そんな伝統料理をひとつずつおつたえできればとおもいます。


第三章  田芋(たーんむ) 
 

沖縄を旅すると田芋のパイやブルーシールのアイスクリームとして出会うことがあるかもしれませんね。 

田芋は、寒い時期に穫れるお芋で、浅く水を張った水田で栽培されています。
また種類的にはサトイモやタロイモの仲間で、沖縄ではターンム、ターム、ターマームなどと呼ばれています。でんがくと言うと、甘い味噌だれをかけた料理のようですが、こちらの田芋でんがくは、栗きんとんのような甘いぺーストです。 
 


gushiken20180302-10.jpg 


黄金色の栗きんとんと比べるとじつに地味な色合いですが、もともとは宮廷料理であり、独特な香りとねっとり感があって栗きんとんに勝る美味しさです。 
 
 
さて田芋は伝統的にはお正月料理やお祝い事に使う食材です。
田芋は田のなかで子芋をつぎつぎと増やす様子から、子孫繁栄を思わせるおめでたい食材として、琉球王朝時代から正月やお盆によく食べられてきました。 
 
宜野湾の大山と金武が産地として知られていますが、生産量が少なく、スーパーなどが作る重箱料理に入れる「田芋でんがく」には代用にフィリピン産のタロイモを使うこともあるようですが、美味しさでは県産が断然です。


田芋は水のきれいなところでしか育たず、また収穫してもすぐに傷んでしまうため、スーパーでは茹でたものや、蒸した状態でこのように、売られています。 そういった事情から、お値段は割と高めです。

gushiken20194-3.jpg 

真空パックを開いて皮をむくとこんなお芋がごろごろと出てきます

gushiken20194-4.jpg 

ところで田芋は、どこの店でも茹でられた芋のみの販売です。田芋は水田で収穫された直後に大きな釜で茹でられてから出荷されるので、水田に行かない限りなまの田芋を目にすることはないと思います。茹でて販売しているので痛みも早いです。年末、旧正月、旧盆時期には県内の大手スーパー、産直市場などで手に入りやすいです。

 
かつて沖縄が長寿世界一となったのは、おばあたちが作る家庭料理のおかげでした。
島野菜をもっと知ってみませんか?

沖縄料理教室 具志堅  (東京でお料理教室を開催しています)


gushiken201801202098.jpg 

ポルトガル料理教室栗山真由美先生の念願のポルトガル料理本が本日発売になりました

ポルトガル料理教室栗山真由美先生の念願のポルトガル料理本が本日発売になりました。 まもなくベルギーに移住される栗山先生の愛情たっぷりのポルトガル料理本。是非お手に取ってみていただければ幸いです。

以下 ↓ 本

http://urx2.nu/Z0Mb

栗山先生よりメッセージです

本の画像の下にメッセージがあります

o0905128014374541602.jpg 

 ↓ 

こんにちは。

桜の開花も間もなくでしょうか、春はすぐそこ!

私個人的にも、春の訪れのような、とても嬉しいお知らせがあります。

 苦節10年(笑)と言ったら大げさでしょうか。

長年の夢だった、ポルトガル料理の本を出版できることになりました。

「ポルトガル流驚きの素材組み合わせ術! 魔法のごはん」というタイトル、

枻(エイ)出版社さんの編集です。

 ポルトガルに行き始めて、20年。

並行して料理の仕事を続ける中で、機会をいただいてはポルトガル料理を紹介してきました。

ブラッシュアップする機会にも恵まれ、11年前からは料理教室を始めました。

私が恋したポルトガル料理は、日本人の口にとても合います。

「合います」とことさらに言うことでもないくらい、違和感なく馴染みます。

それは魚介や米をたっぷり使い、

素材からのだしの利用、その旨味を知っているなど、数々の類似性があります。

またカステラに代表されるような、ポルトガルから伝わり、日本に根付いたお菓子や、料理、ポルトガル語もあります。

どこか懐かしく、DNAに染みついているのでは?と思わせる郷愁感は、特別でもあり普遍的だと思っています。

一方で、日本人には思いつかないような組合せの妙があります。

これには驚き、その美味しさに感激しといった、経験が重なっていきました。

タイトルにあるような”魔法”を感じたのです。

ご紹介できるレシピが増えるたびに、むくむくと本にまとめたいという夢は膨らみました。

しかしながら、企画を持ち込んだ版元も幾つか、友人知人の編集者が売り込んでくれたりもありましたが、なかなか実現が難しかったのも事実です。

そんな中、時々お世話になっている「暮らし上手」シリーズを手掛ける枻出版社さんの「今日の晩ごはん」というウエブサイトの撮影がありました。

https://www.kurashijouzu.jp/cooks/kuriyama-mayumi/

カメラマンのOさんがポル好きで、かつて通っていたポルトガル語の教室が同じだったことが発覚!

ポル話で盛上がり、「ポルトガル料理の本を出したい」思いをお話ししたところ、料理ムックの編集部をご紹介くださいました。

10月に初めの打合せ(顔合わせ?)から半年後には出版されるという超猛スピードでの製作でした。

個人的に時間の猶予がなく、ご迷惑をおかけしましたが、こうして本を手にして、感激もひとしおです。

正式な発売日は明日、3/19ですが、ネット販売は早いようですね。

すでにお手元に届いている方もいるようです。

この本ですが、大々的にポルトガル料理とは謳っておりませんが、全編ポルトガル料理です。

ちょっとだけ中身↓

代表的で伝統的な、ポルトガル然とした料理、

先鋭的な今のポルトガルを代表するレストランからインスパイアを受け、レシピを起こした料理、

例えば、レモン・オレンジ・香菜などポルトガルらしい食材や、調理法からヒントを得た料理なども含まれています。

全てはポルトガルのレストランやカフェ、恩人知人たちのご協力あっての学びが基礎となっています。

多くの人、時間、思いの結晶と言っても過言ではないでしょう。

日本の家庭で作りやすい工夫も加えさせてもらいました。

ポルトガルに触れたことのある方だけでなく、

全く知らない方にも手に取ってもらえるような工夫を編集部ではしてくださいました。

各メニュー名もわかりやすく日本名になっていますが、

ポルトガル語の料理名の方がピンとくる方、

ポルトガルへの旅先でオーダーしてみたい方、

逆にポルトガルで食べたあの味を作ってみたい方へは、裏表紙にポル語表記を入れました。

多くの方の手元に届いて、ご家庭で活用してくださると嬉しいです。

 最後に、長年の夢を叶えてくださった枻出版クッキングチーム編集部の皆様、

本当にありがとうございました。

とても濃密な半年でした。

実際、無事に作れるのか?と思うようなタイトなスケジュールでしたが、無駄なく的確に動いてくださり、スキルの高さに驚かされました。

写真は初めましての中垣美沙さんに撮っていただきました。

おしゃれに撮っていただき、新しい世界が開けました。

ポルトガルにも興味を持ってくださり、料理も喜んでくださってありがたかったです。

そして、スタイリングは宮田桃子さん。

彼女、実は5年ぐらい前から時々、私のアシスタントをしてくれてた子なんです。

数年前からは、スタイリストの仕事に惹かれていると聞いていました。

私は何の力にもなれなかったのですが、努力して、ここ1年はスタイリストとして経験を重ねていたようです。

そして今回、スタイリストと料理家として初めての現場でした。

随分と頑張ってくれましたし、その成長ぶりに目を細める私 笑。

本当に嬉しかったです。

長くなりましたが、「ポルトガル流驚きの素材組み合わせ術! 魔法のごはん」のご紹介でした。

多くの皆様のお役に立てるよう祈っています。

どうぞ、よろしくお願いします。

台湾 料理教室

旅行是一件很有意思的行動,對於你來說旅行的意義是什麼呢?

jyuni201903-31.jpg 


曾經有人這麼說過:旅行讓你擁抱未知的世界,隨遇而安,而不畏懼未知的世界。

關於未知 ,沒有人可以拎的清、說到底,但旅行或許可以。

「旅行」不僅可以擴增我們看世界的視野、認知到人類的渺小,還可以滋潤因為生活壓迫而緊縮的心靈,更有趣地,哪怕是一頓普通到不行的在地家常菜也能打破人們之間所存在的語言、文化、習慣隔閡。

所以,今天的社區報不說別的,只說「料理廚房」*。

「こんにちは」

沒有錯,參加這一次料理廚房的正是來自日本 Niki's Kitchen (International cooking class) 英語料理教室
的棚瀨尚子小姐和她的兩位友人。簡潔、整齊的穿著和溫暖的淺笑是小編對她們的第一印象。

//來去菜園探險//

簡單地說明完當天的活動流程之後,我們便起身前往菜園,然而,當我們路過其他村民的果園時,香蕉樹夾雜著文旦樹的場景映在尚子小姐等人眼裡,特別有趣,或許是因為日本位於溫帶,所以有些水果也就沒有那麼大顆。

從踏入阿婆的菜園,看見以前日本皇帝吃的日本空心菜(皇宮菜)、長了五年的木瓜樹,到溫室裡的芭樂樹、龍鬚菜以及各式菜苗,我們一行人除了驚嘆更多的是折服吉祥阿公、阿婆用汗水澆灌土地,養育一個又一個孩子長大。

//洗手作羹湯,小火燉煮是秘訣//

採完蔬菜、逛完菜園之後,尚子小姐和朋友們喜孜孜地拿著剛摘的芭樂跟著阿婆回家,準備開始來煮今天的午餐,果然有吃又有拿是最容易讓人開心的一件事。

關於當天的菜色,小編就不在這裏詳細說明了,畢竟適度地保持神祕才能發揮最大的吸引力,但最主要還是每一次的料理廚房所吃的菜都是當季有什麼食物吃什麼,所以,也就沒有所謂的菜單。

小編只能說整個煮飯的過程相當歡樂,或許是因為簡單易見的食材經過吉祥阿婆指導之下,每一道菜都變得美味可口,對於此,阿婆傳授我們一個祕訣:食材煮滾之後,必須用小火慢慢燉煮,急不得、急不得。

其中,最令小編印象深刻的是中間休息時間,阿婆向尚子小姐和她的朋友們分享一張莫約十年前在家門口拍攝的家族照,照片裡的每個人都笑得好開心。

轉眼間,歲月的痕跡逐漸浮了出來,但那份幸福感卻未曾消失過。

//餐桌大冒險//

經歷一系列的摘菜、煮飯環節後,終於來到吃飯時間囉,看著紅色餐桌上從無到有的每一道家常菜,說不激動都是騙人的!

不得不說吃飯配話果然最對味,尤其是自己付出心力所炒的菜。

用餐的過程,小夥伴怡靜擔任日文翻譯,傳遞著大家對於參與當天活動的一些想法交流,當然包括吉祥阿公和阿婆去過日本的哪裡,尚子小姐又想學哪些醃製品。

而這就是旅行的美妙之處。你是否也有過這樣的經驗,明明有些城市去過了十次,閉著眼睛都可以走在路上,但當下次想要外出旅行時,還是會將這些城市的排序放在前幾名。

仔細一想,你會發現原來自己只是想再嘗一口當地的菜餚,這就是味覺旅行,我們可能會忘記去過哪些地方,所以得靠拍照記錄,但吃過哪些好吃到不行的菜餚時,不須紀錄便會惦記在心,而這就是味覺記憶的神祕之處。

其實,在接待尚子小姐之前,工作室的主要項目負責的小夥伴曾多次邀請國際志工試體驗,一再地修正Bug,求得不是別的,只是希望可以讓阿婆和國外友人都可以從餐桌上,獲得一點報酬,因為很多事情唯有親身體驗過,才能懂得它的獨特。

因此,我們誠心期待下一次的餐桌冒險。

好啦!今天的分享就到這裡,如果大家有什麼想法都可以在下方留言。

*所謂的「料理廚房」是指國外朋友體驗客家美食的活動,而體驗場域並非是專業料理教室,而是到村莊阿婆家,親自採菜、煮飯、吃一頓道地家常菜的過程。

#煮飯的照片就不放了看了只會更餓
#如果你有國外友人對客家菜感興趣的話可以私訊小編

 | ホーム |  » page top